null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

みんなどう思ってる?自分の老後についての意識調査

みなさんは自分の老後や介護について心配になったり不安になったりしたことはありますか。今回は中年の男女に聞いた「老後の生活に関する意識調査」の内容をまとめました。

“自分の介護をしてくれる人がいるのか不安”6割

自分の介護をしてくれる人がいるのか不安に感じることが「非常にある」と回答した人の割合が13.7%、「どちらかといえばあてはまる」とした人が46.1%で、合わせると59.8%が、自分の介護をする担い手がいないのかもしれないと考えていることがわかります。
「どちらかといえばあてはまらない」と答えた割合は32.6%、「全くあてはまらない」と答えた割合は7.6%でした。

“施設や介護サービスの利用”に大半は前向き

自分に介護が必要になったら、(老人ホームや介護施設に入るなどし)家族には迷惑を掛けたくないと思うかという質問に対しては、「非常にあてはまる」と答えた人の割合が46.2%、「どちらかといえばあてはまる」と答えた割合が45.7%で、実に91.9%の人が、家族には迷惑を掛けたくないと考えていることがわかりました。

その一方で、自分に介護が必要になっても、介護サービスは利用して欲しくないと思うかという質問には、「非常にあてはまる」が2.0%、「どちらかといえばあてはまる」が11.1%となり、合わせて13.1%の人が、介護サービスを利用して欲しいと考えていることがわかります。

“配偶者の介護ができるか不安”8割近く

では、自分ではなく、配偶者の介護ということになるとどのようになるでしょう。

自分が配偶者の介護ができるか不安に感じることがあるかという質問に、「非常にあてはまる」と回答した人の割合は27.1%、「どちらかといえばあてはまる」と答えたのは49.9%ですから、77.0%の人が配偶者を介護できるかどうか不安に感じていることになります。

「どちらかといえばあてはまらない」と答えたのは18.9%、「全くあてはまらない」が4.1%でした。

“配偶者に介護が必要になっても、自宅で一緒に暮らしたいと思う”7割

配偶者に介護が必要になっても、自宅で一緒に暮らしたいと思うかという質問には、「非常にあてはまる」と回答した人の割合が13.8%、「どちらかといえばあてはまる」が56.7%で、合わせると配偶者を自宅で介護したいと考えている人は70.5%に上ることがわかります。

配偶者の介護にも介護サービスを利用したいと考えている人が84.4%いることもこの調査でわかっていますので、配偶者の介護には不安はあるものの、介護サービスを利用しながら、自宅で一緒に暮らしていきたいと考えている人が多いことが明らかになりました。

“将来、配偶者に介護が必要になったら、経済的に耐えられないと思う”4人に3人

しかし、将来、配偶者に介護が必要になったら、経済的に耐えられないと思うかという質問に対しては、「非常にあてはまる」と回答した人の割合が28.0%、「どちらかといえばあてはまる」の割合が46.0%になり、合わせると74.0%の人が、配偶者の介護で経済的に持たないのではないかという心配を抱いていることがわかります。4人に3人という割合になっています。さきほど、配偶者の介護ができるか不安という割合が8割近くありましたが、その中にもこの経済的な不安が含まれているのかもしれませんね。

さらに、夫婦が同時期に介護を必要とするのではないかと不安に感じることがあるかという質問には、65.1%の人が不安を感じていると回答しています。

介護サービス利用に消極的な層 男性は女性の3倍以上に

先で、自分に介護が必要になっても、介護サービスを利用して欲しくないと考えている人の割合が13.1%であることをお伝えしました。この割合は男女合わせての数字になるのですが、男性と女性を分けた数字を見ると、男女で意識の差があるということが見えてきます。

この質問に対し、20.2%の男性が介護サービスを利用して欲しくないと回答していますから、5人に1人の割合ということになります。女性は6.0%なので、女性の3倍以上の男性が、自分の介護には介護サービスを利用して欲しくないと考えているということがわかります。

配偶者の介護の場合でも、男性は4人に1人が利用したくないと考えていて、こちらも女性の3倍以上になっています。

不安や心配は、介護を知ることで吹き飛ばそう

介護について経験や知識がないと、ぼんやりとした「不安」を持つことになります。
知らないことや分からないことに関しては、誰でも不安になります。この不安を解消するには、「知る」ということが大切です。介護についても、介護保険のこと・お金のことちょっとした知識を入れるだけでも不安を解消できるかもしれません。
必要な準備は、体や頭が元気なうちに始めましょう。


参考サイト:http://www.medicarelife.com/research/005/05/

最新記事を受け取る

併せて読みたい記事

  • 2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    2017年に介護休業の分割取得が可能に。改正の意味とは?
    厚生労働省では、介護休業制度をより使いやすいものとするため、制度の見直しを進めています。介護休業は「育児・介護休業法」によって定められており、2010年の改正では、介護休暇や父親の育児休業などの分野で改善が行われました。今回の見直しでは、介護休業の分割が焦点となり、「改正育児・介護休業法」が、2017年に施工されることが決まりました。休業の分割取得は何の意味があるのでしょうか?
    記事を見る
  • 【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    【後編】仏教の癒しをいま、音楽に乗せて伝えたい。松島龍戒住職
    最近女性を中心に神社・仏閣巡りがブームになり、雑貨屋でお洒落なご朱印帳を目にする機会も多くなりました。 前回に続き、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。 松島住職は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(声明・しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏しています。 2018年1月には監修本『お坊さんが教える 新発見!日本の古寺』(三栄書房)も出版されています。 YouTubeで一部楽曲を聴くことができます。 @link{https://www.youtube.com/channel/UCZNXh4NWoz24jXzWETQHIEg}
    記事を見る
  • 【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    【前編】『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方ー矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に、今回は2回に渡って近著『身軽に生きる』、30万部超ベストセラー『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。
    記事を見る
  • 意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。 高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る