null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ケアプランが有料になるかも?気になる有料化のメリット・デメリット

先日、一部メディアで、「厚労省がケアプランの1割負担導入を検討している」というニュースが報道されました。今回は、ケアマネのサービスを有料化のすることのメリット・デメリットをまとめました。

現行無料が有料化されるかもしれない

国では介護給付費が増大していくのを防止するため、現在は無料で行っているケアマネジメントを、自己負担1割とする案が出ています。2018年度の介護報酬改定時に導入する予定です。この案では現在の介護保険利用者の半数近くが自己負担の対象となります。

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは

ケアマネジメントとは、在宅で介護サービスを受ける場合に、どの施設からどのサービスをどう受けたらいいのかについてケアマネジャーが利用者の諸状況を考慮して作る介護サービス実行計画のことです。現行は無料で行われているこのプラン策定・実行管理を有料化しようという動きが、出ています。

デメリットとは

プロによるサービスを受けにくくなるという点が有料化のデメリットです。そもそもこのプランは自分で立てることもできます。セルフケアプランといいますが、自分で作成して提出することもできるのです。ただし、介護については一般の人には分からないことが多いので、ケアマネジャーに任せてしまうことがほとんどです。有料化によって利用を控えてしまうと、自分で作成しなければならないので利用を敬遠することが懸念されます。また、ケアマネジャーは計画を立てるだけでなく、専門家として介護諸機関との調整や交渉も行ってくれます。こうしたことも有料化で受けにくくなってしまいます。

メリットとは

一方でメリットとしては、そもそも自立支援型が原則ですから介護への意識が高まることで自立を促すという本来の目的が達成されるのではないかという声もあります。何でも行政任せにしないで自分でやることは大事なことですし、財政難の社会福祉政策の中では、自分のことは自分でやるという意識も重要かもしれません。また、有料ということで、ケアマネジャー間にも競争の原理が働きます。良いケアマネジャーが選ばれることになり質の向上につながると期待されています。

本当に良いサービスはどちら?

ケアプランが有料化されると、ひと月あたり約1300円程度の自己負担となります。最適なサービスを選ぶのにどちらがいいのか、国の財政状況なども考えると一概に答えは出ないかもしれませんが、介護について見直すきっかけにはなるでしょう。


関連記事

ケアマネジャーの仕事内容って何?どこまで頼める?
ケアプランは自分で作れる!知っておきたい自己作成事情

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • プチボランティアで介護に関わる
    プチボランティアで介護に関わる
    介護や高齢者に関わりたいと感じている若者でも現在の仕事や学業を辞めて介護業界に踏み込むことはハードルが高くなかなか実現するのは難しいものです。気軽に関わってみる方法の一つとして、NPO法人ドットファイブトーキョーが主催するプチボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。今回は、このプチボランティアの取り組み内容についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    介護疲れで家事が辛い、忙しくて手が回らないなど、誰かに家事を頼みたいときはありますよね。そんなときに便利なのが家事の代行サービスです。介護のサポートは、自治体だけでなく企業の手を借りるのもひとつの手段。ここでは、介護中の家事負担を軽減できる便利なサービスをご紹介します。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    これから高齢者の仲間入りをする方や、高齢者を親に持つ方は、この社会でいかに健康的に長生きするかを考えなくてはなりません。そのために、老人ホームを探すのも重要ですが、まずは日々の食事に目を向けてみましょう。食事は生きるための基本ですし、それ以上に、食事を楽しむことができれば、毎日3回は幸せに過ごせるようになります。現在、高齢者の食環境をよりいいものにすべく、様々な取り組みが行われていますが、今回は配食サービスが具体的にどのようなものなのか、おすすめめの企業、そして様々な取り組みについてご紹介します。
    記事を見る