null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?

通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。

おなじ施設からさまざまなサポートを受けられる安心

小規模多機能型居宅介護では、通い(デイサービス)を中心に、訪問(訪問介護)、泊まり(ショートステイ)の3つのサービスを、一つの施設から受けられます。いつも同じ慣れた場所で、なじみのスタッフからサポートを受けられるため、変化を好まない高齢者の方も違和感なく利用できます。

定員があることに注意

どのサービスをどの程度利用するかは、そのときどきの利用者の状態に応じて、施設の担当ケアマネジャーと相談しながら決めます。ただし、小規模多機能型居宅介護には定員があります。一施設の登録人数は25名まで、デイサービスは一日15名以下、泊まりは一日9名以下といった具合です。そのため、定員を超えた場合には希望のサービスを利用できない場合もあることに注意が必要です。

小規模多機能型居宅介護のメリット、デメリット

小規模多機能型居宅介護のメリットは、3種類の介護サービスを同じ施設からまとめて受けられる便利さのほか、少人数制で利用者同士の交流が生まれやすい点もあげられます。また、利用料が月額定額制なので、利用回数が少ない方には割高となるものの、費用がふくらむ心配がないこともメリットの一つでしょう。さらに、通いは日中、泊まりは夜間といった決まりはありますが、24時間年中無休でサポートを受けられることも大きな利点です。ただし、一部のサービスだけが気に入らなくても、そこだけ他の施設を利用することはできません。

在宅介護における理想のかたちを目指して

国が介護について施設よりも在宅に重きを置きつつあるなか、2006年の介護保険制度改正にともない、介護が必要となった高齢者の方も、住みなれた家や地域を離れず、できるかぎり自立して暮らすことができるよう小規模多機能型居宅介護がスタートしました。地域密着型のサービスの為、施設のある自治体に住民票があることが入所の条件となっています。

自宅で暮らし続けることの幸せ

小規模多機能型居宅介護は、利用者の容態や希望に合わせて柔軟に利用内容を選べます。ですから、利用者にとっても、その家族にとっても自由度が高く、受け入れやすいサービスといえるでしょう。認知症であっても、中重度の障害があっても、住み慣れた自宅で暮らしつづけられることは大きな安心につながります。小規模多機能型居宅介護は、今後も注目を集めていくでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    高齢化社会が進む現代において、「地域のつながり」が再重要視されています。 一般社団法人シニアライフマネジメント協会 代表理事の肘井哲也さんは、「人を育てる町づくり」を掲げ、子どもの貧困支援、起業家やフリーランスの活動支援、「いのち」と向き合う数多くのイベントやプロジェクト運営をしています。 本日は、高齢者と、ご家族をトータルにサポートするための、「私のまちのRe(リ)ライフ相談室」の取組みについて、お話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
    近年高齢者の健康志向が高まっており、その影響で高齢者によるフィットネスクラブの利用者は年々増加傾向にあります。またそういったニーズに応えるようにフィットネスプクラブ側も高齢者向けのさまざまなサービスを提供しはじめています。今回は高齢者向けのフィットネスクラブのサービスをご紹介いたします。
    記事を見る
  • 認認夫婦、2人で生活できる?
    認認夫婦、2人で生活できる?
    認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る