null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

認知症の方にみられる徘徊行動。原因と対応方法をポイント解説!

認知症の方が家の中や外をぐるぐると歩き回ることを徘徊といい、認知症の方によく見られる行動ですが、実はこの徘徊、本人なりの目的があって徘徊する場合が多いことをご存知でしょうか。
そこで今回は、徘徊とはどういった行動なのか、認知症による徘徊の基本的な知識と対策をご紹介します。

どうして徘徊するの?徘徊の原因



認知症の方が絶えず歩き回っている様子を見ると、何の意味もなく歩き回っていると思うかもしれませんが、多くの場合は目的を持っています。
もちろん目的なく歩く場合や、何もやることが無く退屈なため出歩くといった徘徊もあります。

探し物がある・場所を探している

家の中で歩き回っている場合、行きたい部屋が分からなくなって探したり、何かを探しているのにどこにしまってあるのか分からず探し続けるといった行動が挙げれられます。外に出かける場合は、昔住んでいた家や勤めていた職場へ行くなど思い出のある場所に行こうとする行動が見られます。

せん妄による徘徊

せん妄とは、意識障害が起こり、頭が混乱した状態になることです。幻覚を見たり強い不安に襲われたりして家を飛び出すように出て行ってしまうケースがあります。

もの忘れによる徘徊

買い物をしようと家を出たのにお店や自宅の帰り道を忘れてしまうケースや、途中でそもそもの目的を忘れてしまって歩き続けるケースがあります。

いる場所が退屈なため出歩きたくなる

日中やることがなく時間を持て余していたり、居心地が悪い場合に外出するケースがあります。

徘徊によるまわりへの影響とは



認知症の方の行方不明者はなんと、年間1万人にも上るといわれており、認知症の高齢者を持つ家族としては、他人ごととは思えない事実ですね。
もっとも家族として心配になるのは、徘徊による事件や事故です。
認知症になると周りへの注意力が弱くなってくるため、車が来ていても道路の真ん中を歩いたり、電車が来ているのに線路内に入ったりして、事故に遭いやすくなってしまいます。また夏の炎天下では、脱水になってしまう事もあります。徘徊はご本人にとっては命に関わる場合があり、家族にとっては心身共に大変負担となり、適切な対応が必要となります。
これから具体的な対策をいくつかご紹介します。事件・事故に繋がらないよう、しっかりとした対策をとっていきましょう。

徘徊行動への対策 基本編


怒ることや直接止めることは逆効果

例えば、家の中の徘徊で怒られ、外へ飛び出してしまう事もあり、また怒られた嫌な場所だから自分の家ではないと、外へ探しに出るというようになってしまうケースもあります。また、興奮状態のところ止めに入ると逆上してさらに興奮する場合もあるので注意が必要です。

徘徊する目的を理解する

徘徊行動が見られ始めたら、本人の話すことに耳を傾けて共感したり、出かけようとする時間帯や方面などと過去の職歴や生活歴と照らし合わせて目的を探ってみましょう。

日中やることを与える

家でじっとしているのは認知症の方だけでなく誰にとっても嫌なもの。デイサービスを利用したり、何か趣味を見つけて作業をしてもらうだけでも徘徊が落ち着くこともあります。

徘徊行動への対策 外編



  • 玄関のカギは手の届かない場所、また名前や住所がわかわるものをつねに身につけさせておく
  • 近所の人・お店・交番、民生委員にも連絡しておく
  • 夜でも車から発見しやすいよう明るめの服を身に着ける、ライトで反射するよう反射素材のものを身に着ける
  • 小型GPS機能付きの器具を身に着ける
  • 玄関にセンサーや音のなる器具をつけておく
  • 自治体で徘徊者を発見する取り組みをしている場合があるので問い合わせてみる
  • 怪我や病気防止のため、最低限でも靴をしっかりはいてもらう。冬場はコートなどを着てもらう

まずは寄り添って


徘徊は家族にとって精神的にも肉体的にも負担が大きいと思いますが、そもそも外を歩くこと自体は、高齢者の筋力低下の防止やストレス発散にも非常に良いこととされています。毎日の介護に追われる中、時間を確保することはとても難しいですが、短時間でも一緒に歩いて会話をしたり、自然に触れると興奮状態や不穏状態が和らぐ場合があります。その際は、安全や天気・気温にあった服装に気を付けましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事