null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編

介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。

※一部、所得によって2割負担となります。

行政サービス例1 配食サービス


高齢者の方向けに、お弁当を定期的に自宅まで届けるサービスですが、同時に安否確認の実施も行ってくれることが多いので、独居の場合には是非利用してもらいたいサービスです。
お弁当はコンビニなどよりも若干安い程度の金額であることが多いですが、バランスが取れた、お年寄りが食べやすい工夫がされているものも多くあります。


行政サービス例2 送迎サービス


リフト付き送迎車や介護タクシーなどを利用できるサービスです。行政によっては行き先が限られている場合もありますが、買い物や友人宅へ行くのにも利用できるサービスを提供している場合もあります。

保険外サービス例3 布団丸洗い


その名の通り、高齢者の方の布団を丸洗い・乾燥してくれるサービスです。利用回数が決められていたり、費用負担もまちまちですが、横になることが多い高齢者の方に、気持ちの良い環境を提供できるサービスです。

まとめ


行政の保険外サービスは、行政によって内容も負担額もさまざまで、他にも以下のようなものがあります。
  • 訪問理美容
  • 家事援助
  • 火災報知機の取り付け
  • 紙おむつ助成や給付
  • ゴミの運びだし
  • 住宅改修支援
  • 公衆浴場の入浴利用券
これ以外にも、思いがけないサービスを提供しているかもしれません。どんなサービスがあるのか調べて、有効に活用してみてはいかがでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    病院からの自宅復帰までをサポートする「老健」って?
    骨折をして入院をすると、すぐに家に戻って以前の生活をするのは難しいですよね。そんなときに利用したいのが、介護老人保健施設(通称:老健)です。どういったサービスが利用できるのか、そのメリット・デメリットを見てみましょう。
    記事を見る
  • 家族と同居のとき、ホームヘルパーは頼めない!?
    家族と同居のとき、ホームヘルパーは頼めない!?
    在宅介護の重要な担い手であるのが、ホームヘルパーです。しかし、同居の家族がいて人手がある場合はヘルパーを頼むことができない場合があるのです。依頼できる条件や内容、どこまで頼めるのか知っておきましょう。
    記事を見る
  • 遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    遠距離介護を続けるために!おさえておきたいポイント
    核家族化が進む中、それに伴い遠距離介護をするケースが増えています。遠距離介護というと通常の介護に比べ、交通費の負担だけでなく心身共に負担が大きいものです。遠距離介護をしていくためにどういった点に気をつけるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    喪失の哀しみを解放する専門家“グリーフ専門士”
    今後の高齢社会に向けて、喪失の悲しみをケアする“グリーフケア”が注目されています。特に介護家族や医療・介護従事者へのケアは社会課題として顕在化することが見込まれ、各大学・研究機関での取組みが進められています。 今回は、大切な人との死別、加齢による身体機能の低下、怪我や病気など、様々な喪失による悲嘆を抱える人が、悲しみとともに自分らしく生きていけるように専門的立場からサポートする一般社団法人日本グリーフ専門士協会代表理事の井手敏郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    加齢による衰え?本当は『フレイル』かも
    フレイルという言葉をご存知でしょうか。ごく簡単にいうと、高齢者が心身ともに弱くなっていく状態をいいます。高齢になれば足腰など弱くなるのが自然ですが、何もしなければ介護が必要な状態になってしまいます。できるだけ早くにフレイル状態に気づいて改善することで、要介護になるのを防ぐことができます。
    記事を見る