null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!大阪のイルミネーションスポット【4選】

いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。街中をきらきらと輝かせるイルミネーションをご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる大阪のイルミネーションスポットをご紹介します。

ユニバーサル・スタジ・オジャパン~ユニバーサル・ワンダー・クリスマス~

5年連続、世界一の輝きとギネスに認定されている光のツリーのほか、大掛かりなプロジェクションマッピングや花火の打ち上げなど、その壮大な演出は圧巻です。
パーク内のすべてのトイレに車椅子で利用可能な設備があり、車椅子や電動カートの貸出も行っています。また、すべてのショー・アトラクションは、車椅子利用者の専用エリアを設けており、車椅子のまま利用できるアトラクション、備え付けの車椅子に乗り換えて利用するアトラクションなども豊富です。
期間限定のイルミネーションは無料でも楽しめますが、有料チケットを購入し特別鑑賞エリアで鑑賞することもできます。

場所 大阪市此花区桜島2丁目1-33
開催期間 2015年11月13日~2016年1月6日
点灯時間 日により異なります。詳細は公式HPでご確認ください。

海遊館~ちきゅうたいかんイルミネーション~

関西最大級の規模を誇る水族館「海遊館」では、館外の5つのエリアにそれぞれのテーマをもったイルミネーションスポットがあります。館内でもイルミネーションのアーチやくらげをイメージしたイルミネーションなども施されています。
館内の構造はほとんどがスロープとなっており、車椅子ゲスト用のエレベーターが用意されています。また水槽前には車椅子優先ゾーンが設けてあり、混雑時でもゆっくりと観覧することができます。
このイルミネーションは3月まで開催されているので、クリスマスや年末年始の混雑を避けて鑑賞できるのも魅力の一つです。

場所 大阪市港区海岸通1-1-10
開催期間 2015年11月25日~2016年3月6日
点灯時間 17:00~22:00(一部~20:00)

万博記念公園~イルミナイト万博X’mas~

イルミナイト万博X’masでは、公園のシンボルである太陽の塔に映像を投影するプロジェクションマッピングやイルミストリートが開設されています。また開催期間中、ラーメンEXPOも開催されていたり、キッズランドで遊べるなど、イルミネーションだけでなく家族で一日中楽しめるプログラムが盛り沢山です。
イルミネーションを鑑賞できるメイン会場付近(お祭り広場・東大路など)にはバリアフリーのトイレが数か所あり、また傾斜の少ない道が多く快適に車椅子移動ができます。公式HPでは公園全体の各施設や道の段差、傾斜などが分かる「らくらくお散歩マップ」をダウンロードすることができます。

場所 吹田市千里万博公園
開催期間 2015年12月11日~2015年12月27日
点灯時間 16:00~21:00

御堂筋~御堂筋イルミネーション2015~

大阪駅の阪神前交差点から難波西口交差点までの全長4kmにもおよぶ街路樹のイルミネーションは歩道側と車道側違うイルミネーションが施されており、どちらから見ても楽しむことができます。車で通りすぎるだけでも、きらきらした世界観を十分に楽しむことができるので、寒さが心配な方、歩くのが困難な方でも無理せず鑑賞することができます。

場所 御堂筋(阪神前交差点~難波西口交差点)
開催期間 2015年11月29日~2016年1月17日
点灯時間 17:00頃~23:00

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護福祉士シンガーかんのめぐみ「歌で介護の現場をつなぐ」
    介護をしていると、誰にも言えないことや諦めてしまうことが折り重なっていくことがあるかもしれません。 介護福祉士シンガーソングライターとして、介護の現場で働きながら、アコースティックギターの弾き語りで、大好きなお年寄りの歴史や介護にまつわる喜怒哀楽を歌にして届けている方がいらっしゃいます。 今回は、県内を中心に活動の場を全国に拡大していっているシンガーソングライター、かんのめぐみさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る