null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関東】

関東の紅葉は早いところでは10月上旬から見ごろを迎え、12月上旬まで楽しめます。山間部の紅葉スポットもいろいろありますが、アクセスしやすい都心部でも楽しめるところがたくさんあります。今回は、車椅子で紅葉を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。

上野恩賜公園【東京都】

不忍池と緑が美しい都心の公園で、お花見も有名ですが紅葉も綺麗です。紅葉のスポットは上野大仏や清水観音堂周辺にあります。お堂自体はバリアフリーではないため、境内周辺を散策しましょう。不忍の池周辺は平坦な遊歩道が整備されています。園内には車椅子トイレが充実しています。駐車場もありますが、電車でアクセスする場合は、 JR公園口か地下鉄千代田線利用の場合は湯島口が便利です。公園の坂下に出た場合は、横にあるビルUENO3153のエレベーターを使って坂の上に上がれます。都心の高低差のある公園ながら、車椅子の利用がしやすいのが魅力です。

場所 東京都台東区上野公園・池之端三丁目
紅葉の見頃 10月下旬~11月中旬

国営昭和記念公園【東京都】

四季折々の自然を楽しむことができる国営公園です。3か所の入口に計2000台以上の駐車場があり、電車での来園は西立川駅、立川駅を利用可。各入口には無料の車椅子貸出サービスもあります。日本庭園で紅葉を楽しみながら散策できます。また、紅葉と同時に園内のサザンカやコスモス(11月上旬まで)も楽しめます。園内はバリアフリー化が進められ、ほとんどの場所が舗装されていますが、アップダウンのある場所もあるため、車椅子での乗降が可能なパークトレイン (園内バス)を利用することをおすすめします。

場所 東京都立川市緑町3173
紅葉の見頃 10月下旬~11月下旬

奥秩父R140ドライブ【埼玉県】

関越道花園ICから国道140号を甲府方面へドライブして楽しむ紅葉狩りルートです。車に乗ったまま車窓から山々の紅葉が楽しめ、車椅子でも気軽に出かけられます。滝沢ダムの駐車場、秩父湖荒川ふれあいログハウス側、広瀬ダムの展望テラス、大滝温泉とみとみの道の駅などに車椅子用のトイレがあります。

場所 埼玉県秩父市大滝985 (秩父観光協会大滝支部)
紅葉の見頃 10月下旬~11月下旬

成田山新勝寺と成田山公園【千葉県】

成田山新勝寺の境内はバリアフリー化されており、車椅子で境内を散策し木々の紅葉を楽しみながら参詣できます。大本堂もエレベーターがあるので、車椅子で上がれます。また、大本堂の後ろには成田山公園があります。東京ドーム3.5個分(165,000平方メートル)の大庭園で、園内に植えられた花や木が四季を彩ります。紅葉の名所であり、毎年11月中旬から11月下旬にかけては紅葉まつりが開かれます。お寺、公園共に車椅子用のトイレがあります。

場所 千葉県成田市成田1
紅葉の見頃 11月中旬~12月初旬

筑波山ドライブ【茨城県】

筑波山の紅葉は10月下旬山頂(標高877m)から色づきはじめます。筑波パープルライン(県道236号)でつつじヶ丘まで車椅子でも車に乗ったまま紅葉を楽しめるほか、途中朝日峠展望公園の展望台で車を降りれば標高292mの高さからの秋の眺めも楽しめます。喫茶や食事、地元農産物の買い物ができる小野の里はバリアフリー化されています。車椅子用トイレは、展望公園の他、つつじヶ丘、筑波山観光案内所、小町の里などにあります。

場所 茨城県つくば市筑波1222−2(筑波山観光案内所
紅葉の見頃 11月上旬~11月中旬

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • いま介護用品がおしゃれに進化している
    いま介護用品がおしゃれに進化している
    毎日の介護を楽しく行えるように、いま巷ではおしゃれな介護用品が増えてきています。今回は、機能性にもファッション性にも優れた介護用品をご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【中国・四国】
    楽しいGWもそろそろ間近。しかし、車椅子だと出かけるのにも一苦労、ということもあります。そこで、車椅子でも出かけられるおすすめスポットを、中国・四国地方でピックアップしてみました。バリアフリー対応で、ご家族みなさんで出かけられる安心のスポットです。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    「抱きしめて看取る」~マザー・テレサの夢の続き
    日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行し、65歳以上の人口は現在3,000万人を超え(国民の約4人に1人)、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年以降、医療・介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。 今回は、この2025年問題を解決するために「在宅での看取り」の仕組みを構築し「看取り士」を育成する、日本看取り士会代表理事の柴田久美子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    ペッパーくんの介護導入事例まとめ
    2015年に発売され大きな話題となったソフトバンク社が開発したロボット『ペッパー君』。発売から即完売となり、さまざまなところで導入が広がってきています。今回は、介護現場での導入事例についてご紹介します。
    記事を見る