null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護保険を利用してお得に手すり設置しよう!

介護が必要でなくとも、体を思うように動かせなくなってきた高齢者にとって手すりがあることは大きな助けとなります。今回は自宅を改修して手すりを設置するノウハウについてまとめてみました。

介護保険を利用して手すりを設置

筋力低下や障害によって体を思うように動かせない方にとって、手すりは大きな助けとなります。手すりは、階段や廊下などの取りつけ場所や、立つ、歩くなどの用途によって適した種類が違います。目的に合った手すりを、適切な位置に取り付けることが重要です。また、工事には介護保険が適用され、総額の一割負担で工事が可能です。

介護保険サービスを受けるには

介護保険サービスを受けるには、要介護認定を受けるため各市区町村窓口への申請が必要です。申請後審査が行なわれ、要介護度と支給限度額が決まりますが、認定が下りるまでには約一ヶ月かかるでしょう。また、補助される住宅改修費用の上限は20万円ですが、これは一生涯にわたる総額です。何度かに分けて使うことができ、手すり以外にも段差解消や便器取り替えなどにも使えますので、状況に応じて利用しましょう。

用途に合う適切な手すりを

前述のように、手すりには用途によってさまざまな種類があります。トイレや浴室での立ち座りにはL字型手すりや波型手すり、廊下を歩くには水平手すり、体を支えるにはI型手すり、などという具合です。また、形だけでなく、高さや握りやすさ(太さ、温かさ)も重要なポイントです。設置前にサンプルを見てデモンストレーションをする、本人やケアマネージャーと相談するなどしながら、適切に取り付けましょう。

手すり設置の留意点

体重を預けるため、手すりには大きな負荷がかかります。下地補強が必要な場合が多いので、安易に自身で取りつけることはやめましょう。また、業者による施行基準のバラつきや施工不良、悪質な工事や請求などが問題視され、2014年度からは、厚生労働省発案で各自治体主体の事業者登録制度が始まっています。自治体の研修を受けた事業者が登録されており、登録業者の工事では利用者が費用の9割を立替払いする必要がありません。

暮らしやすい家へ

介護が必要になったとしても、手すりがあるだけで自力で立ち上がったり、歩いたりできる場合があります。手すりは介護される本人の自立を助ける道具でもあるのです。また、介護者の負担を減らすという点でも大きな意味があるでしょう。介護保険サービスを利用して、介護する側もされる側も、住みやすい家づくりをしてはいかがでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    “やさしい腸活“で心身をスッキリほぐす「腸律セラピー」
    排泄は高齢者にとって、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)や尊厳に関わる非常に重要な要素です。排泄ケアが必要になると、在宅生活の継続が困難になるケースも多く、未病ケアや自立支援の発展に期待が寄せられています。 また、平成25年度国民生活基礎調査による便秘人口分布によると、60代から男女共に便秘の有訴者数が増えています。 今回は、自分で腸のケアができるようになる「セルフ腸ほぐし」の指導にも力を入れている、腸律セラピーサロンセラピーエ代表の小澤かおりさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者になるにつれて住みやすい家の内容はどんどん変化していきます。家族がいたころは一軒家や部屋数の多い部屋が良かったが、独居や病気などの理由により、利便性が良く部屋数も少ない家に引越したいという要望も増えているようです。 今回は高齢者向け賃貸住宅事情についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る