null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

車椅子の事故原因で多いフットレスト!使用方法のまとめと注意点

車椅子は、多くの要介護者に必要とされている移動手段の1つです。お手洗いに行く時など室内間でのちょっとした移動から、買い物や散歩といった外出時の移動まで幅広く活躍してくれます。しかし、一見すると安全に見える車椅子の移動にも危険が伴う場合があります。中でも意外と多いのがフットレストによる事故。そこで、フットレストによる事故例やその対策、フットレストの選び方についてご紹介します。

フットレストで転倒する恐れが!切り傷や擦り傷の原因にも


車椅子についているフットレストとは車椅子に座る人の足を乗せる部分のことですが、フットレストは車椅子の下方にあるため、注意が行き届きにくい部分でもあります。その起こりやすい事故の1つが「転倒」。要介護者を乗せて目的地まで到着した時、フットレストをあげるのを忘れていたために、要介護者が床や地面でなくフットレストの上に立ってしまい、そのまま前に転倒してしまうといったケースが散見されています。

また、要介護者をベッドなどから車椅子に乗せる時にも事故が起こっています。フットレストには角や突起物などがあるため、足に擦り傷や切り傷ができてしまう原因となるのです。特に皮膚が弱い高齢者や要介護者である場合、ちょっと足が当たっただけでも長引く怪我の原因となってしまう恐れがあります。

他に、足がフットレストの後方に滑り落ちて車椅子と地面との間に挟まってしまったり、左右のフットレストの間に足がはまってしまったりといったことが原因で骨折をしたという例も少なくありません。

車椅子を選ぶ時はフットレストを要チェック!


意外と事故につながりやすいフットレスト。これから車椅子の購入やレンタルを検討している方は、フットレストの部分もしっかりチェックすると良いでしょう。

要介護者が自力で立ち上がることができる場合や自分の足で漕いで使用することを希望する場合は、フットレストが取り外しできるものやフットレストの部分だけを上げた(たたんだ)状態にできるもの、フットレストを左右に動かすことができるものが適しています。また、高さの調節も大事です。フットレストの位置が高いと膝を大きく曲げる必要がありますし、逆に位置が低いと足がフットレストにしっかり届かずにサポートできない状態になってしまいます。ポイントとして、要介護者の太ももが座面に軽く触れ、かつフットレストの位置を床から5センチ以上離すことができるものを選ぶと良いでしょう。

関節の不調や骨折など膝をできるだけ曲げたくない方や伸ばしたままにしておきたい方には、角度を自由に調節できる機能がついているフットレストもあります。

介助時はフットレストに気を使い、事故を未然に防ぎましょう


要介護者を転倒や骨折などの怪我から守るため、介護の際はフットレストにも気を配る必要があります。まずはフットレストの位置や角度をきちんと調節してあげましょう。足をきちんとフットレストに乗せることで、フットレストから足が滑り落ちたり、移動中に左右のフットレストの間に足が挟まったりする危険性を回避できます。

また、車椅子で目的地に到着した場合は、要介護者がフットレストの上に立ち上がったりしないように速やかにフットレストを上げたり、左右に動かしたりしましょう。ベッドから車椅子に移動をさせる時もフットレストへの気遣いが必要です。足がフットレストに当たり傷ができないように、足をしっかり支えたり、フットレストを左右に動かしておいたりするといった点に注意すると良いでしょう。フットレストにカバーをつけておくのもおススメです。

目が届きにくいフットレスト!事故に繋がることを忘れないで

フットレストは要介護者の足を守るために必要不可欠な部分です。しかし、使い方を間違えると骨折や転倒、切り傷などさまざまな事故の原因になってしまいます。フットレストは車椅子の中でも下方にあるため他の部分に比べると注意をしにくいかもしれませんが、要介護者を事故や怪我から守るために気を配るよう心掛けましょう。

最新記事を受け取る

併せて読みたい記事

  • 介護保険料の地域差について考える
    介護保険料の地域差について考える
    介護保険料についての問題で、最近大きく注目を集めているのが、「地域格差」です。昨年10月中旬、厚生労働省は介護保険料を全国的に比較することができるオンラインシステムを構築しました。そのことによって、地域による保険料の違いをなくしていくよう、高い自治体で過剰なサービスが行われていないかなど分析し、見直しに努めるようにと促していく方針を打ち出したのです。その具体的な内容についてまとめました。
    記事を見る
  • シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    シニア世代が無理なくできる!”自分らしさ“に還るアシュタンガヨガ
    介護予防の一環として、柔軟性、筋力アップ効果が期待できるヨガが注目されています。一般のヨガスタジオを始め、保健機関や自治体主催のシニア世代向けヨガ教室も増加傾向にあります。 今回は、ヨガの流派の中でも人気の高い「パワーヨガ」の前身として知られる「アシュタンガヨガ」をシニア世代でも無理なく出来るように指導する、IYCインターナショナルヨガセンター講師のゆきのさんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    終活|親が元気なうちにが主流に!?お墓の購入ってどうする?
    国内の少子高齢化が進むにつれて、高齢者の「終活」に注目が集まるようになりました。エンディングノートや遺言状を作成し、遺された家族に負担をかけず、自分らしく最期を迎えたいと考える人が増えてきています。こうした中で、高齢者が生前に墓を整理したり、購入したりする動きが加速しているようです。今回は、少し先ですがお墓の購入について考えてみましょう。
    記事を見る
  • 『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    『拘縮(こうしゅく)』って知っていますか?
    海外のリハビリ先進国では、以前よりリハビリの早期開始の重要性がうたわれてきました。高齢になり体を一定期間動かさないと、体の関節が固くなってしまう『拘縮』になりがちです。今回は、拘縮とその予防方法についてご紹介します。
    記事を見る
  • 料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    料理しづらいと思ったら、調理器具を見直そう
    高齢になると調理する際、重い鍋や柄の長い包丁など通常の調理器具を使い辛い、使うのが怖いと感じる可能性があります。高齢者にとって使いやすい調理器具とはどのようなものでしょうか。
    記事を見る