null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

どう守る?認知症で一人暮らしの親の財産管理

両親や親戚など、身近な人が認知症になることが増えています。そんなときに大きな問題になるのが、認知症高齢者の金銭管理。本人に任せるのは不安、でも自分は近くに住んでいないから難しい...。そんなときに利用できる制度を紹介します。

認知症高齢者の財産管理で使える制度は主に2つ

認知症高齢者の資産管理・金銭管理のための制度は主に2つあります。一つは地域の社会福祉協議会が行っている、日常生活自立支援事業。もう一つは成年後見人制度です。それぞれに特徴が異なりますから、上手に使い分けることが大切です。

日常生活自立支援事業とは

同事業は各地域の社会福祉協議会が行っているもので、全国すべての市町村にネットワークを持っています。同制度は自分一人で契約などの判断が不安な方、お金の管理に困っている方が利用できます。一般的には認知症初期の方が、自分でもお金の管理が心配になってきた場合や、ケアマネージャーに勧められて利用する、というケースが多いようです。日常的なお金の出し入れだけでなく、福祉サービス利用の申し込みや契約手続きなども行ってくれる、便利なサービスです。但し、本人がこの事業の契約内容を判断できると認められることが必要です。

成年後見人制度とは

では、もっと認知症が進んで、自分でも金銭管理ができているかどうかも判断できなくなった場合はどうすれば良いのでしょう?そのようなケースでは、成年後見人制度を利用すると良いでしょう。成年後見人には、後見人・保佐人・補助人の3類型があり、判断能力がやや不十分な人は補助人、常に判断能力が欠けている場合では後見人と、状態によって使い分けることが可能です。類型によって、できることや同意が必要な行為など変わってきますので、注意が必要です。

いざという時の備えを

金銭管理が不安なときに利用できる2つの制度を紹介しました。どちらも上手く利用すれば非常に便利なものですが、両親や自分自身が認知症になってから調べていたのでは、十分に活用することができません。事前にしっかりと調べておいて、どんなサービスがあるのか、自分の状況にふさわしいのはなにか、判断したいものです。

関連記事

どうするべき?親が認知症になった場合の財産管理

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【九州】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる九州の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る
  • さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    さまざまなサービスがうけられる!小規模多機能型居宅介護とは?
    通常、自宅に居ながら介護サービスを受ける場合、訪問介護のヘルパー・デイサービスのスタッフなど関わる人はそれぞれ違い、ストレスを感じる高齢者もいます。小規模多機能型居宅介護ではどんな介護サービスも一つの施設のスタッフから受けることができます。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る