null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは

ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。
今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。

異世代ホームシェアとは?



異世代ホームシェアとは高齢者と若者が高齢者の持つ家で同居する居住スタイルのことで、貸す側も借りる側も一人で生活できる(介護などが必要ない)ことを前提として行うもので、どちらか一方が依存してしまったり、負担になったりすることはありません。スペインでスタートし、その後ヨーロッパでは定着したスタイルとなっています。日本では東京を中心にいくつかの活動団体がームシェアをコーディネートする活動をしています。

高齢者にとってのメリットは?



異世代ホームシェアにおける高齢者にとってのメリットは、一人暮らしの不便さから解放されるということです。ゴミだしや古紙回収というように、生活の中で力仕事をしなければならない場面は必ずおとずれます。そのような時、若者が一緒に住んでくれていれば、力仕事を代わりにやってもらえるので、かなり楽になります。また若者がいることで新鮮な気持ちをかんじることができ、孤独を感じずに済むという効果も見られています。

大学生にとってのメリットは?



大学生にとってのメリットは何と言っても家賃が安く済むところです。高齢者が一人暮らししている家を間借りする形になりますので、普通のルームシェアや一人で部屋を借りるよりも家賃を安価におさえることができます。大学から近い場所で異世代ホームシェアができれば、通学時間を短くすることもでき、空いた時間をほかの活動に利用できるというメリットもあります。

実際に異世代ホームシェアをした高齢者の感想

実際に近くの大学に通う大学生と異世代ホームシェアをした高齢者の中には、新しい息子や娘ができたようで毎日が楽しくなった、と幸せそうに語る人がいます。最初は他人が自分の家にいることに違和感もあった、と語る人もいますが、そのような人も時間が経てば、家族が増えたようだと感じるようです。また、頼りにするだけではなく頼られることも多く、世話がかかると感じる一方、それが懐かしいと同時に嬉しいと思う高齢者の方が多いようです。

実際に異世代ホームシェアをした大学生の感想

実際に高齢者と異世代ホームシェアをした大学生は、最初は少しプレッシャーもあったと言います。高齢者と一緒に住むわけですから、介護などをしなければならなかったり、怒られたりすることもあるのかな、と思っていたようです。しかし、実際に生活を始めてみると、何かお手伝いをすることはあっても介護をする必要はなく、一緒に料理をするなど、おじいちゃんと孫のような関係になれたようです。また、つかず離れずという、絶妙の距離感が良かったと語る人も多いです。

「おためし居住」で気軽に始めることができます



異世代ホームシェアのメリットを理解できたとしても、実際に本当にそのようにうまく生活できるのかと不安に感じる人も多いはずです。そのような場合には、おためし居住というシステムがあります。実際に、期間限定で異世代ホームシェアを行ってみるのです。高齢者としても大学生としても、このシステムがあれば安心して始めることができるのではないでしょうか。親が一人暮らしをしていて何かと不安という人も、一度、異世代ホームシェアを考えてみてはいかがでしょうか。

今後の広がりに期待

核家族世帯が増えている今、親が一人暮らしをしていて不安だが、自分には仕事も家庭もあって常に見守るのは不可能というケースも年々増加しています。その不安を解消する新たな一手としてますます需要が高まるかもしれませんね。高齢者の独居問題を解決する取り組みとしても、今後の全国的な広がりに期待したいと思います。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る
  • 終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント
    終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント
    有料老人ホームをはじめとする介護施設は、高齢者にとって「終の棲家」となる場所です。それだけに、介護施設を選ぶことは簡単なことではありません。介護施設を選ぶ際は実際に見学してどんなところなのかを体験してみることが大切です。
    記事を見る
  • 終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【関西】【癒やし】
    もうすぐGWがやってきます。どこにお出かけしようか考えている方も多いでしょう。中には、車椅子で出かけられるスポットはないだろうかと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、関西の車椅子OKのスポットを紹介します。この記事を参考にして、車椅子の方も含めご家族でGWを楽しんでください。
    記事を見る