null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!

介護が必要でなくとも、体を思うように動かせなくなってきた高齢者にとって手すりがあることは大きな助けとなります。今回は自宅を改修して手すりを設置するノウハウについてまとめてみました。

介護保険を利用して手すりを設置

筋力低下や障害によって体を思うように動かせない方にとって、手すりは大きな助けとなります。手すりは、階段や廊下などの取りつけ場所や、立つ、歩くなどの用途によって適した種類が違います。目的に合った手すりを、適切な位置に取り付けることが重要です。また、工事には介護保険が適用され、総額の一割負担で工事が可能です。

介護保険サービスを受けるには

介護保険サービスを受けるには、要介護認定を受けるため各市区町村窓口への申請が必要です。申請後審査が行なわれ、要介護度と支給限度額が決まりますが、認定が下りるまでには約一ヶ月かかるでしょう。また、補助される住宅改修費用の上限は20万円ですが、これは一生涯にわたる総額です。何度かに分けて使うことができ、手すり以外にも段差解消や便器取り替えなどにも使えますので、状況に応じて利用しましょう。

用途に合う適切な手すりを

前述のように、手すりには用途によってさまざまな種類があります。トイレや浴室での立ち座りにはL字型手すりや波型手すり、廊下を歩くには水平手すり、体を支えるにはI型手すり、などという具合です。また、形だけでなく、高さや握りやすさ(太さ、温かさ)も重要なポイントです。設置前にサンプルを見てデモンストレーションをする、本人やケアマネージャーと相談するなどしながら、適切に取り付けましょう。

手すり設置の留意点

体重を預けるため、手すりには大きな負荷がかかります。下地補強が必要な場合が多いので、安易に自身で取りつけることはやめましょう。また、業者による施行基準のバラつきや施工不良、悪質な工事や請求などが問題視され、2014年度からは、厚生労働省発案で各自治体主体の事業者登録制度が始まっています。自治体の研修を受けた事業者が登録されており、登録業者の工事では利用者が費用の9割を立替払いする必要がありません。

暮らしやすい家へ

介護が必要になったとしても、手すりがあるだけで自力で立ち上がったり、歩いたりできる場合があります。手すりは介護される本人の自立を助ける道具でもあるのです。また、介護者の負担を減らすという点でも大きな意味があるでしょう。介護保険サービスを利用して、介護する側もされる側も、住みやすい家づくりをしてはいかがでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    寝たきり老人がいない?スウェーデンの介護事情
    福祉大国と呼ばれているスウェーデン。高福祉高負担と言われ、スウェーデンは税金が非常に高いが、良い福祉サービスが受けられるというイメージが強くあります。今回はスウェーデンの介護の実情についてまとめました。
    記事を見る
  • 【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選
    春の足音も着々と近づいていますね。これから見事な桜が楽しめそうです。東海地方で、車椅子でも楽しめるお花見スポットを探してみました。
    記事を見る
  • コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    大切な家族が入院したら、どうしていいか分からないなんてこと多いですよね。 家族が要介護状態になったときに、困ることや転院の必要性などなど思いもよらないことが起きることもあるかもしれません。 いざ起きてしまってから右往左往するのは避けたいですね。 そのようなときにすぐに対処できるように知っておかなくてはいけないことがあります。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る