null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?

高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。
高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。

いきいき百歳体操を知っていますか

いきいき百歳体操は、平成14年に高知市のリハビリのプロである理学療法士が開発しました。
手首や足首におもりをつけて椅子に腰かけた状態でゆっくりと行う筋力運動の体操で、準備体操、筋力運動、整理体操の3つの運動で構成されています。体操自体は約30分程度で激しい動きはなく、ゆっくりと腕や足を曲げ伸ばししたり、立ち上がったりする誰にでも簡単にできる運動なので、高齢の方や体力に自信のない方でも気軽に実施することができます。
また、筋力だけではなく注意機能・認知機能の向上も見込まれるため、非常に高い効果が期待出来ます。
日々を安全・安心に暮らすためにも、ぜひ日常生活に取り入れたいプログラムではないでしょうか。

平成24年5月末現在の時点で全国の50市町村、1500か所以上で実施され、介護予防活動として全国の自治体からも注目されています。

いきいき百歳体操の効果とは

高知市の調査によると、体操をすることによって「知り合いができた」「気持ちが明るくなった」「楽しみが増えた」といった精神的な効果があることが分かっています。さらに、いきいき百歳体操をしている人たちの健康面では「体力がついた」「足腰の痛みがなくなった」「階段の上り下りが楽にできるようになった」「歩くのが早くなった」「転びにくくなった、体が軽くなった」「引き締まった」などの効果が表れています。いきいき百歳体操には、口腔の機能を向上するかみかみ百歳体操や認知機能を向上するしゃきしゃき百歳体操などもあります。

身体能力向上以外の効果

いきいき百歳体操の効果は身体能力の維持・向上だけではなく、住民同士による交流にもなっているようです。
週に1~2度定期的に近隣住民同士が集まる機会というのは、そう多くはありません。
特に高齢になるにつれ、歩行などの不安から外出には億劫になるものではないでしょうか。
次第に足腰を使わなくなり、筋力は衰え、より外出をしなくなる、といったスパイラルが生まれてしまいます。
しかし、定期的に外出する機会を設ける事により、閉じこもりを防ぐ効果が見込めます。
身体能力の向上と住民同士の交流により、心身共に健康になることができます。

体操の注意点

下記の注意点を守ることで、より高い効果が期待出来ます。

・水分補給を取る
特に夏場は脱水症状・熱中症に要注意です。運動すると体温が上昇し汗をかきます。室内でも十分起こり得る現象だけに、水分はこまめに取りましょう。

・ゆっくり身体を動かす
ゆっくりと身体を動かすことで、負荷がかかりより効果的に運動を行う事が出来ます。
必ずしも身体を動かすのは早ければいいというわけではないようです。

・無理をしない
痛みのない範囲で体操を行いましょう。健康のために体操をしているはずなのに、身体を痛めてしまっては元も子もありません。

全国自治体での取り組み

近年、いきいき百歳体操は、全国で広がりをみせていますが、行政からお願いすることはありません。体操のビデオなどはありますが、全国ですべて同じではなくアレンジされた体操を独自に行っている自治体もあります。ボランティアとして保健師や理学療法士がサポートを行いますが、あくまでも住民が自分たちで行うことを大切にし、週に1~2回を目安に住民主体で行っているのが特徴です。それが地域づくりや、多くの人が続けていくことにつながっているのです。多くの方が生き生きと生活するための「いきいき百歳体操」あなたがお住まいの地域で始めてみませんか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症のひと集まれ!最近話題の認知症カフェとは?
    認知症カフェとは、認知症の方やその家族、介護・医療従事者、地域の人々が集い、交流や情報交換を行うカフェのことです。ヨーロッパではじまり、日本では全国で約30か所ほどあり、年々増加傾向にあります。今回は認知症カフェとは何か、その特徴をまとめました。
    記事を見る
  • 配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者が要介護になる可能性を考えよう
    配偶者の介護を想定している人はごくわずかしかいません、しかし、実際には誰にとってもいずれはやってくる可能性が高いものです。お互いが元気なうちに、情報収集やどういった介護を望むのか話し合いをしておくと良いでしょう。
    記事を見る
  • たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    たった1人のために奏でる天上の音楽「リミナル・ハープ」
    大切な人がターミナル期に入ると、家族の緊張はピークに達し、その人にしてあげられることが限られていくことに悲しみを抱くことも多くあるのではないでしょうか。 少しでも穏やかに、安らかに過ごしてほしいと祈る思いを、直前まで機能が維持されるといわれる聴覚に訴えかけることのできる音楽で届ける方がいます。 今回は、リミナル・ハープ奏者の佐野正子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!
    高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!
    高齢者がスポーツをすることは、体力の衰えを防ぎ、ストレスを解消し、健康を維持することに役立ちます。 また、複数人で行うスポーツは、仲間との絆を深め、日々に張り合いをもたらしてくれます。スポーツをするには体力に自信がない...。今回はそんなシニアの方でも気軽に楽しめるスポーツについてまとめてみました。離れて暮らす親の体力が心配という方、おすすめしてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • 自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    自分で自分らしさを取り戻すために。マギーズ東京センター
    厚生労働省『平成26年受領行動調査(概数)の概況』によると、外来患者の診察時間は67.7%が10分未満です。 外来受診の目的は診察・治療・検査等の受診が主のため、病気に伴う日常生活の不安や詳しい治療方針、心身の影響などについては、なかなか医師にじっくり相談することは難しい状況にあると言えます。 今回は、がんに影響を受けるすべての人に専門的サポートと第二の我が家のような居場所を提供するNPO法人maggie’s tokyo(マギーズ東京センター)センター長の秋山正子さんにお話を伺いました。 マギーズ東京センターは、相談者に無料で支援を提供するためにチャリティ活動やクラウドファウンディングに積極的に挑戦し続けています。
    記事を見る