null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

改めて知っておきたい、入れ歯の役割

高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。

高齢者にとっては重要なアイテム

高齢者にとって入れ歯はとても重要なものです。高齢になれば歯を失っていきますが、歯がないまま放置してしまうと健康を損なうことになります。入れ歯の機能と正しいお手入れ方法をぜひ知っておきましょう。

なぜ入れ歯は必要か

歯が無くなっていくのは自然のことではありますが、そのままにしておくと健康に悪影響が出ます。噛む力が弱くなると食べ物も制限されますし、脳への刺激も少なくなってしまいます。奥歯を噛みしめて踏ん張ることができないので、足腰の力も弱くなりふらついたり、転びやすくなる可能性も出てきます。

入れ歯の種類

入れ歯は、人工歯と義歯床からできており、部分入れ歯と総入れ歯があります。義歯床がレジンプラスチックでできているものが一般的で、ピンク色をしており厚みがあるのが特徴です。保険適用で作れます。この他、保険適用外にはなりますが、金属製やシリコン製もあります。

就寝時には外して保管

入れ歯は起きているときのみ装着し、寝る時は外してお手入れします。一日使用して顎も疲れていますし、夜は唾液の分泌が減るので口腔内に細菌が繁殖しやすくなります。ですから、夜は専用ケースに入れて保管しておきます。乾燥すると入れ歯は傷むので必ず専用ケースで保管することが大事です。

入れ歯の手入れ

入れ歯のお手入れは、まず義歯のブラッシングです。入れ歯の形状に合わせた入れ歯専用ブラシを使って汚れを落としていきます。歯磨き粉は傷がついてしまうので使いません。使う場合は専用歯磨き粉にします。そして必ず流水の下で汚れを洗い流しながら磨きます。入れ歯にはデンチャープラークというヌルヌルした細菌のかたまりが付着しますので、これを取り除くのがブラッシングの目的です。義歯床を持って歯を磨きますが、入れ歯は滑りやすいので洗面所に落として損傷しないよう、洗面器などを置いて磨くことがポイントです。次に、義歯洗浄剤を溶かした専用容器に入れて保管します。朝装着するときも、流水下でブラッシングして義歯洗浄剤をしっかり落としてから装着します。

上手に入れ歯を使いましょう

入れ歯は高齢者が豊かな食生活を楽しむのに必要ですし、健康にも影響を与えます。上手にお手入れをして使っていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。
    記事を見る
  • 今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。
    記事を見る
  • どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理
    両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る