null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選

もうすぐ始まるシルバーウイーク、もう予定は決まりましたか?シルバーウイークといえば「敬老の日」です!今回は今からでも間に合う敬老の日のプレゼントをご紹介します。プレゼント予定の無かった方もこの機会に検討してみてください。

1.会いに行く


高齢者にとっては、プレゼントをもらうことも嬉しいと思いますが、何よりも子供や孫の顔を直接見ることが一番嬉しいのではないでしょうか。
介護施設で生活されている方、入院されている方にとっても家族が来てくれることは嬉しいはずです。施設に行っても何をしていいか分からないという方は、少しの時間お部屋で話をしたり、近くを一緒に散歩するだけでも喜んでくれますよ。
時間や距離に制約があり当日会いに行くのが難しい場合は、次に会いに行く予定を電話で連絡してあげるだけでも、会える日を楽しみに待ってくれるのではないでしょうか。

2.ネットショップでプレゼントを買って送る


プレゼントを買いに行く時間が無い人は、楽天やAmazonなどのネットショップを利用しましょう。敬老の日特集としていろんな商品を扱っているので、ご両親や祖父母が喜んでくれるプレゼントが見つかるのではないでしょうか。またメッセージカードを同封するサービスなどもあります。当日着で商品を配達してくれるお店もまだあるので、ぜひ検索してみてください。


3.フォトブックを作ってプレゼントする


最近スマートフォンのアプリでフォトブックを簡単に作れるアプリが続々登場しています。
とくに『しまうまプリント』というサイトでは、最短で当日出荷できます。アプリを使うとスマートフォンに保存してある画像から写真を選んで、簡単にフォトブックを作ることができます。一番安価なタイプはなんと198円(税別)から作成することができます!

4.手紙やはがきを送る


これが一番安価な方法ですが、昔からある感謝の気持ちを伝える素敵な方法ですね。感謝の言葉を文章にするのはもちろん、子どもの写真や子どもが書いた絵などを同封するなど近況を知らせてあげるとさらに嬉しいのではないでしょうか。まだ絵や文字が上手に描けない幼児でも、一生懸命書いた絵と書いている様子を撮った写真と一緒にプレゼントするととても喜んでくれます。本当に時間がないでも何かしたい!という方におすすめです。

5.「プレゼントをもらって困ったものはない!」が圧倒的多数に

敬老の日にもらってうれしいプレゼントランキングでは男性が1位お酒、2位洋服などが続き、女性は1位花、2位手紙や子どもの写真や絵、などが続きます。また、子どもからもらったものは、どんなものでも喜んで受け取ってくれるし、困らないという人が8割だそうです。親って本当にいつまでも親ですよね。子どもの様子が気になるし、いつも心配してくれているありがたい存在です。電話でもいいので、あなたが元気にやっていること、あなたの家族も変わりないことを知らせてあげるのが一番喜ぶと思いますよ。これを機に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    制度導入でなく運用を目的に 介護離職防止への取組 -株式会社NTTデータ
    介護の悩みを職場で誰にも相談出来ない。会社の人に迷惑を掛けたくない。介護が原因で退職してしまう方はこのように思われているのではないでしょうか。介護休暇・休業など、仕事と介護の両立を支援する制度があるにも関わらず、自らを追い詰め退職を選ばれる事例が増えているようです。今回は株式会社NTTデータで介護離職防止に取り組まれる人事本部人事統括部労務厚生担当部長植野剛至様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    地域での孤独死防止のために自分たちが出来ること
    高齢者の増加に伴い、孤独死の件数も増加しています。孤独死を防止するために、地域では見守りサービスなどが整えられつつあります。また、孤独死を防ぐためには、食事に対する配慮、すなわち孤食をなくすことも重要です。今回は孤独死の実情や対策を紹介します。
    記事を見る
  • 老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼になったら気を付けるべき生活のポイントとは?
    老眼は、一般的に40歳を過ぎたころから自覚症状始まると言われていますが、最近はパソコンや携帯電話の利用者の増加から、目を酷使する環境下にあるため、早い人では30代で症状を訴える人も少なくないようです。高齢による老眼と身体能力の低下が重なっても生活しやすい状態にするにはどういったことに気を付けるべきでしょうか。
    記事を見る
  • 自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    自宅で安心して看取る。看取り寄り添いナースとは?
    超高齢化社会が進む現在、自宅で最期を迎えたいと考える人が増えています。しかしひとり暮らしの高齢者も多く、家族は今まで誰かを看取ったという経験がなく、戸惑うことも少なくありません。そこで今回はその強力な助っ人となる看取り寄り添いナースについてまとめてみました。
    記事を見る