null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

3.まず事前にチェックすること

ケアマネジャーに条件を伝えて相談すれば、おすすめのデイサービスを教えてくれます。
しかし、どんなところをチェックすべきかについては、自分たちでも理解しておくことが重要です。
また、利用を開始した後、デイサービス側にサービス内容の変更を要望してもなかなか受け入れられないものです。どのような方針でサービスを提供しているのかを把握したうえでデイサービスを選択しましょう。


デイサービス選びのチェックポイント

デイサービスを選ぶ際、まず事前に確認するポイントをまとめます。

【人数の規模】

一般的なデイサービスでは一度の利用者が30人前後です。
小規模なら10人程度、大規模だと50名程になるので、雰囲気はかなり違ってきます。
利用する方の性格に合わせて、選ぶといいでしょう。

例えば、大規模の場合はたくさんの友人ができたり、さまざまなレクリエーションから選択できたりするメリットがある一方、おとなしい性格の方だとなかなかなじめないかもしれません。小規模であればアットホームな雰囲気ですが、人間関係で一度うまくいかないことがあると通いづらくなるかもしれません。
それぞれメリット・デメリットがありますので、どちらに向いているのか、利用する方の性格や好みで決めましょう。


【利用できる曜日・時間】

利用できる曜日、利用時間も、デイサービスによって違います。
デイサービスは家族の方と協力し合いながら通うことになるので、利用できる曜日や時間を確認する必要があります。
平日で、朝9時から夕方5時くらいのデイサービスが一般的ですが、後に出てくる延長などが可能なデイサービスもあります。

【費用】

利用料金についてはホームページなどに記載されていることも多いので確認しましょう。そもそも、デイサービスの料金がどのような仕組みになっているかは、『2.デイサービスの料金について』を参考にしてください。

目安としては、半日の場合は約500円~1,000円/1回、1日(9時から17時)の場合は約1,000円~2,000円/1回となります。
※自己負担1割で計算しています。

【延長・宿泊サービス】

デイサービスは日中、決まった時間に介護サービスを提供する場ですが、ご家族の事情などにより、延長や宿泊を依頼したい場合があります。そういった場合に、延長や宿泊を受け入れているデイサービスもあります。
しかし、デイサービスの宿泊に関しては明確な基準がなく、事故の報告などもあったため、一時期問題になりました。

ただ、利用者から見たときには通いなれたデイサービスに宿泊できるサービスがあると、とても助かる一面もあります。


自宅で介護する場合に、そのようなサービスを利用する可能性があるかどうか、事前によく考え、選択するデイサービスに延長や宿泊サービスが必要かどうかを検討し、もし必要なのであればどのような宿泊サービスを実施しているのか、きちんと事前に把握しておくことが必要です。

【入浴】

要介護者にとって、入浴は大変な作業であることが多く、介助する側にとっても同様です。
家族の負担を軽減するという意味では、デイサービスで入浴できるかどうかもチェックポイントの一つかと思います。短時間のデイサービスでは入浴を実施していない場合も多いので、確認してください。
また、施設にどのような浴槽があるのか、どんな介助が受けられるのかを事前に把握しておきましょう。
入浴を介助する機械もありますが、認知症の方などはこの機械での介助を嫌がる方もいますので、注意が必要です。

【食事】

食事の内容は、デイサービスによって様々です。手作りのところもあれば、宅配のお弁当を利用しているところもあります。
食事の調理方法もどこまで対応してくれるか、きちんと事前に確認をしましょう。

【その他】

送迎・・・送迎があるデイサービスがほとんどですが、念のため確認しましょう。
レクリエーション・・日中、どんなことをやって過ごしているのかを確認しましょう。

続いて、4.見学時のチェックポイントをチェック

デイサービスを地図で探してみましょう

デイサービスを地図検索

目次

  1. そもそもデイサービスとは
  2. デイサービスの利用料金
  3. まず事前にチェックすること
  4. 見学時のチェックポイント
  5. デイサービスとのコミュニケーション
  6. デイサービスは変えられる?