null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

大分県の70歳の男性が自らの介護経験を生かして”認知症予防カルタ”を作成

認知症に対する不安は、高齢者の大きな悩みの一つではないでしょうか?何か予防策はあるのでしょうか?その予防を考えたグッズが、実体験をもとに作成されました。今回は、介護経験を活かして作成された『認知症予防カルタ』についてまとめました。

70歳代の男性が“認知症予防カルタ”を作成

認知症はトレーニングすることで予防できます。最近、大分県の佐伯市に住んでいる70歳代の男性が、何か認知症を予防できる楽しいグッズは作れないものかと考えて、”認知症予防カルタ“を作成しました。カルタを読むことと、カルタを取るために体を動かすことで、心と体の運動になり、認知症の予防になると地元を中心に話題になっています。

自分の母を介護することで、カルタを思いついた

この認知症予防カルタは、大分県の佐伯市に住む70歳代の男性が考案して作成したものです。認知症の母親を在宅介護した経験が生かされています。認知症にかかった母親は、入れ歯が痛いといい入れ歯を外したことをきっかけに短期間で認知症が進行しました。そのことから、食べ物をしっかりとかむことと、定期的に運動を行うことが認知症の予防には重要なことだと気づいたそうです。その結果思いついたのがカルタなのです。

カルタの内容はオリジナルでユニーク

カルタに記載された内容は、作者がオリジナルで考えたもので、その内容はとてもユニークです。”わからない 覚えられない 認知症”など認知症の症状を表現して注意喚起を行うものや、”さあ歩け 認知症予防の第一歩”、”鶴は千年 かめば万年成年だ”、”理屈などいわず せっせと歯を磨く”、”ヒマだから 寝るばかりでは 認知へ進む”など認知症の予防に関する言葉などが記載されていて、楽しく認知症の知識が広められます。

佐伯市中心に配布され広まりつつある“認知症カルタ”

一人でも認知症になる人の数が減らせればという、熱い思いで作られた認知症カルタは、言葉もイラストも作者本人の自筆でつくられたユーモアと暖かみにあふれたカルタです。現在では、佐伯市内の高齢者用デイサービスセンターなどに配布され、佐伯市を中心に広まりつつあり、レクリエーションの一環にも役立っています。このカルタによって、認知症になる人が一人でも減ると良いですね。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    え、家が美容室に!?高齢者向け訪問サービスで清潔感を持って暮らす
    高齢者は外出が難しくなることが多くなります。そのため、若いころなら普通にできていたことが困難になるというケースも出てきます。家に閉じこもりがちになり他人と触れ合う機会も少なくなり、生きがい等も失われていきます。こうしたときに訪問サービスが暮らしの質を高める役に立つのです。
    記事を見る
  • 今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    今すぐ出来る!高齢者の転倒防止対策まとめ(自宅編)
    転倒による骨折・ケガから介護が必要になる人は少なくありません。あらかじめ転倒しないような工夫が必要です。今回は今から実践できる転倒防止対策をご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる東北の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る