null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

みんなが、みんなを助け合う場に。がん共同勉強会の取り組み

1981年以来、日本人の主な死因トップの座にあり続ける「がん」。国立がんセンターの統計では、全がんは60歳代から増加し、「高齢になるほど死亡率が高い」との統計が発表されています。
本日は、腫瘍内科医で『孤独を克服するがん治療〜患者と家族のための心の処方箋〜』の著者であり、患者さん同士が治療体験を話しあう場を提供し続ける、NPO法人宮崎がん共同勉強会理事長の押川勝太郎医師にお話を伺いました。


自分の体験を活かせる「助け合いの場」


ーなぜ腫瘍内科医である押川先生が、「がん共同勉強会」を立ち上げるに至ったのですか?

がん治療の過程では、1人1人の患者さんに、医療とは別に様々な問題が起きてきます。
そんな中、患者さんやご家族が、治療の膨大な情報を短時間で理解するのはとても大変です。
はじめは診察の都度説明していましたが、1度では理解できにくい上、質問に答えたり相談に乗る時間が、どうしても多くはとれませんでした。
そこで、患者さんを集めて講義を始めたのがキッカケです。

定期的に講義をするうちに参加者同士が友人になって、色んなことを話せるようになっていったんです。
勉強会の場が、患者さんやご家族にとって、自分の辛い思いや、失敗談も活かせる、助け合いの場になりました。
宮崎の勉強会は発足から7年。今では皆さん非常に自主的に活動してくれています。

実体験者の経験が、色んな人の「やってみよう」に直結する


ー具体的にはどのような活動をされているのですか?

宮崎と東京で月に1度ずつ共同勉強会を開催しており、告知は院内やブログで行っています。

参加者の制限はなく、患者さんやご家族以外にも、がんサバイバーの方、医師、看護師、薬剤師、心理士、がんに興味がある方なども参加してくれています。



前半は、毎月のテーマに沿って、がん治療に関する講義をします。
例えば最近では、今まで怪しいものばかりであった免疫療法の中で免疫チェックポイント阻害薬であるオプジーボが、遂に肺がんや胃がんの臨床試験で効果を証明した原理や、早期緩和ケアの有効性についてお話ししました。
その後、参加者全員で体験を分かち合い、質疑応答を行います。
ここでは私の医師としての助言だけでなく、参加者の皆さんも積極的に発言しています。

インターネット等で調べただけでは机上の空論ですが、実体験者の経験が、色んな人の「やってみよう」に直結しています。

体験者のほんとうの感想がみんなの助けになる


ー参加者の皆さんの、笑顔と前向きな雰囲気が印象的でした。

共同勉強会に参加する皆さんは、仲間に協力出来ることをとても喜びます。
新しい患者さんは、共同勉強会に行くと、色々教えてもらうことが出来、私たち医療側も助かり、三方よしです。
単にレクチャーや講義だけではあまり役に立ちません。
全てのサイドが助かるという形をとって初めて、やっぱり成り立つものだなぁと感じます。



病院が医療を提供しても、実際に患者さんたちがいちばん喜ぶのは、病気以外のことを一緒に話してくれる人がいることのようです。
どうも病院には相談しにくいというのがありますし、実際の体験者の経験は、聴く人にとって真実味があります。

共同勉強会は、患者さん同士を中心に、それを支える人たちで自助グループが形成されています。
ほんとうに治療を受けた人やサバイバーが、体験から治療について説明してくれたら、その人がほんとうの感想を言ってくれます。
「体験者のほんとうの感想」それ自体が、医療従事者、患者さん、双方の助けになるんです。

ー病院側とのコミュニケーションに関する相談が多かったですね。

患者さんはすぐ病院に行けるけど、待ってる人がたくさんいるから、担当医に質問したくても、我慢しているケースは結構多いんです。
入院していれば尚更、医師も看護師さんも忙しそうにしていて遠慮してしまう。
患者さんと医者の敷居がどんどん高くなり自分の抗がん剤の影響や、がんで苦しんでいる状況を、言えなくなる傾向があります。

例えば、そういう場合、自分が気になっている症状や希望を、お手紙に書いて受付に渡しておいたら、上手くコミュニケーションが出来た。という体験談がありました。
診察が落ち着いたタイミングで主治医に読んでもらうことが出来て、伝えたいこともきちんと伝わって有効だったそうです。

もし、薬の副作用に不安があるなら、飲んだ薬の名前、量、タイミング、症状をメモしておけば、薬物投与によるアレルギーや中毒症状の原因特定の助けにもなります。

医療側の改善も大切ですが、患者さん側から出来ることを働きかけていくことについても、100回近い勉強会を重ねてきて、知見が溜まってきました。

ーまさに皆さんの「助け合い」の成果ですね。今後の目標はいかがですか。

僕が共同勉強会をやってる究極の目標は「人材発掘」です。
「がん」というキーワードで集まる人の中に、実はみんな、個性があって、能力があって、みんなが、その場で色んな協力をしてくれる。

相互の助け合いの場であり、単にこちらが”助ける”だけでなく、むしろこちらが助けてくれる人を募っている場でもあるんです。

ブログで、これまでの知見も含んだ「がん治療」に関する情報を提供しています。
僕のブログを見て、意欲的な患者さんが集まってくれて、勉強会の雰囲気はとても明るいです。

がんはもう特別な病気ではなく、治療以外の生活は普通です。
患者同士で経験を教え合えば、体調のコントロールがしやすくなります。
治療を継続しながら生活や仕事や家庭を守っていけるイメージを広めていきたいと思っています。

勉強会について参加してみたい方はこちら

団体概要

NPO法人宮崎がん共同勉強会
理事長ブログ:(がん治療の虚実)
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/

参考文献

「内閣府H28高齢者会白書」
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2016/zenbun/pdf/1s2s_3_1.pdf
「国立がんセンター最新がん統計」
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

執筆者

取材・文:gCストーリー株式会社 阿南
画像提供:NPO法人宮崎がん共同勉強会

マモリア事業部へのお問い合わせ

弊社の取り組みにご興味がある企業様はお気軽にご連絡下さい。
取材希望・事業提携など介護・終活に関わる方のためにご協力出来れば、と思います。

お問い合わせはこちら

https://mamoria.jp/inquiry

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    ドキュメンタリー映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督にインタビュー
    「平成28年版高齢社会白書」の統計によると、「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」について「自宅」が54.6%で最も多く、次いで「病院などの医療施設」が27.7%となっています。 今回は、映画「いきたひ ~家族で看取る~」監督の長谷川ひろ子さんにお話を伺いました。 長谷川さんは、ご自宅で4児の幼いお子さんと共に、ご主人を看取った記録映像を含む「みとりびと」のドキュメンタリー映画を製作されました。 この映画は2015年4月以来、2年間で180回以上もの自主上映・講演会が催され、全国に 上映の輪が広がっています。
    記事を見る
  • 知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    知らないと損!高齢者の運転における危険性と対策法
    「高齢者による高速道路の逆走運転で交通事故!」こんなニュースを耳にすると、近い存在に高齢者のいる方などはドキッとするのではないでしょうか。年々増加する高齢者ドライバーによる交通事故。ここではその問題点と対策等について考えてみます。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    最期の晴れ舞台衣装、ウエディングドレスならぬエンディングドレス!?
    近年では、お葬式の内容も多様化して来ました。海や山へ散骨する「自然葬」や、故人が好きだった曲を生演奏する「音楽葬」、生きているうちにお世話になった人々へ感謝を伝える「生前葬」など...。「終活」という言葉も生まれ、「自分らしい最期を迎えたい」と考える人が増えて来ています。そんな中、「エンディングドレス(死装束)」の人気が上昇中です。
    記事を見る
  • その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    その薬は本当に必要?医師が提唱する「薬のやめどき」
    医療の専門分科が進む中、多剤投与の危険性への関心が高まっています。 『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』(日本老年医学会)では、薬物有害事象が増加する要因として、多剤併用、併科受診が挙げられています。 今回は「365日無休の外来診療と24時間体制」の在宅医療に取り組み、2016年には地域の介護職員のレベルアップを目的に「国立かいご学院」を開設、近著『痛くない死に方』、『薬のやめどき』を始め、多くの著書を世に送り出し続ける長尾クリニック院長、長尾和宏先生にお話を伺いました。
    記事を見る