null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【愛知県】車椅子で行けるお花見スポット3選

春の足音も着々と近づいていますね。これから見事な桜が楽しめそうです。東海地方で、車椅子でも楽しめるお花見スポットを探してみました。

見どころ満載の動植物園

場所 東山動植物園
住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

1937年に開園した動植物園です。歴史ある公園のため、巨木の桜を楽しめます。その中には、高さ約13メートルで、幹周りが170センチメートルにもおよぶ見事な桜があるほどです。植物園の“桜の回廊”というスペースでは、日本全国の桜が約100種類、1,000本の桜が楽しめます。この公園は、丘陵地にあるため坂道が多いですが、スロープや橋、エレベーターなどが設置されているので、園内を車椅子でもスムーズに移動できるように配慮されています。トイレも車椅子で使用できるようにバリアフリータイプになっています。

歴史と文化の城跡公園

場所 岡崎公園
住所 愛知県岡崎市康生町561

徳川家康公が生まれたといわれる岡崎城跡を整備した公園です。その城は復元され、見事な天守閣を望むことができます。日本さくら名所100選にも選ばれていて、園内には主にソメイヨシノを中心とした約800本の桜が咲き誇ります。4月には“岡崎の桜まつり”が開催され、家康行列などの楽しいイベントも見学できます。夜にはライトアップも実施されるので、幻想的な雰囲気の夜桜も楽しめますよ。園内はバリアフリー設計されていてスロープも充実しているので車椅子でも不自由はありません。バリアフリー設計のトイレも各所にあります。補助犬も同伴できるので安心ですね。

国の登録記念物である花の公園

場所 舞鶴公園
住所 愛知県名古屋市昭和区鶴舞一丁目1番168号

1909年に開園した、名古屋市が最初に設置した都市公園です。こちらも日本さくら名所100選に選ばれた名所で、ソメイヨシノを中心として750本の桜が植えられた見事な桜並木が楽しめます。他にも、バラや花菖蒲なども楽しむことができ、花の名所として知られた公園です。園内には噴水塔や、普選記念壇、奏楽堂、鶴々亭などの歴史的建造物が数多くあり、公園のほぼ全域が国の登録記念物として文化財に登録されています。施設の出入り口はフラットに設計し、施設出入り口には自動ドアが導入され、園内もスロープが充実しているので車椅子でも十分に楽しめます。障害者用の駐車場も完備されているので車でも快適に行けます。

車椅子で思いきり花見を楽しもう

東海地方で、大規模な桜並木を楽しめる公園を3つ厳選して紹介しました。どの公園もスロープの設置とバリアフリートイレが設置されていて、車椅子でも快適に花見が楽しめます。高齢者の方々も、春には思い切って外に飛び出し、見事な桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!
    認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。 そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。
    記事を見る
  • 意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    意外と知らない!?自治体による高齢者向け配食サービスとは
    高齢になればなるほど食事の用意は体力的負担になり、またコンロの火の消し忘れなど思わぬ事故に繋がる危険性も出てきます。 高齢者世帯に対し自治体によって配食をしてくれるサービスがあり、企業が提供する配食サービスより比較的安価に利用することができます。今回は自治体による配食サービスをいくつかご紹介します。今回紹介できない自治体でも配食サービスを実施しているところはたくさんあるので、調べてみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • 介護予防にも!?シルバー人材センターとは
    介護予防にも!?シルバー人材センターとは
    定年退職後の生活は、再就職したり、趣味に没頭したりと人それぞれですが、時間を持て余していたり、仕事していないと生活に張り合いがないという方は、シルバー人材センターを利用してみてはいかがでしょうか。
    記事を見る
  • アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    アプリで「住み慣れた地域とつながる。」新しい“見守りのカタチ”
    厚生労働省の「平成27年 国民生活基礎調査の概況」によると、高齢者(65歳以上)がいる2,372万世帯のうち、全体の57.8%を「単独、または夫婦のみ世帯」が占めているとの推計が発表され、家族だけでは支えきれない不安が浮き彫りになっています。 今回は、高齢者、家族、地域が携帯アプリでつながり、共に、無理なく助け合う。 新しいカタチの見守りサービスを創造する、リバティ・イノベーションの森社長にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    通販有効活用のコツ!悩みの種のおむつ購入はこれで解決!
    今や高齢者や忙しい家族向けに、インターネットでほとんどの介護用品が購入できるようになりました。そんな介護用品の中でも消耗品として頻繁に買う必要のある『おむつ』。持ち運びはかさばるので気が重いですよね。今回はそんなおむつを玄関先まで届けてもらえる、インターネット通販利用のコツやおすすめ購入サイト(お店)をご紹介します。
    記事を見る