null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集

家族に介護が必要になった場合、まず問題となるのが臭いの対策です。介護に慣れないうちは、毎日行うことになる排泄物の処理とその臭いにどう対応すればいいのか頭を悩ませる方も少なくありません。さらに排泄物以外にも、介護スペースには様々な臭いが充満します。介護する側も介護される側にとっても、この臭いは気が滅入るだけでなく衛生的にも問題があります。そのため早急に解決し、改善する必要があります。長い時間を過ごすスペースだからこそ、臭いの対策は万全にしておきたいものです。介護をはじめる際に、知っておきたい臭いの原因とその対策方法についてまとめました。

臭いの原因とは?

介護スペースに発生する臭いの原因には、大きく分けて体臭排泄にまつわる臭いに分けられます。体臭の原因は加齢臭、老人臭と呼ばれるもので、加齢によって新陳代謝が落ち、体から出る分泌物が酸化することで発生する臭いです。そしてもう一つは排泄にまつわる臭いです。排泄物そのものが発する臭いと、排泄物を適切に処理できなかったことによる臭い、またトイレに間に合わなかったときの尿漏れによる臭いなどがあります。

高齢者の場合は、持病や食生活によっても、排泄物の臭いに違いがあります。さらに排泄物が漏れ出していても、臭いがすぐに発生しないため、あちこちに臭いが染みつき取れなくなっている場合があります。また介護される側の障害の程度によっては、すぐにトイレにいけるよう介護スペースにポータブルトイレを設置していることがあり、このトイレ自体が臭いの原因となっていることがあります。

排泄介助の場所をトイレ以外にも設ける

排泄介助をする際に、臭い対策も一緒に行うことで、臭いを軽減することが出来ます。自分でトイレに行くことが出来る場合でも、トイレまで間に合わない場合はトイレの近くに介護スペースを作る、また介護スペースにポータブルトイレを設置するといった対策が必要になります。

ただしトイレの問題はデリケートなため、介護する側の都合だけでなく、介護される側も納得した上で、双方が納得出来る形にすることが大切です。おむつをすると介護側は介護が楽になりますが、介護される側は自分で排泄が出来なくなったことを気に病み、痴呆が進む場合もあります。

また部屋で排泄介護をする場合やポータブルトイレを使用する際には、排泄物は空気に触れないようすぐビニール袋に入れる、使用済みのおむつは臭いが漏れないように何重にも包むといった対策が必要です。同時に下着や寝間着を交換することで臭いを軽減することが出来ます。

介護スペースにこもる臭いはエタノールや換気を

介護スペースにこもりやすい臭いを、毎日の介護と共に軽減する方法として、毎日換気をする床や畳をエタノールで消毒する方法があります。さらにポータブル用の消臭剤や、スプレーによる介護用消臭剤を使うことで、臭いを軽減することが出来ます。尿の臭いの元であるアンモニア成分を分解し、除菌も出来る消毒用エタノールは、薬局で安価で購入することが可能なので、毎日の掃除に取り入れるだけで介護スペースの臭いを解決出来ます。

また介護スペースは食事も取るスペースなので、食べ物の臭いも残りがちです。朝窓を開けて換気をするだけでも床や壁の臭いが減ります。これに加え、洗濯が出来ない椅子やベッドなどに消臭スプレーを使用することで快適に過ごすことが出来ます。

神経質になりすぎずに、プロに任せても

臭い対策を全部介護する側がやろうとすることは、体力的にも精神的にもかなりの負担となります。また臭い対策に神経質になるあまり、介護される側が気を遣ってしまい、食事や水分補給を遠慮したり、排泄が上手く出来なくなる場合もあります。

このようなときには、無理をせずプロの手を借りましょう。介護サービスを利用して、入浴や清拭をお願いしたり、トイレの掃除をプロにお願いすることで染みついた臭いを取ることも可能です。また、シーツに臭いが染みついている場合もよくあるので、シーツ交換サービスをうまく利用するのもひとつの手です。月額でも1000円以下などとそれほど高くないのでおすすめです。

介護する側は様々な介護を一人で行うことになるため、身体的にも精神的にも負担が大きく、また臭いの問題も悩みつつ一人ではどうすることも出来ないまま後回しにしがちです。臭い対策のグッズや介護用具などは新しいものが次々と出ています。介護のプロにアドバイスをもらいながら、適切な臭い対策をしていきましょう。

まとめ

介護スペースは閉じられた空間になりやすく、そのため臭いが気になっても毎日の介護に追われて対策が後回しになりがちです。また臭いが気になってケアがおろそかになると、それが悪循環となる場合もあります。排泄介護はやりがいが感じにくいだけでなく、嫌悪感が先に立ってしまいがちです。しかし適切な処理をすれば臭いが軽減されるだけでなく、介護する側もされる側も気持ちよく対応することが出来ます。介護に疲れてしまわないよう、プロなど第三者の手も借りながら、介護スペースを快適な空間へと変えていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【北海道・東北】車椅子で行けるお花見スポット3選
    桜の季節になると老若男女を問わず心まで春めいて、お花見に出かけたいという気持ちになるものですよね。ご年配の方でも、寒い冬の季節は家の中に閉じこもりがちだったものの、春になってあたたかくなると外に出かけても良いかなと感じる人は多いでしょう。そこで、今回は車椅子に乗ったままでもお花見がしやすい北海道や東北地方のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る