null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者の「外食したい!」を叶える介護食対応のレストラン【関東近郊】

介護食とは、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の機能に合わせて、食事をとりやすいように調整された食事のことです。普段は自宅や施設で介護食をとられている方も外食だといつもと違った雰囲気で楽しめるかもしれませんね。今回は関東近郊で介護食を提供しているレストランをまとめてみました。

介護食を提供するレストランが少しずつ増えています


「家族とお出かけして美味しいものを食べる」、外食はいつもと違ってうきうきする楽しいものですよね。しかし、高齢者になり噛んだり飲み込んだりする力が衰えてしまったり、体が不自由になったり車椅子生活になったりと、そういう楽しみを諦めてしまっている高齢者が多いのが実情です。高齢者を介護する家族にしても、そんな高齢者をひとりで置いては行けないからと、外食はなかなかしづらくなっています。「孫や子と外食したい」、「おじいちゃん(おばあちゃん)と前みたいに外食したい」、そう思う高齢者やその家族の願いに答えようと、最近増えてきている介護食を提供するレストランをご紹介します。

中華レストラン「 風の音」(神奈川県横浜市)

介護事業を行っている会社が運営母体の中華レストランです。本場上海育ちの料理長が手がける本格派中華料理は単品メニューからコース料理まであります。介護食が必要な高齢者の方には「特別メニュー」を用意しており、ご家族と一緒に楽しめます。高齢者向けは量を少な目にしたり、辛みを抑えたりと工夫をしており、一口大、刻み食、ミキサー食と形状もリクエストに応じて対応してくれるので事前に相談してみましょう。相鉄本線「三ツ境」駅下車徒歩11分。駐車場は9台あり、店内はバリアフリーですので車椅子でも安心して利用できます。

住所 神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境159-10
TEL 045-369-0522
営業時間 10:30~15:00 、17:00~21:00 水曜定休


レストラン モン・ラパン(茨城県笠間市)

地元で採れる海の幸、山の幸を活かして作るフランス料理を提供しているフレンチレストラン「モン・ラパン」。ここには糖尿病腎臓疾患の方のための低カロリーメニュー“楽食”があり、嚥下機能の弱った方には7日前までに予約すれば嚥下食コースも用意してくれます。カロリー制限はあるかなど、細かい条件を確認してメニューを作ってくれます。落ち着いた雰囲気の店内はバリアフリーで、団体用の個室もあります。

住所 茨城県笠間市笠間1150
TEL 0296-73-0020
営業時間 11:30~14:30、17:30~20:30 毎週火曜、第1月曜定休


レストラン食楽工房(静岡県浜松市)

西洋各国料理レストランの食楽工房は、遠州のめぐみ、丹精込めて作られた地場産の材料で一般客はもとより、高齢で介護が必要な方も一緒に楽しく食事ができるレストランです。介護食士の資格を持ったスタッフが、ひとりひとりのからだの状態に合わせ、ゼリー状、ペースト状などの嚥下食、減塩食、アレルギー対応食を提供していますので、事前に相談・予約をしましょう。駐車場は23台分あり、大型バス、マイクロバスの駐車も可能です。また、店内はユニバーサルデザインとなっており、車椅子でも安心して利用できます。

住所 静岡県浜松市北区細江町気賀2551番地の203
TEL 053-522-5312
営業時間 11:30~14:30、17:30~21:00(ラストオーダー 20:30) 火曜定休


家族で外食してみよう


今回取り上げたところ意外にも介護食対応をしているレストランはあります。全国的にはまだまだ数少ないのが現状ですが、介護食だからといって外食をあきらめず、お住まいの近くに対応しているレストランは無いか探してみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント
    終の棲家を選ぶときに気をつけるポイント
    有料老人ホームをはじめとする介護施設は、高齢者にとって「終の棲家」となる場所です。それだけに、介護施設を選ぶことは簡単なことではありません。介護施設を選ぶ際は実際に見学してどんなところなのかを体験してみることが大切です。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    車椅子生活を便利にするためのお役立ちグッズ・アプリまとめ
    両親が高齢になり、足腰が弱ってきたりすると、外出など移動も大変になってくる事でしょう。 そうなるとそろそろ車椅子を使った生活も考えていろいろと準備をする必要もでてくるのではないでしょうか。 しかしながら、いざ準備となると車椅子をはじめ、どのような物が必要になってくるのか考えてしまう人も多いのかもしれません。 そこで今回、車椅子生活を快適かつ便利に過ごせるためのグッズやアプリ、また最新の電動車椅子の特徴などを紹介していきます。
    記事を見る
  • この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術
    この春からはおくすり手帳を持って薬局へ!知っておくべき薬の節約術
    高齢になると高血圧や糖尿病などの生活習慣病で定期的に病院のお世話になる人が多いのではないでしょうか。病院にかかるとき、ちょっとでもお薬代が浮けば嬉しいかも...実はこの4月から「おくすり手帳」を持っていくだけで可能になりそうです。具体的に紹介していきましょう。
    記事を見る
  • 制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    介護の悩みを職場で誰にも相談出来ない。会社の人に迷惑を掛けたくない。介護が原因で退職してしまう方はこのように思われているのではないでしょうか。介護休暇・休業など、仕事と介護の両立を支援する制度があるにも関わらず、自らを追い詰め退職を選ばれる事例が増えているようです。今回は株式会社NTTデータで介護離職防止に取り組まれる人事本部人事統括部労務厚生担当部長植野剛至様にお話を伺いました。
    記事を見る