null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント

核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。

遠距離介護が増えている

いざ親に介護が必要になっても、子どもは自分たちの生活を急に変えることはできません。子どもが親の家に戻って暮らすには仕事を辞めなければならない場合も多いですし、親を子どもの家に呼び寄せるのも、高齢者にとっては心身ともに過大な負担になります。そこで結局出てくる問題が「遠距離介護」です。遠く離れて暮らす親をどう見守っていけばよいのでしょうか。

遠距離介護と通常介護の違い

遠距離介護の場合、通常介護と違って毎日様子を見ることができないのが最大の違いです。そこで、まず大事なのが日々の見守りをどうするかです。ボタン一つで地元の消防署などとつながる「高齢者緊急通報サービス」を設けている自治体は多いので、登録をしておくと安心です。一般企業でも同じようなサービスを行っていますので活用しましょう。
また実際に介護が必要になった際に通常介護より介護サービスの利用など多くの外部の手を借りる必要がある、通うための交通費の負担なども大きな違いです。

地元の介護情報を集めておく

離れて住む親に介護が必要になり始めたら、地元の介護施設の情報をたくさん集めておきましょう。デイケアなどどこに通うことができるのか、必要な手続きは何かなど早め早めに情報収集します。いまは通所でよくても、いずれは介護施設への入所が必要になるかもしれません。入所となれば申請から入所までに相当の時間がかかりますから、かなり早期の段階から考えて調べておく必要があります。

親の日常生活を把握しておく

遠距離介護でも、いざというときに連絡窓口になるのは子どもです。親に万一のことがあったときに備えて、親の日頃の行動を把握しておくようにしましょう。かかりつけの病院や主治医の名前、持病と飲んでいる薬、よく出かける場所など、日常生活の行動パターンをしっかり理解しておけば、何かあったときでも慌てずに対応できます。貴重品の保管場所や友人関係についても聞いておくようにします。

遠距離でも常に目配り・気配り

たとえ住んでいるところが遠く離れていても親も子どもも安心して暮らすためには、情報収集と目配り・気配りがとても大事です。決まった曜日の決まった時間に電話をする、帰省したときには変わったことがないか家族全員でチェックするなど、親の様子をまめに見ることがとても大事です。地元の介護施設などとも連携をとりつつ、遠くからでも見守りを行うことが重要です。


関連記事

遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • プチボランティアで介護に関わる
    プチボランティアで介護に関わる
    介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • 【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【中国・四国地方】車椅子で行けるお花見スポット3選
    高齢者の方も足が不自由になると、車椅子に頼ることになり、お花見に行くのは無理なのではと考えている人もいるかもしれません。しかし、最近の公園はバリアフリー化も進み、車椅子でも快適に花見ができるのです。そんな、花見が楽しめる公園を厳選して3つ紹介します。
    記事を見る