null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは

高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。
高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

埼玉県川口市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で食事を作ることが困難な単身又は虚弱な高齢者世帯
利用頻度 毎日の夕食 ※夕食のお届けとともに安否確認を行います。
料金 1食400円(事前にチケットを購入していただきます)
問い合わせ先 川口市役所・長寿支援課・支援係【電話:048-259-7652】


千葉県旭市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者および高齢者のみの世帯又は高齢者及び心身に障害のある方のみで構成されている世帯で、老化、傷病等の理由により、食事の調理が困難な65歳以上の高齢者
利用頻度 週3回以内昼食 ※安否確認もあわせて行います
料金 1食300円
問い合わせ先 高齢者福祉課 高齢者班【電話:0479-62-5350】

千葉県木更津市の配食サービス

対象者 家族全員が介護保険制度の要介護者及び要支援者で構成された世帯
利用頻度 週2回昼食
料金 1食250円
問い合わせ先 木更津市 福祉部 高齢者福祉課 計画推進担当【電話:0438-23-2630】

東京都品川区の配食サービス

対象者 高齢者で低栄養の予防が必要とされる方
利用頻度 月曜日から土曜日のうち週2回まで、昼食のみ
料金 1食600円
問い合わせ先 在宅介護支援センター

岡山県倉敷市の配食サービス

対象者 ひとり暮らし高齢者 ・高齢者のみの世帯の人 ・身体障がい者手帳を所持する人
昼間ひとり暮らし又は高齢者のみになる人で、市長が特に必要と認める人
利用頻度 週7日以内(月~日・祝日)昼食のみ
料金 1食360円
問い合わせ先 倉敷市健康長寿課 水島・児島・玉島各社会福祉事務所及び真備保健福祉課

福岡県直方市の配食サービス

対象者 65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯であって心身の衰えや障がいおよび傷病等の理由により調理が困難な人
利用頻度 週6回(月曜日から土曜日)の夕食
※普通食と、治療食(カロリー500キロカロリー、塩分2.3グラム)から選択できる。
治療食を希望の方は申請時にご相談ください
料金 普通食360円 治療食510円
問い合わせ先 直方市役所 健康福祉課 高齢者支援係(地域包括支援センター)【電話:0949-25-2391】

福岡県大野城市の配食サービス

対象者 おおむね65歳以上で、ひとり暮らしもしくは高齢者のみの世帯の人。食生活に関して支援が必要と認められる人
利用頻度 毎日 昼食のみ・夕食のみ・昼夜2食から選択できます
※手渡しになります
料金 1食400円
問い合わせ先 すこやか長寿課 地域包括支援センター担当【電話:092-501-2306】

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。
    記事を見る
  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • 【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    【信州・北陸】車椅子で行けるお花見スポット3選
    信越・北陸方面にお住まいの高齢者の方で、お花見をしたいと思っても車椅子で行けるところはない、とあきらめている人はいませんか。調べてみると、バリアフリー対応の花見ができる公園を見つけることができます。今回は信越・北陸地方の車椅子でも快適に花見ができるスポットをご紹介します。
    記事を見る
  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る