null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

ケアマネジャーの仕事内容って何?どこまで頼める?

介護は急に始まることも多く、戸惑うことが多いものです。
そんな中で、介護を必要とする人が在宅での適切なサービスを利用できるように相談に応じたり、関係機関への連絡・調整を行ったりするのが『ケアマネジャー』(介護支援専門員)です。
利用者は、費用負担なしでケアマネのサービスを受けることができます。
ケアマネがどんなことをしてくれるのかを理解し、ケアマネと協力し合って満足のいく介護サービスを受けましょう。

ケアマネの仕事とは?


ケアマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、主な業務を大きく分けると下記2つになります。
1.適切なケアプランの作成
2.利用者の経過観察

ケアマネの仕事その1『適切なケアプランの作成』


ケアプランとは、介護サービス計画です。どのサービスをいつ受けるのかなどを、利用者の状況に合わせて決定します。
適切なケアプランを作成するために、ケアマネは以下のようなことを行います

アセスメント

ケアプランを立てるために、現状の生活における問題点(課題やニーズ)を把握することを、課題分析(アセスメント)といいます。

サービス担当者連絡会議

ケアプラン決定のための話し合いのことです。ケアマネの立てたプラン原案をもとに、関わる予定のサービス担当者を集めてプラン内容の確認・検討を行います。本人や家族も参加します。
サービス担当者会議は、利用者の状態像の変化などにより、ケアプランを変更する際にも開きます。

このように、ケアマネは利用者や家族の相談に乗ったり、関係者との調整を行いながら、利用者にとって適切なケアプランを完成させる役割があります。


ケアマネの仕事その2『利用者の経過観察』


ケアプランが決定し、そのプラン通りのサービス提供が開始された後も、ケアマネは利用者の経過を観察(モニタリング)し続けます。
そのためケアマネは「少なくとも毎月1回は利用者の居宅を訪問すること」とされています。

訪問時には
  • サービスはしっかりと提供されているのか
  • サービスが利用者に合っているのか
  • 利用者の状態に変化はないのか
  • 利用者ご本人やご家族は、サービスに満足されているのか
などを確認し、必要に応じてケアプランの変更もおこないます。

もちろん訪問時以外にも、利用者の介護サービスに関する相談にのります。

まとめ


ケアマネは利用者とのやり取り以外にも、給付管理業務や要介護認定代行などの業務もあり日々忙しい方が多いです。
それでも、介護の知識が豊富でプロの資格を持っていますので、相談しながら介護を円滑に進められるよううまく連携をとっていきましょう。


※参考ページ
ケアマネージャーの選び方
ケアマネジャーを変更したいとき

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る