null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

~Reライフ~ 自分のため、次世代のために生きる

高齢化社会が進む現代において、「地域のつながり」が再重要視されています。
一般社団法人シニアライフマネジメント協会 代表理事の肘井哲也さんは、「人を育てる町づくり」を掲げ、子どもの貧困支援、起業家やフリーランスの活動支援、「いのち」と向き合う数多くのイベントやプロジェクト運営をしています。
本日は、高齢者と、ご家族をトータルにサポートするための、「私のまちのRe(リ)ライフ相談室」の取組みについて、お話を伺いました。


地域の「いい人、いいもの、いいサービス」を発信


ー「Re(リ)ライフ相談室」は、どのようにして生まれたのでしょうか。
現代では隣近所の付き合いが希薄になり、インターネット検索が主流になっているかもしれません。
しかし、地域の限られた範囲で暮らす高齢者やそのご家族には、ネットの情報が、「信頼できるものなのか?」、なかなか分からないものです。
多くの方が、溢れかえる情報から、何を選択すればよいのか、不安を抱えておられます。
私たちは元々、供養の世界で、お客様と長くお付き合いをして参りました。
お客様の中には、ご家族が先に旅立ち、お一人様になるケースがあります。
「私は、どうやって生活していけば良いんだろう。」と、ご相談を頂くことが少なくありません。
暮らしのこと、これからのこと、供養のこと、高齢の方がお一人で孤軍奮闘するのは、とても大変だと実感する日々です。

人生の高齢期を迎える方々が、高齢ならではの問題を誰かに相談できる場所を作りたい。
その想いから、地域の「いい人、いいもの、いいサービス」の情報を収集・発信する、『Reライフ相談室』が誕生しました。



確かな一歩を踏み出し、安心して過ごすお手伝い


ー「Reライフ」には、どんな想いが込められているのですか。
近頃は「終活」という言葉が流行していますが、私たちは、「Reライフ」と言っています。
「Re(リ)」には、「繰り返し」という意味があります。
「充実した毎日を、繰り返し、繰り返し、丁寧に生きていきましょう。」という想いを込めています。

私たちは「Reライフ」を、人生の節目の問題を乗り越え、確かな一歩を踏み出すこと。
新しいことに挑戦したり、今までの自分を生かしたり、よりいっそう楽しく自分らしく生きること。と定義しています。

例えば、介護を受ける立場になっても、「自分は貢献できる!何か役に立つんだ。」という意識を、相談者の方が常に持てるように、寄り添う。
皆さんに、「生きていることは、必ず世の中に貢献しているんだ。」という、生きている意義、消化試合ではないことを伝えたいのです。

ー「Reライフ相談室」では、具体的にどんなサービスを提供していますか?
サービスは大きく2つあります。
1つは、「まちの相談室」。
お店に来てくださったお客様に、専門の相談員が「暮らし、医療、介護、供養」を中心に、個別の事情を踏まえた上で、地域の適した人やサービスをご紹介します。
もう1つは、「Reライフスマイルハンズ」。
“笑顔の手”ということで、いわゆる生活便利屋さんです。ご自宅にお伺いして、1時間単位で、日常のちょっとした生活のお手伝いを致します。

相談員は、税理士・弁護士等の士業や看護師、Reライフビジネスに携わっている、志のある方たちです。
皆さんに安心してご相談いただけるよう、専門の育成講座を修了しています。
徹底的に、相談者さまの立場になり、医療や介護だけでなく、いろいろなことをお調べします。



誰もが、豊かで充実した生を全うし、幸せに暮らせる社会


ー「Reライフ相談室」の今後について、お聴かせください。
2019年までには、「Reライフ相談室」を、都内近郊に100か所、開設していこうとしています。
終活ビジネスに関わる方だけでなく、町のお寺さんや、カフェ・リラクゼーション等の店舗さんが併設するケースもあるかもしれません。
「私のまちのReライフ相談室」は、高齢世代(Reライフ世代)とそのご家族が、地域の中で安心して活き活きと楽しむために...。暮らしと心のよりどころとなるよう取り組んで参ります。



ご相談・ご依頼はこちら

団体概要

一般社団法人 シニアライフマネジメント協会
ホームページ:http://www.seniorlifemng.or.jp/

参考サイト

Reライフ相談室:http://www.relife-soudan.com/
Facebook「私のまちのReライフ情報局」:https://www.facebook.com/omoinotoki/


執筆者

取材・文:gCストーリー株式会社 阿南
画像提供:一般社団法人 シニアライフマネジメント協会

マモリア事業部へのお問い合わせ

弊社の取り組みにご興味がある企業様はお気軽にご連絡下さい。
取材希望・事業提携など介護・終活に関わる方のためにご協力出来れば、と思います。

お問い合わせはこちら

https://mamoria.jp/inquiry

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護問題解決の新たな一手!京都府が始めた認証制度とは
    介護職員の人手不足、労働環境など介護現場で働く職員の課題や問題についてあちこちで叫ばれています。京都府ではこういった問題を解決する一手として、人材育成などが整備されている福祉施設に対し「認証」を付与するという取り組みをはじめました。 今回はこの京都府の取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    みんなは一体どうしてる?仕事と介護の両立実態の調査まとめ
    仕事と介護の両立という事は、これから高齢者が増えていく日本では大きな課題となっていきます。しかしその実態は見えにくく、実際に自分がその立場に立たないとわからないことも多いものです。現在どのような状況にあるのか、実態をつかむことも大切です。また、企業でどのような支援体制があるかもチェックしてみましょう。
    記事を見る
  • 親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    親の介護と仕事の両立は難しい?両立するための3つのポイント
    いまや4人に1人が高齢者となった超高齢社会の日本において、介護は決して他人事ではありません。親が階段から落ちた、だんだん物忘れが始まってきた、脳卒中による突然の入院...など、ある日突然、親の介護が必要になることも珍しくありません。今日本では、介護と仕事の両立に悩む人がとても多く、仕事を辞めざるを得なくなった人も。ここでは介護を理由に仕事を辞めないほうがいい理由、介護と仕事の両立のために気を付けたいポイント、それでも仕事を辞めたいときに約束してほしいことをご紹介しようと思います。
    記事を見る
  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    ひょっとしたら認知症?気になる初期症状とチェックポイント
    厚生労働省の調査で、65歳以上の約15%が発症していると明らかになった認知症。認知症の初期症状は、物忘れや何度も同じ話をするなど、家族でもなかなか気づきにくいものです。認知症にはいくつかの種類があり、それに応じた対応をしなくてはなりません。今回は認知症のタイプ別初期症状とチェックポイントをご紹介します。
    記事を見る