null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】

紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。

天守閣からの美しい紅葉を見よう【大阪城公園】

国の重要文化財に指定されている大阪城の周辺にある大阪城公園には、天守閣を背景にサクラの葉やイチョウやケヤキなど、赤く色づく紅葉の美しさを見ることができます。身障者用トイレが、大阪城公園に入ってすぐの所、大手門、天守閣内にあります。天守閣までスロープがあり、天守閣内にはエレベーターがありますので、車椅子で最上階に行き、美しい景色とともに紅葉の展望を楽しめます。大阪城駐車場には、身障者割引のある身障者用駐車場があります。出庫の際、精算機の前で身障者手帳提示により、駐車時間に関わりなく1時間分の料金(350円)で駐車できます。

場所 大阪府大阪市中央区大阪城
紅葉の見頃 11月上旬〜12月上旬

清水の舞台からの紅葉を見よう【清水寺】

世界遺産に登録され、清水の舞台で知られている清水寺の紅葉は素晴らしく、特に約1000本の紅葉を見ることができる舞台からの眺めが最高です。バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けた通りのバリアフリー完備のため、境内や清水寺駐車場東にバリアフリーのトイレがあるだけでなく、車椅子対応ルートや障害者割引も用意されています。車椅子利用であることを事前に連絡すると車のまま特別に境内まで入ることができます。

場所 京都府京都市東山区清水1ー294
紅葉の見頃 11月下旬〜12月上旬

世界の紅葉を楽しめる【神戸市立森林植物園】

世界の樹木や四季の花木など、自然を満喫できる神戸市立森林植物園は、美しい世界の紅葉を散策しながら堪能できます。車椅子対応トイレが駐車場や森林展示館内に6台あり、車椅子の貸し出しも行っています。駐車場から園内への通路は、バリアフリー対応のため段差がありません。車椅子でも安心して園内散策を楽しむことができます。

場所 兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1ー2
紅葉の見頃 11月上旬〜11月下旬

野生の鹿と紅葉を楽しめる【奈良公園】

国の天然記念物に指定され、野生の鹿が生息している奈良公園は、ナンキンハゼやサクラの紅葉と常緑樹の素晴らしさを見ることができます。身障者用トイレは、登大路園地や東塔跡、春日大社参道や高畑駐車場、転害門前駐車場などにあります。また、大仏殿まで1kmの県庁横にある県営登大路駐車場をはじめ、近隣周辺にバリアフリー対応の駐車場があります。スロープなどのバリアフリー対応がされている境内から美しい紅葉を楽しむことができます。

場所 奈良県奈良市春日野町、雑司町、高畑町、登大路町
紅葉の見頃 11月上旬〜12月上旬

美しい紅葉渓【和歌山城西乃丸庭園】

日本三代連立式平山城のひとつである和歌山城にある西乃丸庭園は、江戸時代初期に作庭された紅葉渓として昔から知られています。公園内や和歌山城西乃丸広場、岡口門北側にバリアフリー対応トイレがあります。駐車場は観光バス11台の他、車62台を駐車できる広い駐車場があります。

場所 和歌山県和歌山市一番町3番地
紅葉の見頃 11月下旬〜12月上旬

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    コレで安心!要介護の家族が入院・転院した時によくある悩みまとめ
    大切な家族が入院したら、どうしていいか分からないなんてこと多いですよね。 家族が要介護状態になったときに、困ることや転院の必要性などなど思いもよらないことが起きることもあるかもしれません。 いざ起きてしまってから右往左往するのは避けたいですね。 そのようなときにすぐに対処できるように知っておかなくてはいけないことがあります。
    記事を見る
  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    これから高齢者の仲間入りをする方や、高齢者を親に持つ方は、この社会でいかに健康的に長生きするかを考えなくてはなりません。そのために、老人ホームを探すのも重要ですが、まずは日々の食事に目を向けてみましょう。食事は生きるための基本ですし、それ以上に、食事を楽しむことができれば、毎日3回は幸せに過ごせるようになります。現在、高齢者の食環境をよりいいものにすべく、様々な取り組みが行われていますが、今回は配食サービスが具体的にどのようなものなのか、おすすめめの企業、そして様々な取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る