null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

意外な盲点!?高齢者が運動する際に注意すべきポイント

高齢者になってから運動を始める人は少なくありません。趣味として行う場合や健康のために行う場合などがあります。運動自体は決して悪いことではありません。しかし、高齢者の場合、不用意に運動をしてしまうと怪我の原因になることもあります。そこで今回は、高齢者が運動する際に注意した方が良いポイントについて紹介します。

無理せず行える範囲に留めよう


どれだけスポーツ万能だった人でも、高齢になると身体能力は衰えてしまいます。若い頃と同じ感覚で運動をすると、体が上手く動かなかったり反応が遅れたりすることが多いです。その結果、転倒したりして怪我をする恐れがあります。長期間運動をしていなかった場合は、特に注意しなければなりません。体に急激な負担がかかることによって、大怪我に繋がったり、持病が悪化したりする可能性があるからです。運動をするときは、無理をしないで済む範囲に留めることが重要です。

たとえば、普段の生活で装具を装着している高齢者は、装具を外さなくても行える運動メニューにしてください。体への負荷が少なすぎると運動の意味がないと考える人もいるでしょう。しかし、運動の目的は体を鍛えることだけではありません。精神的にリフレッシュする効果もあるのです。それに軽めの運動でも継続して行うことで、筋肉に適度な刺激を与えられます。

運動前の体調チェックは必須!


高齢者が運動をする場合、必ず事前に体調のチェックをしましょう。若い人でも体調が悪いとスポーツで十分なパフォーマンスを発揮できません。ましてや高齢者の場合は、急激な体調の悪化を招いてしまう恐れがあります。多くの人は体調チェックに体温計を用いますが、高齢者の場合は血圧の測定も忘れないようにしてください。血圧が高すぎる場合は、運動すると命に関わることがあるからです。前日の睡眠時間や便の状態なども考慮した方が良いでしょう。

また、呼吸器系の不調や極端な不整脈が見られる場合は、運動は控えてください。チェックの際、見落としがちなのは高齢者の気分です。気分は体調と関係ないと思っている人が多いからでしょう。体に異常があっても、体温や血圧などは正常であることがあります。そのような場合でも異常があると、「気分が悪い」という形で現れることがあるのです。異常のサインかもしれないので、たかが気分と考えずに運動を控えるようにしましょう。

運動中の変化に気を付けよう


運動中の状態も非常に重要です。途中で少しでも不調を感じた場合は、すぐに中止することが大切です。高齢者の付き添いや一緒に運動をしている人は、常に高齢者の様子に気を配りましょう。

特に注意するポイントは息切れをしていないかということです。運動では血流が多くなります。体中の細胞に酸素を多く提供するためです。息切れは酸素の量が不足している場合に起こります。つまり血流が悪く、酸素を運べていない可能性があるのです。血液を送り出すポンプである心臓や血液の通り道である血管などに異常が生じている恐れがあります。息切れが収まるまで休憩することが大切です。なかなか収まらない場合は、病院で診てもらいましょう。

また、高齢者の運動には水分補給も欠かせません。大切なのは早めに補給することです。高齢者は若い人より感覚が鈍く、喉の渇きを感じるのが遅いからです。喉が渇いていなくても、小まめの水分補給をしましょう。

高齢者に適した方法で運動することが重要!

運動は健康に良いだけでなく、高齢者の身体機能の低下を抑制する効果もあります。さらに精神が老け込んでしまうのを防ぐ効果も期待できます。しかし、若い人と同じように運動をしていては、逆効果になってしまう恐れがあります。今回紹介した注意点に気を付けて、高齢者に適した方法で運動することが大切です。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【信越・北陸】【散歩】
    美しい自然や歴史的遺産に恵まれた信越・北陸地方は、お出かけを楽しんでみたいエリアの1つでしょう。親御さんと一緒にのんびり散策をするのにもピッタリです。そんな信越・北陸地方には車椅子でも安心して出かけることのできるスポットが様々あります。ここでは、そのスポットの幾つかをご紹介します。
    記事を見る
  • 既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    既存のショートステイを利用したユニマットの新規事業
    今回は介護事業者大手のユニマットが新たに行う介護事業についてご紹介します。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    ミスユニバースさいたま指導者直伝!無理なく楽しい「姿勢ストレッチ」
    高齢になり運動機能が低下すると「転倒」による怪我が、寝たきり状態のキッカケになる危険性があります。 『平成27年版高齢社会白書』では、「骨折・転倒」が要介護になった主な原因の12.2%を占め、特に女性は15.4%で男性の6%を大きく上回っています。 重症化リスクを予防するためには、無理なく運動できる「ストレッチ」がオススメです。 今回は『ミスユニバースさいたま2017』の育成・指導を始め、多くのモデル指導の経験を活かし、独自の高齢者向けストレッチを提案する「魅ボディ研究所」代表の比嘉美佐子さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    「地域のみなさん」と一緒に取り組む「包括ケアシステム」
    『保健医療2035』の提言を皮切りに、超高齢化社会に向けて「かかりつけ医の育成・全地域への配置」が推進されています。 今回は、多彩な経歴を持ちながら「まちのお医者さん」として地域医療モデルを切り拓く、みいクリニック院長の宮田俊男医師にお話を伺いました。 地域医療モデルの構築・発信だけでなく、内閣官房補佐官をはじめ、若手育成、医療機器開発にも取り組んでおられます。
    記事を見る