null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!

認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。
そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。

どうして徘徊するの?徘徊の原因



認知症の方が絶えず歩き回っている様子を見ると、何の意味もなく歩き回っていると思うかもしれませんが、多くの場合は目的を持っています。
もちろん目的なく歩く場合や、何もやることが無く退屈なため出歩くといった徘徊もあります。

探し物がある・場所を探している

家の中で歩き回っている場合、行きたい部屋が分からなくなって探したり、何かを探しているのにどこにしまってあるのか分からず探し続けるといった行動が挙げれられます。外に出かける場合は、昔住んでいた家や勤めていた職場へ行くなど思い出のある場所に行こうとする行動が見られます。

せん妄による徘徊

せん妄とは、意識障害が起こり、頭が混乱した状態になることです。幻覚を見たり強い不安に襲われたりして家を飛び出すように出て行ってしまうケースがあります。

もの忘れによる徘徊

買い物をしようと家を出たのにお店や自宅の帰り道を忘れてしまうケースや、途中でそもそもの目的を忘れてしまって歩き続けるケースがあります。

いる場所が退屈なため出歩きたくなる

日中やることがなく時間を持て余していたり、居心地が悪い場合に外出するケースがあります。

徘徊によるまわりへの影響とは



認知症の方の行方不明者はなんと、年間1万人にも上るといわれており、認知症の高齢者を持つ家族としては、他人ごととは思えない事実ですね。
もっとも家族として心配になるのは、徘徊による事件や事故です。
認知症になると周りへの注意力が弱くなってくるため、車が来ていても道路の真ん中を歩いたり、電車が来ているのに線路内に入ったりして、事故に遭いやすくなってしまいます。また夏の炎天下では、脱水になってしまう事もあります。徘徊はご本人にとっては命に関わる場合があり、家族にとっては心身共に大変負担となり、適切な対応が必要となります。
これから具体的な対策をいくつかご紹介します。事件・事故に繋がらないよう、しっかりとした対策をとっていきましょう。

徘徊行動への対策 基本編


怒ることや直接止めることは逆効果

例えば、家の中の徘徊で怒られ、外へ飛び出してしまう事もあり、また怒られた嫌な場所だから自分の家ではないと、外へ探しに出るというようになってしまうケースもあります。また、興奮状態のところ止めに入ると逆上してさらに興奮する場合もあるので注意が必要です。

徘徊する目的を理解する

徘徊行動が見られ始めたら、本人の話すことに耳を傾けて共感したり、出かけようとする時間帯や方面などと過去の職歴や生活歴と照らし合わせて目的を探ってみましょう。

日中やることを与える

家でじっとしているのは認知症の方だけでなく誰にとっても嫌なもの。デイサービスを利用したり、何か趣味を見つけて作業をしてもらうだけでも徘徊が落ち着くこともあります。

徘徊行動への対策 外編



  • 玄関のカギは手の届かない場所、また名前や住所がわかわるものをつねに身につけさせておく
  • 近所の人・お店・交番、民生委員にも連絡しておく
  • 夜でも車から発見しやすいよう明るめの服を身に着ける、ライトで反射するよう反射素材のものを身に着ける
  • 小型GPS機能付きの器具を身に着ける
  • 玄関にセンサーや音のなる器具をつけておく
  • 自治体で徘徊者を発見する取り組みをしている場合があるので問い合わせてみる
  • 怪我や病気防止のため、最低限でも靴をしっかりはいてもらう。冬場はコートなどを着てもらう

まずは寄り添って


徘徊は家族にとって精神的にも肉体的にも負担が大きいと思いますが、そもそも外を歩くこと自体は、高齢者の筋力低下の防止やストレス発散にも非常に良いこととされています。毎日の介護に追われる中、時間を確保することはとても難しいですが、短時間でも一緒に歩いて会話をしたり、自然に触れると興奮状態や不穏状態が和らぐ場合があります。その際は、安全や天気・気温にあった服装に気を付けましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    【PR】認知症予防の現場でも活躍中!臨床美術士とは?
    絵を描くことで認知症の予防・改善に繋がる「臨床美術」が注目を浴びています。本日は臨床美術士養成講座を開講している株式会社芸術造形研究所・代表取締役西田様、彫刻家・NPO法人日本臨床美術協会常任理事・蜂谷様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る
  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る