null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

STEP2 介護はどこでする?
自宅で介護か施設入居か、
どちらにするか方針をきめよう

介護を始めるとき、どこで介護をするかによってその後の生活や費用がまったく違います。
まずは、在宅介護をするか施設入居にするかどちらか決めましょう。
ここでは、在宅介護と施設入居の違いについて説明します。
在宅介護 施設入居
特徴 自宅で暮らしながら色々な介護サービスを利用して介護するもの。 自宅に訪問してくれるサービスや自分から施設に行って利用するもの、 住宅改修や福祉用具の貸与などもある。 施設に入居しながら介護や支援を受けるもの。 施設によって介護が中心のもの、治療が中心のものなど お世話の仕方が異なり、入居対象者の条件も異なる。
コスト サービスの利用量や頻度によるが、 一般的には施設入居よりはかかる費用は少ない。 施設によってまちまち。
ポイント 介護する家族にとって心身ともに負担になることがあるので、 サービスを上手に利用して負担を軽くしながら進める工夫を。 また在宅介護ではケアマネがキーパーソンとなるので しっかり選定しましょう
ケアマネの選び方について
介護を受ける側にとって新しい生活環境は 精神的な負担が大きいため、 状態や正確に適した施設を選ぶこと。
5件程度は実際に見学したり体験入居するとよい。

どちらを選ぶか

介護をうける人の希望や心身の状況、介護する側の負担、 どこまで介護ができるか、 金銭的な余裕があるかなど、現状を整理し、総合的に判断しましょう。