null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

介護がつらい...。身体を楽にする古武術介護をご紹介!

両親の介護を始めたばかりだと、どう接していいか分からないものです。身体を支えて動かす時も、つい力任せになったり慎重になったりと勝手が分かりません。自分で思っているよりも介護は身体に負担をかけます。一つ間違えばすぐに腰痛やぎっくり腰など自分が介護を受ける羽目になるかもしれません。そんな介護を楽にしてくれるのが古武術介護です。古武術介護のメリットについて紹介します。

古武術の技が現代に蘇る!古武術介護の正体とそのメリットとは


日本では古来よりいろいろな流派の武術があり、武人としての強さを目指して技術を磨いてきました。その古武術の技術は合理的な身体の使い方で自分の態勢を崩さず、相手を制するものです。その技術を応用したのが古武術介護で、思うように身動きが取れない要介護者を、古武術の原理で重心を崩し簡単に移動することができるのです。自分の重心を崩さないので身体の中心にある首や背中、腰などに負担をかけることなく介護が可能になります。

古武術介護を発案した岡田慎一郎さん(参照:http://shinichiro-okada.com/profile/profile.html)は理学療法士、介護福祉士として介護のやり方を十分に理解しています。武術といっても介護する相手をケガさせることもなく、安全に行えることを最優先に考えられています。古武術の原理を応用したものなので、コツさえつかめば誰でも再現でき、特別な修行をする必要もありません。

介護動作の基本「添え立ち」も古武術介護ならとっても簡単

添え立ちとは自分で立ち上がれない要介護者を、支えて立ち上がらせる動作のことです。順番としては要介護者を一度座らせて、持ち上げるようにして立ちあがらせます。この時、何も知らないと前かがみになるようにして脇の下に腕を入れ、身体を支えながら力で持ち上げようとする人が多いです。当然、腰に負担がかかりますし、自分より重たい人を支えることは難しいでしょう。

しかし、古武術では腕力ではなく重心の力を利用します。具体的には座らせた要介護者の後ろにしゃがみ込み、脇の下から腕を入れ相手のおなかの前で組みます。この時のポイントは、力を入れずに外れない組み方を作ることです。右手の中指と薬指だけを曲げた形で左手首をフックするように組み合わせてください。肘は内ももにつけて支えられる感じです。

その後、後ろに倒れ込むように自分の態勢を倒しながら、後ろ斜め45度の方向に腰から身体を持ち上げます。力で引き上げるのではなく、身体の中心(体幹)を動かして立ち上がるのがポイントです。要介護者の体重で支えられながら斜め後ろに移動するので、ベクトルが釣り合って、まっすぐ立ちあがることができるのです。この方法なら自分より多少重たい相手でも楽に持ち上げられます。

参考:岡田慎一郎氏の添え立ち動画
https://www.youtube.com/watch?v=6QJKuZk6w94

古武術介護なら、車イスから自動車に乗せる時も楽々安全に!


病院などへ要介護者を連れていく場合、車イスごと乗せられるタイプでもない限り、自動車の座席に移動させる必要があります。この時、どうしても車イスから持ち上げるようにして抱え込み、席に座らせたくなりますよね。狭い車内に動けない人を運び込むのは、身体や頭を打つ可能性もあり危険な作業です。また、自分も中腰になるので、腰痛の危険性も高くなります。

古武術介護でのやり方は、まず要介護者の脇に自分の頭を突っ込み、後方に倒れ込むようにして立ち上がります。立ち上がり方は「添え立ち」と同じ要領です。立ち上がったら、相手の片ヒザを押えながらゆっくりと車内に座らせるようにしましょう。ヒザを押えると相手は自分の意思でしゃがめなくなりますので、勢いよく座ってしまうこともなく、座るスピードをこちらのペースに合わせることができるのです。車イスから立ち上がる時もヒザを押えておけば、立ち上がりのスピードをコントロールできます。無理な姿勢を取らずゆっくり座れるのでお互いに安全に移動できます。

古武術介護で体に負担をかけない楽々介護を!

古武術介護はいろいろな介護の場面で役立つ技術で、介護者の状態に合わせて場所を選ばず使うことができます。今回紹介した添え立ちや車イスからの移動は、日常生活で必ず出てくるといってもいい代表的な介護動作です。ちょっとしたコツをつかめば、あなたも古武術介護マスターとして安全で確実な介護ができますよ。無理してケガをする前に古武術介護の技術を学んでみてはいかがでしょうか。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    【介護予防】自治体が行っている健康診断を受けよう!
    高齢になると、何よりも日々の健康が最大の関心事になります。中には初期症状が出にくい病気もありますから、特に不調がなくても積極的に健康診断を受けたいものです。市区町村が行う健康診断なら、無料または安価に健康チェックすることができます。
    記事を見る
  • 「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    「死」についてフラットに話せる場。対等に学び合う死生学カフェ
    静岡県のとあるカフェに、「死ぬこと、生きること」について学ぶ場があります。 死生学カフェでは、隔月の土曜日に30名程度の人が集まります。年代も性別も様々な人が話すテーマは「死」。 普段生活していく上で、「死ぬこと」について話す機会はなかなかないのではないでしょうか。 今回は死生学カフェの世話人代表でもある、静岡大学教授の竹之内裕文様にお話を伺いました。
    記事を見る
  • 亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    亡くなっても人である。最後のメイクに込められた想い
    1950年代以降、病院や介護施設等、自宅外で死を迎える割合は増加し続け、厚生労働省が発行した『平成29年 我が国の人口動態』では、2015年の自宅外死亡の割合は87.3%を占めています。 近年、感染・腐敗防止(エンバーミング※1)と、個人の葬送・遺族ケア、2つの目的を持つ、「エンゼル・ケア(※2)」が、遺族ケアの第一歩として注目され始めています。 今回は家族の最後の大切な時間を共に作る死化粧師として活動するキュア・エッセンス代表の宿原(じゅくはら)寿美子さんにお話を伺いました。 宿原さんは、法医学の復元方法を学び、死化粧師の後進育成、専門学校や医療・介護施設でのエンゼル・ケア講座も多数開催しています。 ※1:エンバーミング:薬品などを用いて防腐・保存のための処置を施すこと。特に遺体に対していう(三省堂大辞林) ※2:エンゼル・ケア:死亡した患者に看護師らが、遺族とともに、死者の旅立ちの準備を施すエンゼル・メイクなどの死後処置(『用例でわかるカタカナ新語辞典』出版/株式会社学研教育出版)
    記事を見る
  • 家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」
    家族の歴史を一枚の額におさめる「思い出写真整理活用アドバイザー」
    デジカメが主流になり、家に残る古いアルバムの整理・活用情報に関する書籍やセミナーが話題になっています。 せっかくの家族の思い出が、クローゼットや本棚に眠ったままではもったいないですよね。 本日は、古いアルバム写真の中から、家族の歴史を一枚の額におさめてくれる、GOOD LUCK PICTURE(グッドラックピクチャ)代表、「思い出写真整理活用アドバイザー」の生江(イクエ) 賢一郎さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    要介護者を自立させる!【和光市の取り組み】
    介護資金は、要介護度が重度であればあるほど、利用者やその家族にとって大きな負担となります。しかし、要介護者が自立して生活していくことができれば、介護にかかる自己負担は減ります。そこで和光市が力を入れている、要介護者の自立に繫がる取り組みについてご紹介します。
    記事を見る