null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ

在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。

介護するということ

どんな人でも病気になる可能性がありますし、必ず老いはやってきます。家族構成によって、だれの介護をするのか、だれに介護をされるのかの違いはありますが、できれば介護は双方にとってつらいものではなく、幸せな時間であってほしいものです。介護に向き合っている方、これから向き合う方に在宅介護と施設介護によるそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

在宅介護のメリット

家で家族の介護をしたいと望む方は少なくありません。在宅介護の一番のメリットは、住みなれた場所で費用をあまりかけず介護できるというところでしょう。介護される人の安心感にもつながります。介護する側の人は自分が面倒を見ていることで、社会的な偏見が気にならず後ろめたい気持ちが芽生えにくいといえます。

在宅介護のデメリット

家族の負担が増えます。大勢の家族が介護に参加できれば良いのですが、一人で介護をする場合精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり共倒れになってしまう恐れがあります。在宅介護では寝たきりになりやすいというデータがあります。床ずれを防ぐため夜中に何度も向きをかえたり、認知症の方の徘徊に対応したりといった、24時間体制での世話が必要になることもあるため、様々な場面で、素人の家族では行き届いた介護ができない可能性も出てきます。介護による家族のうつや、離職も増えています。

施設介護のメリット

家族に精神的、肉体的な負担がかかりません。設備が整っている安全な場所で、いつでもプロの介護が受けられるので、緊急時にも安心です。人と接する機会が多く、いろいろなイベントもあるので若々しくいられ、寝たきりになりにくいです。

施設介護のデメリット

高額な費用が必要になります。待機者が多い場合には希望しても入りたい施設になかなか入れないことがあります。家族と離れて暮らさなければならず、スタッフや入居者との人間関係になじめないこともあります。偏見をもつ人がいます。

介護は家族に合った方法で

在宅介護と施設介護には、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらか一方を選ぶことも可能ですが、今は在宅で介護し訪問介護やデイサービス、ショートステイなどをうまく組み合わせて利用している人も増えています。行政やケアマネージャーなどの専門家に相談しながら、家族に合った介護方法を見つけることをお勧めします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。
    記事を見る
  • 介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    介護が必要になるきっかけの原因1位は?予防法まで一挙に紹介!
    高齢になると足腰が弱くなり、段差でつまずきやすくなったり、転倒しやすくなったりします。杖や手押し車を日常利用していても、人の手を借りる介護はどうしても必要になってきます。実際に、要介護になるにはどんな原因があるのでしょうか。その原因と症状、予防法などの対策も合わせてご紹介します。
    記事を見る
  • これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集
    これだけ知っておけば安心!介護の臭い対策集
    家族に介護が必要になった場合、まず問題となるのが臭いの対策です。介護に慣れないうちは、毎日行うことになる排泄物の処理とその臭いにどう対応すればいいのか頭を悩ませる方も少なくありません。さらに排泄物以外にも、介護スペースには様々な臭いが充満します。介護する側も介護される側にとっても、この臭いは気が滅入るだけでなく衛生的にも問題があります。そのため早急に解決し、改善する必要があります。長い時間を過ごすスペースだからこそ、臭いの対策は万全にしておきたいものです。介護をはじめる際に、知っておきたい臭いの原因とその対策方法についてまとめました。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    買い物弱者を救う?有償ライドシェアの導入について
    過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人を買い物弱者・買い物難民と呼び、その数は推定600万人いると言われています。そんな買い物弱者を救う対策の検討が各所でなされていますが、有償ライドシェアもその一つです。今回は、有償ライドシェアとは何か、導入までの課題などをまとめました。
    記事を見る