null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護予防に力を入れているデイサービス【4選】

高齢化社会を迎えて、介護とともに、介護が必要にならないように予防することが重要であるという認識が広がりを見せています。今回は介護予防に重点を置いたデイサービスについてご紹介します。

nagomi(なごみ)【全国】

「一生涯現役」を掲げて、理学療法士と共同開発した機能訓練プログラムを、専属インストラクターが指導します。15名までの少人数セミプライベートで、ヨガや椅子を使ったエクササイズなど、マシンを使わない訓練運動を中心に足腰の訓練をしてくれます。
施設ごとにアプローチ方法は異なりますが、いつまでも自立歩行ができるようにするための機能訓練がメインです。痴呆予防も考えた3時間のプログラムで、日常生活動作の訓練をしてくれます。

ジョイリハ【全国】

「スポーツクラブのようなデイサービス」をモットーにする施設です。健康チェックを行ったら準備体操とストレッチをして、さまざまなトレーニングマシンを使った運動機能訓練を行います。毎日の生活を自分の足で行えるよう工夫されており、認知症予防のための脳トレを考えた効率的なプログラムが組まれています。

GENKI NEXT【全国】

柔道整復師などのプロによる介護整体を組み込んで、寝たきりの予防をしているデイサービスです。介護予防には筋力アップが必要といっても高齢者はいきなり運動をすることができません。そこで硬くなった筋肉や関節を整体で調整してからチューブトレーニング等の機能訓練をしていきます。

トライアス西宮【兵庫県】

神戸市に本社を置くアシックスが西宮市で運営するデイサービス施設で、スポーツ事業をメインとする会社であることを強みにして、高齢者の運動機能を高める器具とプログラムを備えたデイサービス施設を運営しています。「歩く・立つ・転ばない」ことを目指して筋力アップや脳のトレーニングを行っています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    最後の思い出も、家でつくる。「自宅葬」という選択
    故人との最後のお別れである「葬儀」が年々多様化しています。生前葬、家族葬、自由葬、直葬など価値観の多様化に伴い「自分らしい最後」も色々な選択肢が出てきています。 今回は、単に簡素化を目的とせず、形式や時間に縛られず故人とゆっくりお別れをする「自宅葬」を提案する、株式会社鎌倉自宅葬儀社の馬場翔一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    実際どのくらいの人が介護受給者なのか
    メディアやニュースで高齢化や介護について目にしない日は無いというくらい、超高齢化社会を迎えようとしている日本ですが、実際介護を必要としいている人はどのくらいいるのでしょうか。
    記事を見る
  • グループホームの特徴と選び方のポイント!
    グループホームの特徴と選び方のポイント!
    現在、日本は4人に1人がお年寄りといわれている、超高齢化社会に突入しています。そんな中、親御さんや親戚の将来を考え始めた人も多いのではないでしょうか。今は一人暮らしができていても、5年後、10年後を考えた時、どうしても介護が必要になってしまうでしょう。自宅に介護人を呼ぶ、デイサービスを受けるなどの方法もありますが、自立した生活が難しい場合は、介護施設を利用するのが一般的になっています。そんな中、従来の老人ホームとは一風変わった、グループホームという施設が注目されています。しかし、聞いたことはあっても、グループホームとは具体的にどのようなものなのか、何に注意をして選ぶべきなのか、わからない方も多いのでは?そこで今回は、グループホームの特徴とメリット、デメリットを紹介したうえで、選び方も紹介します。
    記事を見る
  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    車椅子でも行ける!イルミネーションスポット【関東近郊】
    寒い冬は空気が澄んでイルミネーションが一層輝く季節です。心も明るくなるようなイベントに出かけませんか。車椅子でも行けるスポットをご案内します。
    記事を見る