null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症の方の介護に関わる方向け。ストレス解消に大事なポイント

介護はする側もされる側もストレスを抱えることが多いものですが、お互いストレスを抱えていると介護もスムーズにいかないものです。
介護をする側のストレスも意外に抱え込みやすいもの。
今回はご家族様向けにストレスを解消・発散する方法をご紹介します。

家族ストレスケアの重要性

認知症の方を介護するご家族のストレスケアは非常に重要です。
介護は長期間に渡るケースも多々あり、ストレスを抱え込むと介護者も辛くなってしまいます。
特にご家族が自宅で介護を行う在宅介護は、ストレスが多く掛かってしまいます。
「この状態がいつまで続くのか?」といった緊張・不安な状態が続く事が理由に挙げられます。
真面目で責任感の強い方は特に、自分を追い詰めてしまいます。
心身共に疲弊し、何もかもやる気が失せ、ストレスに押しつぶされそうになったとしても、決しておかしい事ではありません。
自分が弱いわけではなく、ごくごく普通のことです。
介護をする側の心身を含めた健康維持は非常に重要であると言えます。
介護される側にも気持ちよく介護を受けてもらうためにも、介護をする側は何に気をつければよいでしょうか?

自分一人で抱え込みすぎない

まず、基本の心構えですが、悩みや不安を自分一人で抱え込まないことが非常に重要です。
在宅介護の場合は24時間付きっきりのケースもあるかと思います。
親戚や家庭内での無理解や配慮の無さから、なんでこんなに頑張っているんだろう、辛い、理解されないなど、思ってしまうかもしれません。
自分一人で考え込んでいても、辛くなってしまうばかりです。
その際はとにかく外に悩みを吐き出す方法があります。

相談する

担当ケアマネージャー、地域包括支援センター、家族会などの介護者の集まり、相談窓口を使い、自分の悩み・不安を吐き出しましょう。
特に同じ悩みを持つ、家族の集まりなどは共感も深いかと思われます。
また、相談窓口のケアマネージャー、社会福祉士、保健師は高齢者介護にまつわる専門家です。自分の悩みを打ち明ければ、具体的な解決方法が見つかるかもしれません。

不安・悩みを書き出してみる

自分の悩み・不安など頭の中で考えている事を全て、ノートに書き出してみるのもいい方法です。
目の前に自分の悩みが可視化されるため、スッキリするだけではなく自分の置かれている状況が客観的に把握できます。

介護保険サービスを利用する

自分一人の時間が作れないために苦しんでいる方もいらっしゃるかもしれません。
その際は介護保険サービスを利用してみてはいかがでしょうか?
訪問介護に、デイサービス(通所介護),居宅管理療養指導など在宅で利用できるサービスも、多様化しています。
現在の状況に合わせた、サービスがあるかと思われます。
介護保険のサービスを利用するなら、まずはケアマネージャーに相談してみましょう。

ケアマネージャーの選び方
https://mamoria.jp/erabikata

リフレッシュ出来る趣味を持つ・身体を動かす

自分の時間が出来たら、何か趣味を持つ・身体を動かすといいかもしれません。
特にスポーツは身体だけではなく、心もほぐす効果があると言われています。
風邪を引いた際に、急に心細くなってしまった事はないでしょうか?
やはり、身体と心は繋がっているため、心が固まって来たら、身体からアプローチしてみるのもいいのではないでしょうか?

自分の心と身体の健康も大切

相手への気遣いは、自分の心の余裕から生まれます。
まずは自分の心が健康であることが大事ですから、自己管理を行いましょう。
かといって、管理しなくては!と無理なさらなくても大丈夫です。
介護では大変なことも多いですからストレスも溜まります。うまく気分転換したり、休息をとったりして自分の心がまず健やかであるよう留意します。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    在宅介護を楽にする!住宅改修のポイントまとめ
    リフォーム前に申請することで、介護保険から住宅改修費を補助してもらえます。早く設置したいという思いから、手すりや段差解消など申請せずに行ってしまうケースも少なくありません。少しのリフォームで多額となることもあるため、こういった制度を上手く活用しましょう。
    記事を見る
  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    「親が介護になったら?」を考える機会を -PwCあらた有限責任監査法人
    今回は、仕事と介護の両立支援・介護離職防止支援のテーマ第二弾!企業へのインタビューとして、PwCあらた有限責任監査法人システム・プロセス・アシュアランス部江原様にインタビューを実施させていただきました。
    記事を見る
  • お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    お寺を“第2の我が家”に。宗派も世代も超えて人々をつなぐ「お寺さんの会」
    ネット通販大手が参入し、一時期、話題になった「僧侶派遣サービス」。 運営母体の多くが企業である中、「寺院」が運営主体となり、宗派の垣根を飛び超え、家庭や地域とつながるユニークな団体があります。 大阪・東京を中心に70以上の寺院が協力し、多岐に渡って”人々をつなぐ“活動を展開する「一般社団法人お寺さんの会」。本日は東京の活動拠点である西栄寺東京別院の榎本住職にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者の住み替え・賃貸住宅事情
    高齢者になるにつれて住みやすい家の内容はどんどん変化していきます。家族がいたころは一軒家や部屋数の多い部屋が良かったが、独居や病気などの理由により、利便性が良く部屋数も少ない家に引越したいという要望も増えているようです。 今回は高齢者向け賃貸住宅事情についてまとめてみました。
    記事を見る