null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

高齢者向けに人気のスポーツ4選!介護予防にもおススメ!

高齢者がスポーツをすることは、体力の衰えを防ぎ、ストレスを解消し、健康を維持することに役立ちます。 また、複数人で行うスポーツは、仲間との絆を深め、日々に張り合いをもたらしてくれます。スポーツをするには体力に自信がない...。今回はそんなシニアの方でも気軽に楽しめるスポーツについてまとめてみました。離れて暮らす親の体力が心配という方、おすすめしてみてはいかがでしょうか。

1.グラウンドゴルフ



かつてシニアの定番スポーツだったゲートボールに代わって、現在のシニアの定番となっているのがグラウンドゴルフです。道具は木製のクラブと大きめのボールで一見するとゲートボールのように見えますが、大きく違う点があります。それは個人競技である事。用意する道具は少なく、場所もあまり選ばないため、気軽に始めることができシニアのみなさまに大人気のスポーツです。

2.ボウリング



若い頃にボウリングブームを経験したシニアの方も多いと思います。ボウリングはスペアを取るためのコントロールや、ピンに対する進入角が重要なスポーツで、若い時ほどのパワーが無くなったシニアの方でもテクニックがあれば若者を凌駕するスコアを出す猛者がたくさんいるスポーツです。個人競技でありながら人との繋がりも多いスポーツであるため、若い人との交流という意味でもシニアにおすすめのスポーツです。

3.バドミントン



ラケットを持って行うスポーツといえばテニスが定番ですが、シニアの方にはバドミントンをおすすめします。理由は競技範囲が狭いこと。テニスはボールを打ち合うため球の速度が落ちづらく競技範囲は広くなりがちです。また、逸らしたボールを遠くに取りにいかなければなりません。しかしバドミントンならば空気抵抗によってシャトルコックの飛ぶ範囲は狭く、すぐに真下に向かって落ちるので回収がとても楽です。競技場所も地域の体育館など身近なところでできる点もおすすめです。

4.バウンドテニス



もう一つラケットを使用するスポーツとしてシニアにおすすめなのがバウンドテニスです。
バウンドテニスは、ルールがテニスに類似しており、テニスコートの約1/6と狭く、場所をとらずに手軽にできることが特徴です。 シングルスとダブルスを楽しめ、動く範囲はテニスに比べて圧倒的に小さく、足腰へ の負担も少ないため、体力や年齢に応じたプレースタイルが可能です。 テニス経験者も経験者じゃなくても手軽に楽しめるバウンドテニス。十分な運動量もあるので、スポーツを通してしっかりと汗をかきたいという人にオススメです。

何よりも楽しむことが大切

今回ご紹介したスポーツはほんの一例です。住んでいる地域や老人クラブで盛んなスポーツもあると思うのでぜひ調べてみてください。
また、フィットネスクラブでも高齢者の方向けサービスが展開されているようです。

介護予防にも!フィットネスクラブの高齢者向けサービスまとめ
https://mamoria.jp/clip/20150914/fitness

スポーツがもともと苦手という方はウォーキングや体操など少し体を動かすだけでも心身共にリフレッシュできておススメです。
楽しみながら適度に体を動かして、健康に毎日を過ごしましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選
    まだ間に合う!敬老の日のプレゼント4選
    もうすぐ始まるシルバーウイーク、もう予定は決まりましたか?シルバーウイークといえば「敬老の日」です!今回は今からでも間に合う敬老の日のプレゼントをご紹介します。プレゼント予定の無かった方もこの機会に検討してみてください。
    記事を見る
  • 親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    いまや4人に1人が高齢者となった超高齢社会の日本において、介護は決して他人事ではありません。親が階段から落ちた、だんだん物忘れが始まってきた、脳卒中による突然の入院...など、ある日突然、親の介護が必要になることも珍しくありません。今日本では、介護と仕事の両立に悩む人がとても多く、仕事を辞めざるを得なくなった人も。ここでは介護を理由に仕事を辞めないほうがいい理由、介護と仕事の両立のために気を付けたいポイント、それでも仕事を辞めたいときに約束してほしいことをご紹介しようと思います。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【前編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    2017年6月に公表された厚生労働省「保険医療2035」での提言では、当年の「総合診療医」資格化に向けて、質の担保・人材育成、地域主体の保険医療再編の重要性等に関するレポートが発表されました。 今回は「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生に「解決できない苦しみ」といかに向き合うか、お話を伺いました。 「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。
    記事を見る
  • 物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れ外来ってどんなところ?
    物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階であるものがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。今回は物忘れ外来の特徴や受診のポイントについてご紹介します。
    記事を見る