null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法

若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。

若年性認知症の症状

若年性認知症の原因となる病気には、脳梗塞や脳出血といった脳の血管障害が原因で起こる脳血管性認知症が一番多く、次いで脳が萎縮していくことで起こるアルツハイマー病があげられます。

脳血管性認知症は、急性の脳出血や脳梗塞によって起こります。これらの症状には意識障害や麻痺、言語障害が起こるため、診断の際や家族の目もそちらの症状に向けられてしまいます。そのため、これらの症状が落ち着いても、知的機能の障害、意欲の低下、人格の変化といった認知症の症状が残されている場合があるのですが、見過ごしてしまい症状が進んでしまうことがあります。

また、アルツハイマー病でも意欲の低下や作業効率の低下といった症状が見られますが、これらの症状はうつ病や更年期障害と間違われることが多いため、やはり認知症のサインを見落としてしまいがちです。

同じ話を何度もする、今まで迷うことのなかった家までの帰り道を忘れてしまうといった物忘れの症状や、今まで打ちこんでいた趣味を急にやめてしまったり、家族に対して暴言を吐いたり、暴力を振るうようになったなど、急に性格が変わってしまったように感じられる行動が見られる時には注意が必要です。

食生活を見直して予防する方法

若年性認知症の原因である脳血管性認知症は、原因である疾患を予防することでその発症を予防し、若年性認知症を予防することにつながります。まず普段の食生活から、若年性認知症を予防しましょう。脳血管性認知症の原因となる高血圧を防ぐために塩分は控えめの食事を取りましょう。糖質を取りすぎないようにすることで、脳動脈硬化を予防することが可能です。

また、肥満は高血糖、高血圧、脂質異常を招き、認知症を発症する可能性があります。動物性脂肪などの取りすぎは、高血圧や動脈硬化になりやすく、これも認知症のリスクを高くします。血流を改善するには、DHAとEPAを多く含む青魚脳を活性化するミネラルやビタミンを多く含む緑黄色野菜や果物を積極的に食べることが重要となります。

食事の際には早食いをせず、よく噛んで食べることも大切です。噛むことは脳への刺激となるとともに、だ液が良く出るようになるので口腔機能が良好に保たれます。歯のケアなども合わせて心がけることが大切です。

日頃の運動を見直して予防する方法

定期的な運動、特に有酸素運動が脳の活性化に有効であるとされています。急激な運動は逆に体に負担になりますので、週に3回程度汗ばむぐらいの運動を行いましょう。適度な運動は肥満予防にもなり、若年性認知症を引き起こす生活習慣病予防にも効果があります。特におすすめなのはウォーキングです。歩くことで全身の血液循環が促され、脳に行く血液の量が増えます。さらに歩きながら簡単な計算問題を行ったり、車のナンバーを覚えたりするのも脳の刺激となります。

自転車やエアロバイクなどのサイクル運動は、足腰を鍛えるだけでなく脳を活性化する働きがあります。エアロバイクは自宅でトレーニングでき、負荷も調整しやすく、またウォーキングよりもカロリー消費が高い運動ができます。

生活習慣を見直すことでできる予防

習慣になっている行動を見直すことが、認知症リスクを減らし予防につながります。特に喫煙者の認知症リスクは、非喫煙者の約2倍にもなることが分かっています。本数を減らし、できれば禁煙することで若年性認知症の予防になります。

若年性認知症を引き起こす疾患にアルコール性認知症があります。アルコールの大量摂取は脳の萎縮を招き、認知症の原因となります。ただし少量の飲酒は全く飲まない層よりも認知症の発症が少ないといったデータもあるため、飲酒が認知症の要因とは言い切れません。適量を守ることで、糖尿病の発症などを予防することにつながります。

睡眠不足は認知症のリスクが高まります。認知症予防に最適な睡眠時間は7~8時間とされています。さらに30分程度の昼寝も認知症予防に効果的です。寝だめではなく睡眠は毎日規則正しい生活と共に、しっかり取るようにしたいものです。

心身ともに健康的な生活を

認知症予防には、食生活、運動、規則正しい生活のバランスが取れた生活が大切です。そのほか人と積極的にコミュニケーションを取り、話をすることで脳の活性化につながります。さらに常に新しいものへの興味や好奇心を持ち、脳を使い続けることが認知症予防となります。これらの予防をしていても、若年性認知症に絶対にならないという保証はありません。しかし早期発見により、症状を遅らせることは出来ます。家族同士で見守り合い、何か異常に気がついたときには早めに診察を受けるなどして、手遅れにならないよう心がけるようにしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    九州には温泉をはじめ、豊かな自然や美味しい食べ物、テーマパークなどの観光スポットが豊富にあります。最近では、バリアフリー対応の施設が増加して、車椅子で観光を満喫できるようになりました。ここでは、GWに車椅子で楽しめる九州のお出かけスポットについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    認知症で時計が読めなくなった!対処法は?
    アルツハイマー型認知症の症状の一つに失認や失行などの見当識障害があります。これは、例えば今日の日付が分からなくなってしまったり、アナログ式の時計が読めなくなるなどです。今回は認知症で時計が読めなくなった場合の対処法をまとめました。
    記事を見る
  • みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み
    1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。 本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    絵を描くことで認知症の予防・改善に繋がる「臨床美術」が注目を浴びています。本日は臨床美術士養成講座を開講している株式会社芸術造形研究所・代表取締役西田様、彫刻家・NPO法人日本臨床美術協会常任理事・蜂谷様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る