null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」

デジカメが主流になり、家に残る古いアルバムの整理・活用情報に関する書籍やセミナーが話題になっています。
せっかくの家族の思い出が、クローゼットや本棚に眠ったままではもったいないですよね。
本日は、古いアルバム写真の中から、家族の歴史を一枚の額におさめてくれる、GOOD LUCK PICTURE(グッドラックピクチャ)代表、「思い出写真整理活用アドバイザー」の生江(イクエ) 賢一郎さんにお話を伺いました。


家族の歴史を一枚の額で表現する写真版家系図


―なぜ、思い出写真整理活用アドバイザーとして、起業されたのですか?
私は子どもの頃から、写真や印刷物などのグラフィックが好きでした。大学卒業後も、展覧会に行ったり、オブジェやコラージュを作っていました。

キッカケは、たまたま雑誌で介護施設の壁の写真を見たことで,「殺風景すぎる!」と驚きました。
「人生70年、80年の人が、終ぞ(ついぞ)の住まいとして住む住環境をもっと楽しくしたい。」
「いつでも楽しかった頃を思い出せる環境を作ってあげたい。」

それには、写真額を壁にかけておくことが一番。
そう思い立って、家族の歴史が分かる写真額の製作を始めたんです。

「グッドラックピクチャ」は、写真版の家系図です。
祖父母や両親から子供まで含めた一族の歴史を一枚の「額」の中で表現します。



長い間しまわれてきた写真は、家族の歴史そのもの。
大切な写真を効果的に整理し、誰もが喜ぶ形で残す方法を提案するために起業しました。
ご希望を伺った後、写真を20~30枚郵送いただけば、約2週間で完成・納品できます。

―ずっと昔の白黒写真を、カラーで蘇らせることが出来るのですよね。
90年以上前の写真を蘇らせて、大変喜んでいただいたこともありました。
着ていたものの色や風景がカラーになると、印象が全く違って目に飛び込んできます。
不思議なことに、とても鮮明に当時の生活が浮かび上がってくるのですよ。



十数枚の写真を一つの額に


―どういう時に、依頼されることが多いのでしょうか。
家の写真整理は、色々な理由で必要になることがあります。
例えば、親御さんとの同居、介護施設への転居、急なご逝去、などです。

60代以上の方は、長年プリント写真を楽しんで来られた世代ですから、大体アルバム10冊以上お持ちのご家庭が多いですね。



―古いアルバムを整理するコツはありますか?
ご実家の写真なら、親御さんと一緒に「残すための写真」を選ぶ目的で、整理を開始すると良いと思います。

まずは、家じゅうの写真をあつめます。
アルバムの写真は全て台紙から剥がして、「残す、保留、処分」、の3種類に分けます。
整理直後は「残す、保留」が多くなるかもしれません。
その時は少し時間を空けてから、再度整理すると効果的です。

「残す」写真は、1箱分を現物保管して、残りはデータ化するのがお奨めです。
古い写真の手触りも楽しめますし、保管場所も節約できます。

その中から選りすぐった十数枚を、毎日眺められる1枚の額にすることが、これまでにない私たちの提案です。

ご家族の想いが宿り、作品を生み出す


―作品制作の際は、何を大切にしていますか?
最も大切にしているのは、依頼された方が「何を望んでいらっしゃるか。」です。
まずはお話をじっくりと伺って、その方のお気持ちに最も近いものを作るようにしています。
例えば、何を中心にするか。
ご両親の思い出、三世代の楽しい雰囲気、お父様、または、お母様の若い頃のご活躍、などですね。

お客様の想いをたくさん聴かせていただくと、私にそれが宿って、作品を生み出すと思っています。
作っている時は、ほんとうに家族の一員のつもりでやっています。

写真だけではなく、色々な思い出の品も織り込めますよ。
手紙や押し花など、平たいものなら何でも映像データに出来ます。
提供いただいた全ての題材の中から、最後に取捨選択したものが「最高のハーモニー」を生み出すように作品を作っています。



―題材は、どのように選ぶのですか?
どんな方にも第一線でご活躍されていた、輝ける時代があり、選定する時は、とびきり幸せな時、明るい写真を選びます。
これには重要な意味があって、写真を観ていると、良い写真と良い写真の間の辛いことも思い出されて来たりします。
でも嫌な感じはなく、一つの出来事という感じで、それも含めてこの額を楽しんでいただきたいのです。
過去はすべて、辛いことも含めて、輝いているものです。

若い時には親の有難味が分からなくて、ある程度の年齢に達すると分かる。とよく言います。
「グッドラックピクチャ」も、感謝を繋ぐ一つの手段なのかもしれませんね。

―「グッドラックピクチャ」が描く、未来像をお聴かせください。
どんな家にも1枚は、祖先を含んだ家族の写真がある風景。を目指しています。

写真はものすごい力を持っています。
事あるごとに「グッドラックピクチャ」が、そこで暮らす方たちにパワーを与える存在になっている。
歴史は家族だけではありませんから、会社の社史をカラーにして飾っていただくのも、面白いと思います。
壁に何もかけず、シンプルに暮らすのも良いけれど、壁に意味のあるものを飾る生活もあります。

高齢者の方だけでなく、どんな世代の方にも元気になってもらいたい。
誰もが「自分の人生まんざらじゃない。」という気持ちで、明るく楽しく生きてほしいと、切に思います。



お問合わせ・お申込みはこちら

団体概要

GOOD LUCK PICTURE(グッドラックピクチャ)
ブログ:http://blog.livedoor.jp/glpicture/
参考ページ「写真の整理方法」:http://www.goodlupi.com/seiri.html※現在閉鎖中2018.8.15

執筆者

取材・文:GCストーリー株式会社 阿南
画像提供:GOOD LUCK PICTURE(グッドラックピクチャ)

マモリア事業部へのお問い合わせ

弊社の取り組みにご興味がある企業様はお気軽にご連絡下さい。
取材希望・事業提携など介護・終活に関わる方のためにご協力出来れば、と思います。

お問い合わせはこちら

https://mamoria.jp/inquiry

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る
  • がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がん治療で注目の「緩和ケア」とは?
    がんの緩和ケアをご存知でしょうか。緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげるために行われる対処方で初期からケアを行うことにより治療に必要な体力と気力の低下を防ぐ効果があるとされています。今回は緩和ケアについてまとめました。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    【後編】励ましではなく、相手から見て「わかってくれる人」になる
    前回に続き「苦しむ人への援助」について、「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」理事、めぐみ在宅クリニック院長の小澤竹俊先生にお話を伺いました。 小澤先生は、援助者養成講座や執筆・講演活動等を通じて「スピリチュアルな苦しみに対する具体的援助」の普及に取り組んでおられます。 前編はこちら→@link{https://mamoria.jp/clip/20170621/end-of-life}
    記事を見る
  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【九州】 【子どもと一緒】
    九州には温泉をはじめ、豊かな自然や美味しい食べ物、テーマパークなどの観光スポットが豊富にあります。最近では、バリアフリー対応の施設が増加して、車椅子で観光を満喫できるようになりました。ここでは、GWに車椅子で楽しめる九州のお出かけスポットについてご紹介します。
    記事を見る