null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

自分の親が介護が必要になった際に掛かる、お金を今から知っておきましょう!

親の介護と言っても、怪我や病気が原因で急に介護が必要になる人や、物忘れの症状が徐々に進行して目が離せなくなり、そろそろ介護が必要になりそうな人など、人それぞれです。共通して不安になることは、介護にかかるお金がどれくらいになるのかということでしょう。今回は、具体例を挙げながら、介護にかかるお金を月額で説明していきます。

認知症で要介護1と認定された人の場合


公的介護保険サービスを利用する場合は、まず市町村の窓口に申請して、介護認定を受けることになります。要支援1・2、要介護1・2・3・4・5の認定がされたのち、支給限度額の1割の自己負担で公的介護サービスを受けることができます。

ここでは、80代の男性が認知症で「要介護1」と認定された場合を想定してみましょう。認知症で要介護1は「食事や排泄はだいたい一人でできる。身だしなみや部屋の掃除などの身の回りの動作になんらかの援助を要する」となっています。この男性が月曜日から金曜日、同居の家族がいなくなる時間帯にデイサービスに通って活動をしたり、昼食や入浴などのサービスを受けたりしたとします。

デイサービス利用時の自己負担額は利用時間の長さや施設の規模などによって違うのですが、6時間のデイサービスを昼食付きで、1カ月で21日間利用したとしましょう。そうすると、公的介護保険サービス利用料の合計は106,680円となり、要介護1の支給限度額166,920円の中に納まっており、自己負担額は1割の10,668円となります。食事代は保険対象外なので、1回あたり450円、1カ月で9,450円になります。

認知症で要介護2と認定された人の場合


上の例の男性の認知症が進行して、要介護2になったと想定してみましょう。要介護2の状態になると、介助量が増えてきます。要介護2は「食事や排泄になんらかの介助を要することがある。身だしなみや部屋の掃除などの動作全般になんらかの介助や見守りが必要」という状態とされています。認知症で常に見守りが必要な状態になってくると、介護する側の負担も大変なものになります。

そこで、入浴を含めたデイサービスを週5日間・8時間で利用し、週末も1時間の身体介護サービスを利用する想定にしてみます。1カ月の利用料は、デイサービス利用分が169,690円、身体介護サービス分が19,600円、合計で189,290円となります。要介護2の支給限度額は194,800円で範囲内に納まっているので、サービス利用料の自己負担額は1割の18,929円となります。この金額に、保険対象外である食事代9,450円が加わります。

脳卒中で要介護3と認定された人の場合


今度は、80代で脳卒中によって身体が片麻痺になり、要介護3と認定された人を想定してみます。要介護3は「立ち上がりや歩行などが自力ではできない。入浴や排泄などの行動が自分一人の力ではできない」という状態とされています。日常生活では、車椅子を使わなければならない状況だと言えるでしょう。家族の介護負担も大きくなるので、サービス利用量が多くなるのは否めません。

週1回の訪問看護、週5回の午前の訪問介護、週3回午後のデイケアサービス、家族の休憩のための短期施設入所サービスを月に1回、電動ベッドのレンタルと、多くのサービスを利用したとします。これらを合計すると、259,970円になります。要介護3の支給限度額269,310円の範囲内になんとか納まり、自己負担額は25,997円になります。短期施設入所サービス利用時の滞在費や食費は自己負担になるので、1回利用するのに別途2,500円ほどかかります。

介護生活を無理なく続けるために大切なこと

これまでに挙げた例は、介護生活が軌道に乗ってからの在宅介護を想定しています。急な病気や怪我で入院したのであれば、介護費用とは別に入院費用がかかります。住宅改修が必要であればその費用、介護用の食器やおむつなどの消耗品の費用も必要になるでしょう。介護度が重くなれば、施設入所を選択することもあるかもしれません。介護はいつまで続くのか見当がつかないものです。親自身のお金で足りなければ、家族が不足分を補うことになりますので、一人で抱え込まずに他の兄弟や親戚に相談したりすることがとても大切になるでしょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る
  • 保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    保険外の介護サービスも上手く使おう!行政サービス編
    介護保険制度のサービスは1割負担(※)で受けることができますが、介護度によって利用できるサービスの範囲や回数が決まっており、万全ではありません。自己負担で様々なサービスを受けることができますが、行政が行っているサービスをまず確認してみましょう。利用料の補助が出ており、民間よりも安く利用できる場合があります。今回は行政が行っている保険外サービスの事例をご紹介します。 ※一部、所得によって2割負担となります。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • グループホームの特徴と選び方のポイント!
    グループホームの特徴と選び方のポイント!
    現在、日本は4人に1人がお年寄りといわれている、超高齢化社会に突入しています。そんな中、親御さんや親戚の将来を考え始めた人も多いのではないでしょうか。今は一人暮らしができていても、5年後、10年後を考えた時、どうしても介護が必要になってしまうでしょう。自宅に介護人を呼ぶ、デイサービスを受けるなどの方法もありますが、自立した生活が難しい場合は、介護施設を利用するのが一般的になっています。そんな中、従来の老人ホームとは一風変わった、グループホームという施設が注目されています。しかし、聞いたことはあっても、グループホームとは具体的にどのようなものなのか、何に注意をして選ぶべきなのか、わからない方も多いのでは?そこで今回は、グループホームの特徴とメリット、デメリットを紹介したうえで、選び方も紹介します。
    記事を見る
  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る