null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは

高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。
高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

埼玉県川口市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で食事を作ることが困難な単身又は虚弱な高齢者世帯
利用頻度 毎日の夕食 ※夕食のお届けとともに安否確認を行います。
料金 1食400円(事前にチケットを購入していただきます)
問い合わせ先 川口市役所・長寿支援課・支援係【電話:048-259-7652】


千葉県旭市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者および高齢者のみの世帯又は高齢者及び心身に障害のある方のみで構成されている世帯で、老化、傷病等の理由により、食事の調理が困難な65歳以上の高齢者
利用頻度 週3回以内昼食 ※安否確認もあわせて行います
料金 1食300円
問い合わせ先 高齢者福祉課 高齢者班【電話:0479-62-5350】

千葉県木更津市の配食サービス

対象者 家族全員が介護保険制度の要介護者及び要支援者で構成された世帯
利用頻度 週2回昼食
料金 1食250円
問い合わせ先 木更津市 福祉部 高齢者福祉課 計画推進担当【電話:0438-23-2630】

東京都品川区の配食サービス

対象者 高齢者で低栄養の予防が必要とされる方
利用頻度 月曜日から土曜日のうち週2回まで、昼食のみ
料金 1食600円
問い合わせ先 在宅介護支援センター

岡山県倉敷市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者 ・高齢者のみの世帯の人 ・身体障がい者手帳を所持する人
昼間ひとり暮らし又は高齢者のみになる人で、市長が特に必要と認める人
利用頻度 週7日以内(月~日・祝日)昼食のみ
料金 1食360円
問い合わせ先 倉敷市健康長寿課 水島・児島・玉島各社会福祉事務所及び真備保健福祉課

福岡県直方市の配食サービス

対象者 65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯であって心身の衰えや障がいおよび傷病等の理由により調理が困難な人
利用頻度 週6回(月曜日から土曜日)の夕食
※普通食と、治療食(カロリー500キロカロリー、塩分2.3グラム)から選択できる。
治療食を希望の方は申請時にご相談ください
料金 普通食360円 治療食510円
問い合わせ先 直方市役所 健康福祉課 高齢者支援係(地域包括支援センター)【電話:0949-25-2391】

福岡県大野城市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で、ひとり暮らしもしくは高齢者のみの世帯の人。食生活に関して支援が必要と認められる人
利用頻度 毎日 昼食のみ・夕食のみ・昼夜2食から選択できます
※手渡しになります
料金 1食400円
問い合わせ先 すこやか長寿課 地域包括支援センター担当【電話:092-501-2306】

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    男性介護者が追い詰められないために!相談先まとめ
    女性が多いと思われがちな介護ですが、介護者のうち約3分の1は男性だということが分かっています。そして男性介護者による介護殺人、無理心中なども多く報告されるようになっています。なぜ男性は、このような事件を起こしやすいのでしょうか。今回は男性介護者をめぐる現状と、相談先を紹介します。
    記事を見る
  • 【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選
    東京では先週桜が開花し、本格的なお花見シーズンが到来しました。今回は、ご家族と一緒に車椅子の方もい楽しめるバリアフリー化が特徴のお花見スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    家事にもヘルパーを!便利な「家事代行」賢く
    介護疲れで家事が辛い、忙しくて手が回らないなど、誰かに家事を頼みたいときはありますよね。そんなときに便利なのが家事の代行サービスです。介護のサポートは、自治体だけでなく企業の手を借りるのもひとつの手段。ここでは、介護中の家事負担を軽減できる便利なサービスをご紹介します。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症は、原因によっては治癒可能なものもありますが、長く付き合う必要がある病気でもあります。認知症患者は、激しい感情の起伏や物忘れなどの症状を見せ始めます。それによって、本人だけでなく周囲の人々にもイライラが生じることがあります。認知症に伴うストレスにうまく対応するには、どうしたら良いのでしょうか。
    記事を見る