null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

音楽に学習療法、認知症治療に効果的な方法は?

認知症にかかると治療が難しいといわれることがあります。しかし、実際にそうなのでしょうか。認知症になる予防も大切ですが、認知症を発症したとしても現代医学の進歩により様々な治療法があります。そのため、予防の知識を得るとともに、認知症を発症した場合の治療法も知っておくことが大切です。

認知症の重篤化は避けられる可能性がある

そもそも、認知症とは、脳の何らかの病気が原因となり、言葉を理解する能力、ものを覚えるために必要な能力、物事を判断する能力などの認知機能に不具合が生じ、実際の生活に影響がでる病気を言います。認知症を発症した場合であっても認知症はあくまでも病気であるため、生活指導、薬物療法、リハビリなどによって重度化することを防ぐことができます。主な原因となる病気としてはアルツハイマー病、脳血管障害などがあります。

この他にも認知症には様々な原因となる疾病があると考えられており、疾病ごとに現在適切な治療方法が開発され、実際に医学の現場においても取り入れられているものが増えてきました。そのため、認知症を発症したとしても、進行を遅らせる治療に直ぐに取り掛かれば認知症の進行を遅らせることが可能です。

音楽が持つ力で癒す ”音楽療法”

音楽療法とは、音楽が持つ特徴や性質を利用して心身の健康の安定に役立てる治療法です。そもそも、音楽は幼少期から成人に至るまで様々な人生の時期に聴いているものであるため、音楽を患者に聴いてもらい、過去の思い出などを懐かしんでもらうことによって、脳の活性化や社会性などを促すことができる可能性が高まります。

このような音楽療法は、高齢者施設や病院などで取り入れられており、治療方法として確立されつつあります。また、このような認知症の治療以外でも、メンタルヘルスケアなどの精神的な病を抱える人のための治療としても利用されています。このような音楽療法は、実際に重度の認知症患者であっても音楽に反応を示すことから、治療効果が期待できる方法です。

実は偽薬!?思い込みで治す ”ブラセプラス”

認知症の治療法としては薬物治療がありますが、薬物治療とは異なる食べ物による治療法があります。これがプラセプラスによる治療法です。プラセプラスとは、見た目は錠剤のような形をしていますが、有効成分を一切含まないタブレットです。イメージとしてはラムネ菓子のようなものですが、プラセプラスには、プラセボ効果というものがあります。

プラシーボ効果とは、偽薬によって錯覚を患者が抱きプラスの発想を生じさせる治療法です。例えば、胃もたれをしている患者に胃薬の効果が一切ないタブレットを投与し場合でも、患者が胃薬であると誤信したとき、患者は胃が楽になったと感じるという効果をプラシーボ効果と言います。このようなプラシーボ効果は認知症にも有効であり、かつ、これは薬の副作用によるリスクを考える必要がない点からも有効な治療法です。

学びで脳を鍛えて ”学習療法”

また、学習療法という方法があります。学習療法は、認知症の程度などを正確に検査した上で、脳を鍛えるために計算ドリルや漢字の練習などを患者にしてもらう療法です。このような学習効療法については、個人差がありますが、認知症の進行を遅らせるなどの効果がすでに実証されています。

具体的に実証された効果としては、認知症患者の意欲が湧いたことや意思表示などが増えたことが報告されています。その理由としては、学習療法による人とのコミュニケーションを通じて脳の前頭前野の活性化を促すことができるという点にあると考えられています。

学習療法自体はいまだ確立された治療法であるとは言えませんが、国や公益法人もこの治療法に注目しているため、今後認知症の治療法として実際に医療の現場で利用されることが期待されています。

まとめ

このように認知症の治療方法には、薬物治療だけでなく、音楽療法、プラセプラスによる治療、学習療法などの新しい治療法の導入が進められています。認知症は脳の病気です。そもそも脳の構造や性質、病気の特徴については未だに知られていないことが多いため、今回挙げた三つの治療法は、ほんの一握りの治療法に過ぎない可能性があります。すなわち、今後医学の進歩によって脳の構造などが明らかとなり有効な認知症の治療法が発見される可能性があります。そのためにも、治療方法については随時新しい情報を得ることが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    限界が来る前に!自宅で介護をするコツをご紹介
    現在の日本は、全人口の約13%が75歳以上の後期高齢者という超高齢社会を迎えています。その結果、大きな社会問題になっているのが介護の問題です。長年に渡る身内の介護の結果、体力的及び精神的に追い詰められて、不幸な事件に結びついている例も少なくありません。そのような事態を回避するために何を行うべきなのか、そのコツをご紹介します。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?
    介護予防に効果あり!高知発祥で話題のいきいき百歳体操とは?
    高知市で開発された介護予防を目的とした体操、通称『いきいき百歳体操』が、全国に広がりを見せています。今回はいきいき百歳体操の内容や効果についてご紹介します。
    記事を見る
  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【東北】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる東北の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    相談・知る事が正しい選択を生む。スキルス胃がんのこと
    2016年の国立がんセンターによる『最新がん統計予測』で、近年減少傾向にあった患者数が増加予測に転じた「胃がん」。 胃がんの10%前後を占めると言われる「スキルス胃がん」は、自覚症状がほとんどなく、胃壁の中をしみこむように浸潤するため、内視鏡検査でも見つけにくいことが特徴です。 今回は、スキルス胃がんの早期発見・治療のために活動を続ける、がん患者団体「認定NPO法人 希望の会」理事長の轟浩美さんにお話を伺いました。 轟さんは「みいクリニック がんサバイバーシップ室長」として、がん患者さんとご家族の不安を和らげ、理解を促す場づくりにもご尽力されています。
    記事を見る