null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

がん治療で注目の「緩和ケア」とは?

がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。

緩和ケアとは?どんな人が利用するもの?

「緩和ケア」とは、「病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処によって、患者と家族の生活の質を改善するのこと」が定義になっています。日本では、主に治療の施しようのない末期のがん患者を対象に、苦しみを和らげる目的で行われるケアだとイメージする人が多いかもしれません。しかしながら、今や、がん緩和ケアは終末期に限りません。2007年の「がん対策推進基本計画」で、がん緩和ケアをがん治療の3大治療法「手術・化学療法・放射線治療」に加えていこうという流れができました。がんと診断されたら、治療の初期段階から患者は緩和ケアを利用でき、医療現場でもがん治療の柱にするべく、がん緩和ケアが推進されているのです。

緩和ケアが行われるメリットと効果

がんの治療と併用して緩和ケアが行われるメリットとして、身体的・精神的な苦しみを緩和することで心身の衰弱と生活の質の低下を防ぎ、治療に必要な体力を回復させることができるという点があります。また、がんを治療するチームと緩和ケアのチームが完治に向けて連携することで、抗がん剤の副作用に苦しんでいないかを早期に発見できたり、強い副作用が表れないように予防することもできるというメリットもあります。
このように、緩和ケアをがん治療の初期段階から行うことで、予後の改善も見られたという報告もあります。緩和ケアのチームには、医師や看護師、薬剤師をはじめ、ソーシャルワーカーや心理士、栄養士などの専門スタッフが集まっています。それぞれの担当分野での適切なアドバイスによって、がん患者が抱える不安を軽減する効果があります。

がん緩和ケアは初期から積極的に

がん緩和ケアは、がん治療と併用することで高い効果があることがお分かりいただけたでしょうか。ところが、がんの初期から緩和ケアを受けることができるということを知っている人は、4割弱にとどまっています。病気の痛みや治療の辛さは我慢して当然と思われがちですが、もはやそれらは適切ではなく、緩和することでより効果の高い治療になるのです。痛みや苦しみ、不安を和らげることができる緩和ケアを、がん治療の早い段階で取り入れることを考えてみることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る
  • 【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る