null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは

高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。
高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

埼玉県川口市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で食事を作ることが困難な単身又は虚弱な高齢者世帯
利用頻度 毎日の夕食 ※夕食のお届けとともに安否確認を行います。
料金 1食400円(事前にチケットを購入していただきます)
問い合わせ先 川口市役所・長寿支援課・支援係【電話:048-259-7652】


千葉県旭市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者および高齢者のみの世帯又は高齢者及び心身に障害のある方のみで構成されている世帯で、老化、傷病等の理由により、食事の調理が困難な65歳以上の高齢者
利用頻度 週3回以内昼食 ※安否確認もあわせて行います
料金 1食300円
問い合わせ先 高齢者福祉課 高齢者班【電話:0479-62-5350】

千葉県木更津市の配食サービス

対象者 家族全員が介護保険制度の要介護者及び要支援者で構成された世帯
利用頻度 週2回昼食
料金 1食250円
問い合わせ先 木更津市 福祉部 高齢者福祉課 計画推進担当【電話:0438-23-2630】

東京都品川区の配食サービス

対象者 高齢者で低栄養の予防が必要とされる方
利用頻度 月曜日から土曜日のうち週2回まで、昼食のみ
料金 1食600円
問い合わせ先 在宅介護支援センター

岡山県倉敷市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者 ・高齢者のみの世帯の人 ・身体障がい者手帳を所持する人
昼間ひとり暮らし又は高齢者のみになる人で、市長が特に必要と認める人
利用頻度 週7日以内(月~日・祝日)昼食のみ
料金 1食360円
問い合わせ先 倉敷市健康長寿課 水島・児島・玉島各社会福祉事務所及び真備保健福祉課

福岡県直方市の配食サービス

対象者 65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯であって心身の衰えや障がいおよび傷病等の理由により調理が困難な人
利用頻度 週6回(月曜日から土曜日)の夕食
※普通食と、治療食(カロリー500キロカロリー、塩分2.3グラム)から選択できる。
治療食を希望の方は申請時にご相談ください
料金 普通食360円 治療食510円
問い合わせ先 直方市役所 健康福祉課 高齢者支援係(地域包括支援センター)【電話:0949-25-2391】

福岡県大野城市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で、ひとり暮らしもしくは高齢者のみの世帯の人。食生活に関して支援が必要と認められる人
利用頻度 毎日 昼食のみ・夕食のみ・昼夜2食から選択できます
※手渡しになります
料金 1食400円
問い合わせ先 すこやか長寿課 地域包括支援センター担当【電話:092-501-2306】

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    【イベントレポート】エンドオブライフ・ケア協会設立3周年シンポジウム
    2018年4月14日、「笹川平和財団ビル11階 国際会議場」にて、一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会の設立3周年シンポジウムが開かれました。 今回はこちらのシンポジウムをご紹介します。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    ~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる
    高齢化社会が進む現代において、「地域のつながり」が再重要視されています。 一般社団法人シニアライフマネジメント協会 代表理事の肘井哲也さんは、「人を育てる町づくり」を掲げ、子どもの貧困支援、起業家やフリーランスの活動支援、「いのち」と向き合う数多くのイベントやプロジェクト運営をしています。 本日は、高齢者と、ご家族をトータルにサポートするための、「私のまちのRe(リ)ライフ相談室」の取組みについて、お話を伺いました。
    記事を見る
  • いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    いつ起こるかわからない自然災害、要介護者がいる家庭に必要な備えとは?
    地震や津波、台風などの自然災害はいつどこで起こるかがわかりません。とくに要介護の高齢者がいる家庭では、不安が大きいことでしょう。実際に自然災害が起きてから慌てふためくことのないよう、日ごろの備えや心構えが大切です。
    記事を見る