null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】

介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。

介護食を提供するレストランが少しずつ増えています


「家族とお出かけして美味しいものを食べる」、外食はいつもと違ってうきうきする楽しいものですよね。しかし、高齢者になり噛んだり飲み込んだりする力が衰えてしまったり、体が不自由になったり車椅子生活になったりと、そういう楽しみを諦めてしまっている高齢者が多いのが実情です。高齢者を介護する家族にしても、そんな高齢者をひとりで置いては行けないからと、外食はなかなかしづらくなっています。「孫や子と外食したい」、「おじいちゃん(おばあちゃん)と前みたいに外食したい」、そう思う高齢者やその家族の願いに答えようと、最近増えてきている介護食を提供するレストランをご紹介します。

中華レストラン「 風の音」(神奈川県横浜市)

介護事業を行っている会社が運営母体の中華レストランです。本場上海育ちの料理長が手がける本格派中華料理は単品メニューからコース料理まであります。介護食が必要な高齢者の方には「特別メニュー」を用意しており、ご家族と一緒に楽しめます。高齢者向けは量を少な目にしたり、辛みを抑えたりと工夫をしており、一口大、刻み食、ミキサー食と形状もリクエストに応じて対応してくれるので事前に相談してみましょう。相鉄本線「三ツ境」駅下車徒歩11分。駐車場は9台あり、店内はバリアフリーですので車椅子でも安心して利用できます。

住所 神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境159-10
TEL 045-369-0522
営業時間 10:30~15:00 、17:00~21:00 水曜定休


レストラン モン・ラパン(茨城県笠間市)

地元で採れる海の幸、山の幸を活かして作るフランス料理を提供しているフレンチレストラン「モン・ラパン」。ここには糖尿病腎臓疾患の方のための低カロリーメニュー“楽食”があり、嚥下機能の弱った方には7日前までに予約すれば嚥下食コースも用意してくれます。カロリー制限はあるかなど、細かい条件を確認してメニューを作ってくれます。落ち着いた雰囲気の店内はバリアフリーで、団体用の個室もあります。

住所 茨城県笠間市笠間1150
TEL 0296-73-0020
営業時間 11:30~14:30、17:30~20:30 毎週火曜、第1月曜定休


レストラン食楽工房(静岡県浜松市)

西洋各国料理レストランの食楽工房は、遠州のめぐみ、丹精込めて作られた地場産の材料で一般客はもとより、高齢で介護が必要な方も一緒に楽しく食事ができるレストランです。介護食士の資格を持ったスタッフが、ひとりひとりのからだの状態に合わせ、ゼリー状、ペースト状などの嚥下食、減塩食、アレルギー対応食を提供していますので、事前に相談・予約をしましょう。駐車場は23台分あり、大型バス、マイクロバスの駐車も可能です。また、店内はユニバーサルデザインとなっており、車椅子でも安心して利用できます。

住所 静岡県浜松市北区細江町気賀2551番地の203
TEL 053-522-5312
営業時間 11:30~14:30、17:30~21:00(ラストオーダー 20:30) 火曜定休


家族で外食してみよう


今回取り上げたところ意外にも介護食対応をしているレストランはあります。全国的にはまだまだ数少ないのが現状ですが、介護食だからといって外食をあきらめず、お住まいの近くに対応しているレストランは無いか探してみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    早めの対策が吉!64歳以下の若年性認知症の症状と予防方法
    若年性認知症とは64歳以下で発症する認知症の総称です。働き盛りの年齢で発症するため、高齢になってから発症する認知症と比べ、社会や家庭において問題を抱えることが少なくありません。また仕事の疲労やうつといった症状の可能性などを考えてしまい、発見が遅れてしまうことも多く、そのため診断が遅れてしまうことの多い病気です。高齢者に多く発症する認知症は女性が多いことに対し、若年性認知症は男性に比較的多いのが特徴です。しかし女性でも発症の可能性がないとはいえません。特に専業主婦の場合は症状に気づきにくく、症状がかなり進行してから判明するといったことも少なくありません。若年性認知症を予防するために、その症状についてよく知るとともに、普段の生活からできる予防方法について見ていきましょう。
    記事を見る
  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • 動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化を予防!食事で注意すべきポイントをご紹介
    動脈硬化は血管の老化現象とも呼ばれます。血管は普段目に見えない部分ですので、意識することは少ないかもしれません。しかし、血管も確実に老化現象が進んでいるのです。今回は血管年齢を若返らせることができる方法をご紹介します。
    記事を見る