null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント

核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。

遠距離介護が増えている

いざ親に介護が必要になっても、子どもは自分たちの生活を急に変えることはできません。子どもが親の家に戻って暮らすには仕事を辞めなければならない場合も多いですし、親を子どもの家に呼び寄せるのも、高齢者にとっては心身ともに過大な負担になります。そこで結局出てくる問題が「遠距離介護」です。遠く離れて暮らす親をどう見守っていけばよいのでしょうか。

遠距離介護と通常介護の違い

遠距離介護の場合、通常介護と違って毎日様子を見ることができないのが最大の違いです。そこで、まず大事なのが日々の見守りをどうするかです。ボタン一つで地元の消防署などとつながる「高齢者緊急通報サービス」を設けている自治体は多いので、登録をしておくと安心です。一般企業でも同じようなサービスを行っていますので活用しましょう。
また実際に介護が必要になった際に通常介護より介護サービスの利用など多くの外部の手を借りる必要がある、通うための交通費の負担なども大きな違いです。

地元の介護情報を集めておく

離れて住む親に介護が必要になり始めたら、地元の介護施設の情報をたくさん集めておきましょう。デイケアなどどこに通うことができるのか、必要な手続きは何かなど早め早めに情報収集します。いまは通所でよくても、いずれは介護施設への入所が必要になるかもしれません。入所となれば申請から入所までに相当の時間がかかりますから、かなり早期の段階から考えて調べておく必要があります。

親の日常生活を把握しておく

遠距離介護でも、いざというときに連絡窓口になるのは子どもです。親に万一のことがあったときに備えて、親の日頃の行動を把握しておくようにしましょう。かかりつけの病院や主治医の名前、持病と飲んでいる薬、よく出かける場所など、日常生活の行動パターンをしっかり理解しておけば、何かあったときでも慌てずに対応できます。貴重品の保管場所や友人関係についても聞いておくようにします。

遠距離でも常に目配り・気配り

たとえ住んでいるところが遠く離れていても親も子どもも安心して暮らすためには、情報収集と目配り・気配りがとても大事です。決まった曜日の決まった時間に電話をする、帰省したときには変わったことがないか家族全員でチェックするなど、親の様子をまめに見ることがとても大事です。地元の介護施設などとも連携をとりつつ、遠くからでも見守りを行うことが重要です。


関連記事

遠距離介護に便利!飛行機やタクシーなどの介護割引

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    誰でも分かる!デイサービスとデイケアの違いをポイント解説
    介護のことを色々と調べていると、日中に過ごせる場として「デイサービス」や「デイケア」という単語を目にします。どちらも、介護が必要な方が利用可能なサービスなのですが、両者の違いをご存知でしょうか?「デイサービス」と「デイケア」の特徴や違いを正しく知ることで、よりその方に合った介護を行うことができます。それぞれの特徴を確認してみましょう。
    記事を見る
  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは
    ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。 今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る