null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!大阪のイルミネーションスポット【4選】

いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。街中をきらきらと輝かせるイルミネーションをご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる大阪のイルミネーションスポットをご紹介します。

ユニバーサル・スタジ・オジャパン~ユニバーサル・ワンダー・クリスマス~

5年連続、世界一の輝きとギネスに認定されている光のツリーのほか、大掛かりなプロジェクションマッピングや花火の打ち上げなど、その壮大な演出は圧巻です。
パーク内のすべてのトイレに車椅子で利用可能な設備があり、車椅子や電動カートの貸出も行っています。また、すべてのショー・アトラクションは、車椅子利用者の専用エリアを設けており、車椅子のまま利用できるアトラクション、備え付けの車椅子に乗り換えて利用するアトラクションなども豊富です。
期間限定のイルミネーションは無料でも楽しめますが、有料チケットを購入し特別鑑賞エリアで鑑賞することもできます。

場所 大阪市此花区桜島2丁目1-33
開催期間 2015年11月13日~2016年1月6日
点灯時間 日により異なります。詳細は公式HPでご確認ください。

海遊館~ちきゅうたいかんイルミネーション~

関西最大級の規模を誇る水族館「海遊館」では、館外の5つのエリアにそれぞれのテーマをもったイルミネーションスポットがあります。館内でもイルミネーションのアーチやくらげをイメージしたイルミネーションなども施されています。
館内の構造はほとんどがスロープとなっており、車椅子ゲスト用のエレベーターが用意されています。また水槽前には車椅子優先ゾーンが設けてあり、混雑時でもゆっくりと観覧することができます。
このイルミネーションは3月まで開催されているので、クリスマスや年末年始の混雑を避けて鑑賞できるのも魅力の一つです。

場所 大阪市港区海岸通1-1-10
開催期間 2015年11月25日~2016年3月6日
点灯時間 17:00~22:00(一部~20:00)

万博記念公園~イルミナイト万博X’mas~

イルミナイト万博X’masでは、公園のシンボルである太陽の塔に映像を投影するプロジェクションマッピングやイルミストリートが開設されています。また開催期間中、ラーメンEXPOも開催されていたり、キッズランドで遊べるなど、イルミネーションだけでなく家族で一日中楽しめるプログラムが盛り沢山です。
イルミネーションを鑑賞できるメイン会場付近(お祭り広場・東大路など)にはバリアフリーのトイレが数か所あり、また傾斜の少ない道が多く快適に車椅子移動ができます。公式HPでは公園全体の各施設や道の段差、傾斜などが分かる「らくらくお散歩マップ」をダウンロードすることができます。

場所 吹田市千里万博公園
開催期間 2015年12月11日~2015年12月27日
点灯時間 16:00~21:00

御堂筋~御堂筋イルミネーション2015~

大阪駅の阪神前交差点から難波西口交差点までの全長4kmにもおよぶ街路樹のイルミネーションは歩道側と車道側違うイルミネーションが施されており、どちらから見ても楽しむことができます。車で通りすぎるだけでも、きらきらした世界観を十分に楽しむことができるので、寒さが心配な方、歩くのが困難な方でも無理せず鑑賞することができます。

場所 御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)
開催期間 2015年11月29日~2016年1月17日
点灯時間 17:00頃~23:00

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    介護予防に力を入れているデイサービス【4選】
    高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。
    記事を見る
  • シンプルイズベスト!高齢者向け家電が今熱い!
    シンプルイズベスト!高齢者向け家電が今熱い!
    高齢者向け家電は、高齢者のニーズに合って使い勝手を追求し開発された商品です。遠方に住むご両親が高齢になり、生活面で何かと心配をしている方もいるのではないでしょうか。今回はご両親の家事をサポートしてくれる家電をご紹介します。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 徘徊から家族を守るためにできること
    徘徊から家族を守るためにできること
    認知症の症状の一つに徘徊行動があります。認識障害を起こしている上に外を歩き回るため、徘徊行動には事故や事件のリスクがたくさん存在しています。大切な家族を徘徊のリスクから守るために何ができるでしょうか。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る