null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点

車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。

フットレストで転倒する恐れが!切り傷や擦り傷の原因にも


車椅子についているフットレストとは車椅子に座る人の足を乗せる部分のことですが、フットレストは車椅子の下方にあるため、注意が行き届きにくい部分でもあります。その起こりやすい事故の1つが「転倒」。要介護者を乗せて目的地まで到着した時、フットレストをあげるのを忘れていたために、要介護者が床や地面でなくフットレストの上に立ってしまい、そのまま前に転倒してしまうといったケースが散見されています。

また、要介護者をベッドなどから車椅子に乗せる時にも事故が起こっています。フットレストには角や突起物などがあるため、足に擦り傷や切り傷ができてしまう原因となるのです。特に皮膚が弱い高齢者や要介護者である場合、ちょっと足が当たっただけでも長引く怪我の原因となってしまう恐れがあります。

他に、足がフットレストの後方に滑り落ちて車椅子と地面との間に挟まってしまったり、左右のフットレストの間に足がはまってしまったりといったことが原因で骨折をしたという例も少なくありません。

車椅子を選ぶ時はフットレストを要チェック!


意外と事故につながりやすいフットレスト。これから車椅子の購入やレンタルを検討している方は、フットレストの部分もしっかりチェックすると良いでしょう。

要介護者が自力で立ち上がることができる場合や自分の足で漕いで使用することを希望する場合は、フットレストが取り外しできるものやフットレストの部分だけを上げた(たたんだ)状態にできるもの、フットレストを左右に動かすことができるものが適しています。また、高さの調節も大事です。フットレストの位置が高いと膝を大きく曲げる必要がありますし、逆に位置が低いと足がフットレストにしっかり届かずにサポートできない状態になってしまいます。ポイントとして、要介護者の太ももが座面に軽く触れ、かつフットレストの位置を床から5センチ以上離すことができるものを選ぶと良いでしょう。

関節の不調や骨折など膝をできるだけ曲げたくない方や伸ばしたままにしておきたい方には、角度を自由に調節できる機能がついているフットレストもあります。

介助時はフットレストに気を使い、事故を未然に防ぎましょう


要介護者を転倒や骨折などの怪我から守るため、介護の際はフットレストにも気を配る必要があります。まずはフットレストの位置や角度をきちんと調節してあげましょう。足をきちんとフットレストに乗せることで、フットレストから足が滑り落ちたり、移動中に左右のフットレストの間に足が挟まったりする危険性を回避できます。

また、車椅子で目的地に到着した場合は、要介護者がフットレストの上に立ち上がったりしないように速やかにフットレストを上げたり、左右に動かしたりしましょう。ベッドから車椅子に移動をさせる時もフットレストへの気遣いが必要です。足がフットレストに当たり傷ができないように、足をしっかり支えたり、フットレストを左右に動かしておいたりするといった点に注意すると良いでしょう。フットレストにカバーをつけておくのもおススメです。

目が届きにくいフットレスト!事故に繋がることを忘れないで

フットレストは要介護者の足を守るために必要不可欠な部分です。しかし、使い方を間違えると骨折や転倒、切り傷などさまざまな事故の原因になってしまいます。フットレストは車椅子の中でも下方にあるため他の部分に比べると注意をしにくいかもしれませんが、要介護者を事故や怪我から守るために気を配るよう心掛けましょう。

最新記事を受け取る

併せて読みたい記事

  • シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    シニアの幸せとともに。社会的な大家族をつくる
    2000年にWHO(世界保健機関)が「健康寿命」という概念を提唱しました。 それ以降、各国では数々の取り組みが推進され、日本においても定年を迎え、豊かな経験を持つアクティブシニアが健康に過ごすために、様々な取組みが行われているようです。 今回は、定年を迎えた後のシニアが社会で豊かに活躍出来る「グランドシッター養成認定講座」を主催する株式会社BOA代表取締役武市様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症でも仕事ができる!仕事をするためのコツ
    認知症と聞くと、何もかも忘れてしまうのではないかと思ってしまいがちですが、初期から重症化するまでには期間があります。「認知症=何もかも忘れてしまう、何もかもができなくなってしまう」ということではありませんので、初期段階で軽度の認知症であれば、十分に日常生活はできますし、仕事を続けられる可能性があります。
    記事を見る
  • プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    プロと一緒に片づける。「お部屋とココロの整理収納アドバイス」
    平成26年度「高齢者の日常生活に関する意識調査」では「自分や配偶者の健康や病気への不安」が、最も多く67.6%を占めています。 具体的な不安の内容は、「体力の衰え」が62.2%、「認知症」が55.0%と続きます。 体力があるうちに、自分流儀の心地良く暮らせる環境作りをしておくことが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上に繋がるかもしれません。 今回は、対話重視のお片づけサービスを提供する、トトノエトトノウ代表、「お部屋とココロの整理収納アドバイザー」オオタニナオコさんにお話を伺いました。
    記事を見る