null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【関東】車椅子で行けるお花見スポット3選

東京では先週桜が開花し、本格的なお花見シーズンが到来しました。今回は、ご家族と一緒に車椅子の方もい楽しめるバリアフリー化が特徴のお花見スポットをご紹介します。

水と緑の公園

場所 上野恩賜公園
住所 東京都台東区上野公園5-20

東京の上野恩賜公園は、大噴水から広小路に向かって続くさくら通りが有名なお花見スポットです。ゆるやかな下り坂の、桜のトンネルの中を車椅子でお散歩するのはとても気持ちが良さそうです。園内には車椅子対応の多目的トイレが各所に設置されている他、坂道を上るためのエレベーターがあるなどバリアフリー化されています。周辺にはカフェや食堂なども多いですが、中でも上野グリーンサロンは多目的トイレもあり、店内がバリアフリー化されていてオススメです。

文化財の建造物と日本庭園を楽しめるスポット

場所 三渓園
住所 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

神奈川県の中でも桜やもみじの名所として有名なのが、三渓園です。季節の花や、水鳥の集まる池、貴重な古建築と眺めながらゆっくりお散歩ができます。とりわけ、毎年行われる「観桜の夕べ」の時期にはライトアップされた夜桜を楽しめることで人気です。一部の古建築付近や旧燈明寺三重塔のある高台は坂がありますが、そのほかは概ね平坦で、車椅子で快適に散策できます。また、創設者に関する資料や美術品を見ることのできる三溪記念館は車椅子で見学ができ、車椅子対応のトイレも完備しています。茶室や、そば処、甘味処もバリアフリー化されているので安心ですね。

館内もバリアフリーの都市公園

場所 稲荷山公園
住所 埼玉県狭山市稲荷山1-23-1

埼玉県でおすすめの都市公園は稲荷山公園です。園路沿いにソメイヨシノや八重桜などおよそ300本もの桜が植えられ、見頃の季節にはライトアップで夜桜見物も楽しめます。園内は車椅子用の駐車場、トイレ、舗装路などの環境が整っています。さらに、併設されている博物館の館内もほとんどバリアフリー化されており、人々の生活や文化の歴史を学習できます。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症の方にイライラしないための対応法
    認知症は、原因によっては治癒可能なものもありますが、長く付き合う必要がある病気でもあります。認知症患者は、激しい感情の起伏や物忘れなどの症状を見せ始めます。それによって、本人だけでなく周囲の人々にもイライラが生じることがあります。認知症に伴うストレスにうまく対応するには、どうしたら良いのでしょうか。
    記事を見る
  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る
  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。
    記事を見る
  • 「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    「魔法」のように楽しくスラスラ書ける不思議な終活ノート
    日本では1991年に登場したと言われる「エンディングノート」。2012年の経済産業省の統計では70歳以上の作成意向は69.2%に上り、年々向上していると予測されます。 延命措置、介護、相続等について、もしもの時、代わりに意思決定を迫られる家族の心的負担を減らすための意思表示を目的に、認知度も向上しています。 今回は、誰しもに訪れる「死」をゴールに「いかに生きるか?」を子供から大人まで、世代問わず考えることができるエンディングノートを開発した「マンダラエンディングノート普及協会」代表の小野寺秀友さんにお話を伺いました。
    記事を見る