null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子で気を付けるべき、よくあるヒヤリハットまとめ

みなさんは車椅子の操作時、転倒しそうになるなどヒヤッとしたことはありませんか。今回は現役のデイサービス職員に聞いた車椅子操作時のよくあるヒヤリハットを場面別にご紹介します。日頃よく操作をする介助者のかた、これから初めて使用される方など、ぜひ操作時の参考にしてみてください。

室内でのヒヤリハット

移動時に、利用者が手を伸ばして手すりなどに捕まってしまい、腕を痛めてしまう。

どこまで移動するのか利用者と介助者の認識に相違がある場合によくあるケースです。移動前にどこまで移動するのか介助者から利用者に声をかけるようにしましょう。
また、行先の認識にかかわらず、移動中に、目についた手すりにパッと手が伸びてしまう事もありますので利用者の急な行動に注意が必要です。

テーブルや、洗面台に移動するとき、フットレスト(足乗せ)に足を乗せた状態で膝の高さ確認を怠り、膝をぶつけてしまう。

膝と障害物の位置の確認をきちんとすることはもちろん大切ですが、外出先の施設などいつも利用しない場所では特に注意が必要です。
また同様のシチュエーションで車椅子の手すりに置いた手が、テーブルとの間に挟まり、ケガをする場合もあるので気を付けましょう。

外でのヒヤリハット

車椅子のまま車に乗り、車から降りる際、車椅子を乗用車に固定するベルトが外れており、背部ドアを開けると同時に後ろに車椅子が飛び出し、そのまま後ろ向きに倒れてしまう。

このケースで転倒してしまうと大けがになりかねませんので大変危険です。乗車時、ベルトの固定をしっかりしたか必ず確認しましょう。乗車時に介助者が複数人いる場合は、第三者として乗車時に気を付けるポイントをいくつかチェックしてもらうことも有効です。

歩道を移動中、駐車場出入口などの傾斜に気付かず、横倒しに転倒。

こちらは転倒時、車などが通ると交通事故に発展する危険なケースです。走行している少し先に傾斜はないか注意しながら操作しましょう。

室内外共通のヒヤリハット

車椅子での移動時に、足がフットレストから落ちてしまい、爪先を引きずってしまったり、足を車椅子に巻き込みそうになる

足首の骨折、爪先のケガにつながります。あらかじめ車椅子に付属しているレッグサポート※を必ず取り付ける、走行前に声をかけて確認するなどの対策を行いましょう。
※レッグサポート フットレスト付近に付いているかかとを固定するもの

ブレーキに手を掛けていなかったため、とっさのブレーキングが間に合わず、ヒヤリとする。

急ブレーキが間に合ったとしても、利用者が前のめりになって転倒しそうになるケースもありますので、なるべく急な減速をしないように心がけましょう

ブレーキを掛けずに介助者が車椅子から離れてしまい、傾斜に沿って自然と動き出し、転倒。

傾斜が無い場所でも介助者が車椅子から離れる場合、必要があればブレーキをかけることが大切ですが、傾斜のある場所では特に気を付けるようにしましょう。

車椅子から降りていただく時、フットレストを上げ忘れ、利用者がフットレストに体重を掛けて立ってしまい、前倒しに転倒。

フットレストと足の位置をたびたび確認する必要があります。
利用者が少し高い位置にあるものを取ろうとして足下に注意が行かず、同様に転倒してしまう危険性がありますので、フットレストから足を下ろすことを習慣化するようにしましょう。

車椅子で生活する際に便利なグッズを過去にまとめておりますので、よければ参考にしてみて下さい。

https://mamoria.jp/clip/20150925/kurumaisugoods

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選
    まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選
    もうすぐ始まるシルバーウイーク、もう予定は決まりましたか?シルバーウイークといえば「敬老の日」です!今回は今からでも間に合う敬老の日のプレゼントをご紹介します。プレゼント予定の無かった方もこの機会に検討してみてください。
    記事を見る
  • 音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?
    認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • 正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    正しい使い方を!介護ベッドまわりの事故事例まとめ
    在宅介護の増加に伴い、家庭での電動式介護ベッドの利用が多くなっています。しかし、誤った使い方による重大な事故が発生しています。今回は介護ベッドの事故事例をまとめました。
    記事を見る
  • ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    ポイント解説!アルツハイマー型認知症の初期症状と特徴
    アルツハイマー型認知症は、予備軍である軽度認知症からやがて発症へと至り、進行する病気です。治療で進行の抑制は可能ですが、完治はせず早期の発見が重要になります。しかし初期症状では、本人が物忘れを周囲に気付かれない様カバーする場合が多く、発見し難いのが一般的です。重症化させないためにも初期症状を家族や周囲にいる人が見落とさない様にしましょう。ここではアルツハイマー型認知症の予備軍であるMCIや、初期症状、特徴について紹介します。
    記事を見る