null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

【注意!】車椅子の事故・事例まとめ。事前に知っておけば予防にも!

足の不自由な人とって車椅子は非常に便利です。しかし、事故が起こることもあるので注意しなければなりません。車椅子の事故には、どのような事例があるのかを知っておくと良いでしょう。事前に知っておけば用心できるので、事故を回避しやすくなるからです。そこで今回は、車椅子に関して起こり得る事故について紹介します。

車椅子の異常による事故


車椅子の故障が原因で事故が起こることがあります。車椅子は複数のパーツで構成されています。自動車などと同じで、使用しているとパーツは消耗していき、故障することもあるのです。たとえば、タイヤだと空気圧が下がっていたり、表面が摩耗したりしているケースが挙げられます。その場合、ブレーキが効きにくくなるので、衝突や接触事故の原因になりやすいです。ブレーキワイヤーが弛んでいる場合も同様に危険です。電動車椅子の場合は電気関係のトラブルも見られます。配線やバッテリーの異常で、急停止してしまうケースなどがあります。横断歩道や踏切内で停止してしまうと、大きな事故に繋がりかねません。

乗り降りの際に発生する事故


車椅子は乗っているときだけでなく、乗るときや降りるときにも事故が起こりやすいです。特に多いのはベッドと車椅子との間での移動時です。介護者のサポートがない場合は、自分の腕力で移動することになります。しかし、腕力が弱い場合は、体を支えきれずに落下してしまうことがあるのです。また、腕力が十分でも事故が起こる可能性があります。服の袖が車椅子のアームサポートに引っかかり、バランスを崩してしまうケースなどです。足の感覚がない場合はフットサポートを踏み外して、落ちてしまうケースも見られます。そして、車椅子のロックをかけていないと、移動しようとした反動で急に動いてしまうことがあります。その場合も転倒などの事故が起こりやすいです。

天候や道路環境が原因である事故


天候や道路環境も事故の原因となることがあります。急な雨で地面が滑りやすくなったり、視界が悪くなったりしたことによって、人や物に接触してしまうケースがあるのです。風も事故の原因になりやすいです。台風のときなどに、横からの突風に煽られて倒れてしまうことがあります。背中に強風を受けて加速してしまい、車椅子を制御できなくなるケースも見受けられます。道路環境が原因で起る事故は少なくありません。たとえば、歩道の縁石に気付かずに乗り上げてしまい、転倒する事故が起こっています。歩道の縁石以外にも段差での転倒事故は多いです。また、用水路に沿った道に柵がない部分があり、用水路に落下してしまう事故もありました。

他人の不注意による事故


車椅子を操作する人がいくら注意をしていても、事故が起こってしまうことがあります。たとえば、自転車との衝突事故が挙げられます。スマートフォンを見ながら運転したり、スピードを出しすぎたりするなど、交通ルールを守らずに走っている自転車は珍しくありません。自転車に向かって来られると、車椅子に乗った状態で回避するのは困難です。歩行者との接触事故も見られます。話に夢中になっている人がぶつかってきたり、曲り角で鉢合わせてしまったりするケースなどがあるのです。また、車道を通行中に、自動車に跳ねられて死亡する事故も過去に起こっています。車椅子は歩行者よりも高さが低いため、夜間など視界が悪いときには、ドライバーから視認されにくいのです。

事故防止には周囲の理解が大切!

車椅子は年々進化しており、安全性が高まっています。しかし、今回紹介したような事故は、依然としてまだ起こっています。車椅子がどれだけ便利になっても、健常者のように自由に行動することはできません。事故を防ぐために重要なのは、周囲の人が気を配ってあげることです。特に介護者は車椅子についての知識を習得して、適切なサポートを行う必要があるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    車椅子でも楽しめる!おすすめ紅葉スポット【関西】
    紅葉シーズンは早い地域だと9月からはじまり、遅い地域では12月中旬ころまでと言われています。秋の風景を堪能できるこの季節をご家族で楽しんではいかがでしょうか。今回は車椅子でも楽しめる関西の紅葉スポットをご紹介します。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る
  • 【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    【PR】「脳トレ×コミュニケーション」新しいカタチのもの忘れ対策とは?
    日本では高齢化が進むとともに認知症患者数が増加しており、今後もますます増えていくと考えられています。厚生労働省の推計では、65 歳以上の方の認知症有病率は15%、約462 万人となっており、高齢者の7 人に1 人が認知症有病者と言えます。現代の医学には認知症を完治させる治療法や薬はまだないと言われています。したがって認知症予防が非常に重要です。本日は、もの忘れ対策に関するサービス『脳レク』を展開する株式会社エストコーポレーションの脳レク事業部担当者の水谷さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    【前編】今を生きる人に。“生老病死”の人生哲学。松島龍戒住職
    かつては身近な生活の一部であったお寺や神社。近年の統計ではお墓参り、初詣、法事のみの関わりになっている方が増加傾向にある一方で、若い世代でも座禅や写経、法話に関心を示す人々も増えてきました。信仰や宗派を超えて、人々のこころの平穏のためにお釈迦さまの教えを知ってもらおうと、様々な活動を展開する神社・仏閣も多く見受けられるようになってきました。 今回は、多くの人に仏教の癒しを届けることを目指して、伝統仏教声楽「聲明(しょうみょう)」を現代音楽とコラボレーションさせた「現代仏教音楽」を各所で演奏している、高野山真言宗南山進流の龍源山功徳院(くどくいん)住職であり、一般社団法人 現代仏教音楽研究会 代表理事の松島龍戒さんにお話を伺いました。
    記事を見る