null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認認夫婦、2人で生活できる?

認知症同士の高齢者夫婦のことを認認夫婦と呼びます。高齢化、核家族化に伴いこうした認認夫婦や老老介護は増えていく一方です。今回は認認夫婦の実態についてまとめました。

11組に1組が認認夫婦

近年の高齢化や小世帯化にともない、高齢者が高齢者を介護する老老介護が珍しくないものとなりました。さらに、夫婦両者が認知症である認認夫婦も増え、認知症高齢者が同じく認知症の配偶者を介護する認認介護が増加しています。その割合は、80歳以上の高齢者夫婦の11組に1組ともいわれているのです。では、認認介護における問題点や生活のポイントはどのようなものなのでしょう。

認知症同士の生活は無理?

ただでさえ大変な入浴や食事、排泄の介助を、高齢の、しかも認知症の人がこなすのは困難です。そのため認知症同士の生活は無理と思われがちですが、どちらかが軽症の場合、近くに住む家族のサポートや訪問看護、訪問介護、ショートステイなどを利用することで生活が成り立つケースもあります。住み慣れた家で暮らすことはメンタル的にもよいでしょう。

課題の多い認認介護

ただし、認知症の度合いが進むと、サポートがあっても介護が難しくなります。実際に、火の不始末や徘徊中の事故など、認認介護の世帯で起こる問題は後を絶ちません。さらに、認知症の高齢者を狙った悪徳詐欺や介護に疲れたあげく相手に手をかけてしまうなどの事件も見られるようになってきました。事件や事故を防ぐためには、周囲の細かな目配りが必要で、それが難しい場合には早めに施設へ入所することも視野に入れなければなりません。

早めの気づきを

アメリカの研究では、夫婦の片方が認知症の場合、介護者の認知症発症リスクは通常の6倍にのぼるといいます。これは両者がすでに認知症の場合も同じで、進行速度が速まる可能性があるのです。大切なのは、やはり周囲からの早めの気づきです。世話がおろそかになっていないか、部屋が散らかったままでいないかなど、助けを求めるサインに敏感になりましょう。そしてケアマネージャーと相談のうえ、適切なサービスを受けるよう本人へ働きかけることも重要です。

家族、そして社会からの見守り

介護保険サービスを適切に受け、周囲のサポートがあれば、認知症同士の生活もある程度まで可能でしょう。しかし、症状が進行してゆくことは大いに考えられます。早いうちに在宅介護の方法や施設介護への変換時期(状況)、さらには近隣施設について調べておくことも重要です。また、高齢化が深刻な社会問題となりつつある今、家族間だけでなく、社会全体で高齢者を見守る社会づくりが課題となるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    要介護認定調査とは?気を付けるべきポイントを徹底解説!
    介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定を受けなければなりません。 認定結果は自立(非該当)以外、『要支援1~2』『要介護1~5』の7段階に分かれ、この介護度によって、受けられるサービスの範囲や負担額などが違ってきます。 ですので、間違った介護認定をされないよう、注意が必要です。 今回は要介護認定を受ける際のポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    両親が高齢になり、足腰が弱ってきたりすると、外出など移動も大変になってくる事でしょう。 そうなるとそろそろ車椅子を使った生活も考えていろいろと準備をする必要もでてくるのではないでしょうか。 しかしながら、いざ準備となると車椅子をはじめ、どのような物が必要になってくるのか考えてしまう人も多いのかもしれません。 そこで今回、車椅子生活を快適かつ便利に過ごせるためのグッズやアプリ、また最新の電動車椅子の特徴などを紹介していきます。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。
    記事を見る
  • 制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    介護の悩みを職場で誰にも相談出来ない。会社の人に迷惑を掛けたくない。介護が原因で退職してしまう方はこのように思われているのではないでしょうか。介護休暇・休業など、仕事と介護の両立を支援する制度があるにも関わらず、自らを追い詰め退職を選ばれる事例が増えているようです。今回は株式会社NTTデータで介護離職防止に取り組まれる人事本部人事統括部労務厚生担当部長植野剛至様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    もしかして認知症・・?不安になったらすべきこと
    介護の始まりは病気や怪我によるものがほとんどですが、その中でも認知症は全体の約15%を占めています。認知症もいくつかの種類に分類されますが、加齢による『物忘れ』と『認知症』の初期症状は似ており、『もしかして・・』『まさかうちの親が・・』などと思い悩む方も多いと思います。 『もしかして・・』と思ったらすべきことをまとめました。
    記事を見る