null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者と大学生でルームシェア?異世代ホームシェアの魅力とは

ホームシェアといえば、若者が友人や知らない人と家賃を負担しあい、一緒に暮らすというイメージがありますが、異世代ホームシェアという言葉はまだまだ認知されていません。
今回は日本でも広がりを見せつつある異世代ホームシェアについてご紹介します。

異世代ホームシェアとは?



異世代ホームシェアとは高齢者と若者が高齢者の持つ家で同居する居住スタイルのことで、貸す側も借りる側も一人で生活できる(介護などが必要ない)ことを前提として行うもので、どちらか一方が依存してしまったり、負担になったりすることはありません。スペインでスタートし、その後ヨーロッパでは定着したスタイルとなっています。日本では東京を中心にいくつかの活動団体がームシェアをコーディネートする活動をしています。

高齢者にとってのメリットは?



異世代ホームシェアにおける高齢者にとってのメリットは、一人暮らしの不便さから解放されるということです。ゴミだしや古紙回収というように、生活の中で力仕事をしなければならない場面は必ずおとずれます。そのような時、若者が一緒に住んでくれていれば、力仕事を代わりにやってもらえるので、かなり楽になります。また若者がいることで新鮮な気持ちをかんじることができ、孤独を感じずに済むという効果も見られています。

大学生にとってのメリットは?



大学生にとってのメリットは何と言っても家賃が安く済むところです。高齢者が一人暮らししている家を間借りする形になりますので、普通のルームシェアや一人で部屋を借りるよりも家賃を安価におさえることができます。大学から近い場所で異世代ホームシェアができれば、通学時間を短くすることもでき、空いた時間をほかの活動に利用できるというメリットもあります。

実際に異世代ホームシェアをした高齢者の感想

実際に近くの大学に通う大学生と異世代ホームシェアをした高齢者の中には、新しい息子や娘ができたようで毎日が楽しくなった、と幸せそうに語る人がいます。最初は他人が自分の家にいることに違和感もあった、と語る人もいますが、そのような人も時間が経てば、家族が増えたようだと感じるようです。また、頼りにするだけではなく頼られることも多く、世話がかかると感じる一方、それが懐かしいと同時に嬉しいと思う高齢者の方が多いようです。

実際に異世代ホームシェアをした大学生の感想

実際に高齢者と異世代ホームシェアをした大学生は、最初は少しプレッシャーもあったと言います。高齢者と一緒に住むわけですから、介護などをしなければならなかったり、怒られたりすることもあるのかな、と思っていたようです。しかし、実際に生活を始めてみると、何かお手伝いをすることはあっても介護をする必要はなく、一緒に料理をするなど、おじいちゃんと孫のような関係になれたようです。また、つかず離れずという、絶妙の距離感が良かったと語る人も多いです。

「おためし居住」で気軽に始めることができます



異世代ホームシェアのメリットを理解できたとしても、実際に本当にそのようにうまく生活できるのかと不安に感じる人も多いはずです。そのような場合には、おためし居住というシステムがあります。実際に、期間限定で異世代ホームシェアを行ってみるのです。高齢者としても大学生としても、このシステムがあれば安心して始めることができるのではないでしょうか。親が一人暮らしをしていて何かと不安という人も、一度、異世代ホームシェアを考えてみてはいかがでしょうか。

今後の広がりに期待

核家族世帯が増えている今、親が一人暮らしをしていて不安だが、自分には仕事も家庭もあって常に見守るのは不可能というケースも年々増加しています。その不安を解消する新たな一手としてますます需要が高まるかもしれませんね。高齢者の独居問題を解決する取り組みとしても、今後の全国的な広がりに期待したいと思います。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • いよいよ開始!マイナンバーが介護に及ぼす影響とは?
    いよいよ開始!マイナンバーが介護に及ぼす影響とは?
    いよいよ2015年10月からマイナンバー交付がはじまりました。今月から一斉にマイナンバーの通知がはじまります。今回はマイナンバー導入により現在の介護の現場がどのように変わるのかまとめました。
    記事を見る
  • グループホームの特徴と選び方のポイント!
    グループホームの特徴と選び方のポイント!
    現在、日本は4人に1人がお年寄りといわれている、超高齢化社会に突入しています。そんな中、親御さんや親戚の将来を考え始めた人も多いのではないでしょうか。今は一人暮らしができていても、5年後、10年後を考えた時、どうしても介護が必要になってしまうでしょう。自宅に介護人を呼ぶ、デイサービスを受けるなどの方法もありますが、自立した生活が難しい場合は、介護施設を利用するのが一般的になっています。そんな中、従来の老人ホームとは一風変わった、グループホームという施設が注目されています。しかし、聞いたことはあっても、グループホームとは具体的にどのようなものなのか、何に注意をして選ぶべきなのか、わからない方も多いのでは?そこで今回は、グループホームの特徴とメリット、デメリットを紹介したうえで、選び方も紹介します。
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る
  • 親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    親孝行がしたいあなたにご紹介!介護付き旅行にバリアフリー温泉!
    温泉旅館やホテルが、高齢者や障がい者が利用しやすいようバリアフリー対策をしている宿泊施設のことをバリアフリー温泉と呼びます。バリアフリー温泉では、麻痺がある方や車椅子をお使いの方でも温泉を楽しむことができます。今回はそんなおすすめのバリアフリー温泉をご紹介します。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る