null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは

介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。
今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。

京都府が行なう福祉改革「認証制度」とは

福祉人材の不足という大きな社会問題に対して京都府が大きな対策を打ち出しました。それが「きょうと福祉人材育成認証制度」です。府内の福祉事業者を対象にした制度であり、人材を育成する仕組みと職員が働きやすい環境や待遇を整えている福祉事業者に京都府が認証を行ないます。認証を行なう目的は大きく2つあります。一つ目は若い人が安心して働ける職場であることを証明すること、二つ目は認証の獲得を目指すことで事業所のレベルアップを目指すことです。

認証制度が導入された背景

認証制度が導入された背景には介護人材の不足があげられます。少子高齢化も理由の一つではありますが、それ以上に介護業界に対する若者のイメージが関係しています。特別な資格を持っていないと仕事が出来ない、給料が安い、離職率が高い、介護の仕事では家族を養うことが出来ないなどが若者の率直な意見です。このイメージは間違った認識とは言えず、実際にこのような事業所は多く存在します。そのため、イメージの回復だけでは人材不足を改善することは難しく、事業所の職場環境が改善され、若者に改善された点が見えるようにすることが必要なのです。そのために導入されたのが認証制度であり、事業所が取得のために職場環境を改善し、認証を得ることが出来れば若者が安心して働くことが出来るのです。

認証制度によって職場環境の改善に成功

認証制度は新規の介護事業者にとっては大きなチャンスです。認証をもらうことで他の事業所と差別化することが出来ますし、目指す際には行政から様々なノウハウを教えてもらうことが出来ます。認証制度には行政の人だけでなく、大学などの福祉の専門家やコンサルタント、人材系企業などのプロフェッショナルが大きくかかわっています。そのため、事業所は実際の現場で役に立つノウハウやアイデアを指導してもらうことが出来るのです。実際に認証制度の取得に挑戦した事業所はたくさんあり、職場環境の改善や新人研修制度の構築に成功しています。

認証制度の将来について

認証制度が導入され、400以上の事業者が取得を目指すようになっており、実際に認証を受けた事業所も100を超えています。将来的にはさらに上が目指せるように上位認証制度を導入することが検討されています。詳細は検討中との事ですが、事業所がさらにレベルアップを目指す際のおおきなモチベーションにつながるでしょう。

将来に必要となる有能な人材

介護業界の人材不足は深刻であり、将来的には介護ロボットや海外からの人材の受け入れも検討されている状況です。その際に大事なことは事業所の中核に福祉の意義を理解した人材がいることです。今からその様な若い人材を確保しておかないといざというときには間に合いません。認証制度によって優秀な若い人が出てきてくれることが期待されます。

期待される全国への好影響

認証制度によって京都府が福祉事業者の職場環境の問題に一石を投じたのはいうまでもありません。このことに感化され他の自治体においても積極的な福祉対策が行なわれることが期待されます。福祉業界には激変の時代がやってくると思われますが、京都府が行なった認証制度のような対策によっていい方向に向かってもらいたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 今話題になっているカジノ型デイサービスについて調べてみた
    今話題になっているカジノ型デイサービスについて調べてみた
    高齢者の認知症予防、ウェルビーイングと考えると、介護になってもその人らしい生活を続けてもらうことが重要です。その手段の一つとして、パチンコや麻雀などをして過ごす、カジノ型の介護施設(デイサービス)なども存在しています。このような施設に対して世間の評判や公的機関の対応はどうなのでしょうか。利用者本人たちがどう思っているのかも気になるところです。これらの施設の現状と、世間の見方についてまとめてみました。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る
  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る