null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは

介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。
今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。

京都府が行なう福祉改革「認証制度」とは

福祉人材の不足という大きな社会問題に対して京都府が大きな対策を打ち出しました。それが「きょうと福祉人材育成認証制度」です。府内の福祉事業者を対象にした制度であり、人材を育成する仕組みと職員が働きやすい環境や待遇を整えている福祉事業者に京都府が認証を行ないます。認証を行なう目的は大きく2つあります。一つ目は若い人が安心して働ける職場であることを証明すること、二つ目は認証の獲得を目指すことで事業所のレベルアップを目指すことです。

認証制度が導入された背景

認証制度が導入された背景には介護人材の不足があげられます。少子高齢化も理由の一つではありますが、それ以上に介護業界に対する若者のイメージが関係しています。特別な資格を持っていないと仕事が出来ない、給料が安い、離職率が高い、介護の仕事では家族を養うことが出来ないなどが若者の率直な意見です。このイメージは間違った認識とは言えず、実際にこのような事業所は多く存在します。そのため、イメージの回復だけでは人材不足を改善することは難しく、事業所の職場環境が改善され、若者に改善された点が見えるようにすることが必要なのです。そのために導入されたのが認証制度であり、事業所が取得のために職場環境を改善し、認証を得ることが出来れば若者が安心して働くことが出来るのです。

認証制度によって職場環境の改善に成功

認証制度は新規の介護事業者にとっては大きなチャンスです。認証をもらうことで他の事業所と差別化することが出来ますし、目指す際には行政から様々なノウハウを教えてもらうことが出来ます。認証制度には行政の人だけでなく、大学などの福祉の専門家やコンサルタント、人材系企業などのプロフェッショナルが大きくかかわっています。そのため、事業所は実際の現場で役に立つノウハウやアイデアを指導してもらうことが出来るのです。実際に認証制度の取得に挑戦した事業所はたくさんあり、職場環境の改善や新人研修制度の構築に成功しています。

認証制度の将来について

認証制度が導入され、400以上の事業者が取得を目指すようになっており、実際に認証を受けた事業所も100を超えています。将来的にはさらに上が目指せるように上位認証制度を導入することが検討されています。詳細は検討中との事ですが、事業所がさらにレベルアップを目指す際のおおきなモチベーションにつながるでしょう。

将来に必要となる有能な人材

介護業界の人材不足は深刻であり、将来的には介護ロボットや海外からの人材の受け入れも検討されている状況です。その際に大事なことは事業所の中核に福祉の意義を理解した人材がいることです。今からその様な若い人材を確保しておかないといざというときには間に合いません。認証制度によって優秀な若い人が出てきてくれることが期待されます。

期待される全国への好影響

認証制度によって京都府が福祉事業者の職場環境の問題に一石を投じたのはいうまでもありません。このことに感化され他の自治体においても積極的な福祉対策が行なわれることが期待されます。福祉業界には激変の時代がやってくると思われますが、京都府が行なった認証制度のような対策によっていい方向に向かってもらいたいものです。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人を亡くした方が思いを語らう“癒しの場” ハグハワイ
    大切な人との思い出は時間が経っても、それぞれの人生に大きな影響を与えることが多いのではないでしょうか。 死別直後の方や、何年も時間が経った方、それぞれが抱える喜びや悲しみを“死別”という体験をした者同士が安心して語り合える場所があります。 ハワイ生まれのNPO法人ハワイ日本語グリーフケア協会(通称:HUG Hawaii/ハグハワイ)です。 今回は、それぞれの思いを尊重してサポートしあう場を提供する、HUG Hawaii(ハグハワイ)東京ファシリテーターの内宮美知子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    自分の意思を元気なうちに。いのちの遺言状「リビングウィル」とは?
    平成26年の厚生労働省『人生の最終段階における医療に関する意識調査』では、「自分で判断できない状態になった場合に備えて意思表示の書面を作成しておく」ことに「賛成である」と回答した一般国民は69.7%にのぼります。 一方で「実際に書面を作成している」と回答した方は、わずか3.2%でした。 今回は、生前意思「リビングウィル」の事前表明を推進する日本尊厳死協会理事の丹澤太良さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    薬の飲み忘れ危険!服薬支援サービスの内容とは?
    高齢になるにつれ、様々な持病や疾患が生じ、毎日の薬が欠かせなくなる場合があります。そんな時、正しい種類・量の薬を正しい時間に服用することが重要になります。しかし高齢者にとって服薬管理は難しく、1度の失敗が生命に関わることもあります。そのような状況を受け、居宅療養管理指導を始めとする服薬支援のサービスが充実しつつあります。
    記事を見る
  • 必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    必要な時に、必要な情報が届くように-大成建設株式会社
    ご自身は四国で現場の工事事務や収支管理などの事務職を経験。4年前、夫と同居するために本社の人事部いきいき推進室へ異動に。育児や介護との両立支援、女性・外国籍・障がい者の活躍推進、そして働き方改革を実施する部署で、仕事と介護の両立担当としてご活躍中だそうです。そんな緒方さんに、今回大成建設様の仕事と介護の両立支援について、お話を伺いました!
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る