null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症によくみられる症状とは?

認知症は軽度のものから徐々に進行していくため、初期の頃は家族でもなかなか気づきにくいものです。今回は認知症の主な症状をまとめました。

記憶障害

まず顕著に表れるのが記憶障害です。自分が少し前までしていたことを忘れたり、新しいことを覚えられずに何度も聞いてきたりします。体験そのものを忘れてしまうので、食事をとったことを忘れて何度も食べたがったり、水道の蛇口をひねったことを忘れて水を出しっぱなしにするといったことが起こります。

見当識障害

自分が置かれている環境について分からなくなることを見当識障害といいます。いま何月なのかといった日付や自宅の場所がどこなのかが分からなくなります。また、親しい人でも誰なのかが分からなくなり、子どもを知らない人と言ったり、大人を子どもと思って接したりします。

行動障害

認知症になると判断能力が落ちてきます。物事の良い悪いが分からないので、お金を払わずに店を出てしまったり、冷蔵庫に洗剤を入れたりしてしまいます。また明らかにチグハグな格好をしても平気になります。一度くらいなら高齢者ならありうるかもしれませんが、何度も繰り返す場合には認知症の可能性があります。

失語・失認・失行

脳の機能に障害が起きるために、さまざまな行動が難しくなります。まず、言葉が上手く出てこなくなります。目の前のごくありふれた物の名前が思い出せなくなったり、複雑なことが言えなくなったりします。また、五感を使って状況を正しく把握することができなくなり、誰が何をどうするといった判断が難しくなります。その他、体は正常に動いても本来の目的を誤った行動しかとれなくなります。例えば、鉛筆をカギ穴にさしてしまったりといった行動が見られるようになります。

日々の言動や行動に気をつけて早期発見

認知症には単なる物忘れや間違いではないといえる明らかな兆候があります。どのような症状か正しく知っておいて、高齢者の言動に日々気をつけて見守ってあげましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    ホームヘルパーにどこまで頼めるの?仕事内容から時間制限まで解説!
    訪問介護サービスを利用するときは、ホームヘルパーが要介護者の身の回りの世話をします。ホームヘルパーに対して、どのような内容を、どのくらい頼めるのでしょうか。基本的な仕事内容から、介護保険制度に伴う自己負担額、意外と知らない時間制限などをご紹介します。サービス内容を理解したうえで、要介護者にとって適切な利用をしましょう。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る