null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

在宅介護と施設介護のメリット・デメリットまとめ

在宅介護とは家から通所介護サービスや訪問介護サービスなどの在宅介護サービスを利用すること言います。一方で施設介護とは特養や有料老人ホームなど施設に移住し介護サービスを受けたり生活をすることです。今回は両方のメリット・デメリットをまとめてみました。

介護するということ

どんな人でも病気になる可能性がありますし、必ず老いはやってきます。家族構成によって、だれの介護をするのか、だれに介護をされるのかの違いはありますが、できれば介護は双方にとってつらいものではなく、幸せな時間であってほしいものです。介護に向き合っている方、これから向き合う方に在宅介護と施設介護によるそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

在宅介護のメリット

家で家族の介護をしたいと望む方は少なくありません。在宅介護の一番のメリットは、住みなれた場所で費用をあまりかけず介護できるというところでしょう。介護される人の安心感にもつながります。介護する側の人は自分が面倒を見ていることで、社会的な偏見が気にならず後ろめたい気持ちが芽生えにくいといえます。

在宅介護のデメリット

家族の負担が増えます。大勢の家族が介護に参加できれば良いのですが、一人で介護をする場合精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり共倒れになってしまう恐れがあります。在宅介護では寝たきりになりやすいというデータがあります。床ずれを防ぐため夜中に何度も向きをかえたり、認知症の方の徘徊に対応したりといった、24時間体制での世話が必要になることもあるため、様々な場面で、素人の家族では行き届いた介護ができない可能性も出てきます。介護による家族のうつや、離職も増えています。

施設介護のメリット

家族に精神的、肉体的な負担がかかりません。設備が整っている安全な場所で、いつでもプロの介護が受けられるので、緊急時にも安心です。人と接する機会が多く、いろいろなイベントもあるので若々しくいられ、寝たきりになりにくいです。

施設介護のデメリット

高額な費用が必要になります。待機者が多い場合には希望しても入りたい施設になかなか入れないことがあります。家族と離れて暮らさなければならず、スタッフや入居者との人間関係になじめないこともあります。偏見をもつ人がいます。

介護は家族に合った方法で

在宅介護と施設介護には、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらか一方を選ぶことも可能ですが、今は在宅で介護し訪問介護やデイサービス、ショートステイなどをうまく組み合わせて利用している人も増えています。行政やケアマネージャーなどの専門家に相談しながら、家族に合った介護方法を見つけることをお勧めします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    知っておけばもう安心!遠距離介護のポイント解説
    仕事や家庭の都合で、遠距離介護の必要に迫られることも少なくありません。常に目を配れないため不安が伴いがちですが、ポイントを押さえておけば遠距離介護でも安心です。また無理な呼び寄せは、逆に両者にとって負担になる可能性もあります。 遠距離介護の例やポイント、呼び寄せ症候群などについて紹介します。
    記事を見る
  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る