null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

要介護のきっかけになりやすい骨折・転倒予防のために出来るポイント

日本は世界有数の長寿国としても有名ですが、それだけではなく「健康寿命」の大切さが問われています。やはり、自分の親には健康で長生きしてもらいたいですよね。そのためには、家族の関わり方も大切なポイントになります。ここでは、高齢者が寝たきりのきっかけになりやすい、骨折・転倒予防のために家族が出来ることについてまとめました。

転倒から骨折、寝たきりにつながる主な原因とは


(写真引用元:厚生労働省 平成22年国民生活基礎調査の概況 より「2 要介護者等の状況」 ラインは筆者追記)

加齢とともに身体機能が衰えるだけでなく、骨密度の減少などにより骨折を起こしやすくなります。転倒による骨折は、介護のきっかけとなる原因として3番目に多いといわれています。転倒から介護になる場合、要支援1,要支援2程度で突然介護が必要になる確率は比較的低いですが、骨折する部分によっては要介護4など寝たきりになり、持病の悪化や認知症の発症にもつながるため、くれぐれも注意が必要です。

特に高齢者の骨折で問題視されるのは「大腿骨頚部」(ももの付け根)で、原因の約9割は転倒だといわれています。そのため、転倒から骨折、寝たきりにつながる可能性を無視することができません。骨がもろくなる原因として、骨肉腫や骨膜炎、骨粗しょう症などの病気が挙げられます。特に女性は骨粗しょう症になりやすいので注意しましょう。

また、日頃から飲んでいる薬の副作用にも要注意です。薬によっては、めまいや体のふらつきが出たり、ぼんやりしたりする場合もありますので、服薬について医師への相談をおすすめします。

住宅環境を整える



結婚後は親と別居して新しい生活を始める、いわゆる「核家族化」が普及して久しくなります。一方で、「少子高齢化」によって夫婦どちらかの親を介護する確率も高くなってきました。そのため、介護が必要になる前から同居するケースもありますが、どのような環境で暮らすかも大事なポイントです。

親の家(実家)で同居する場合や、自分の家に親を招く場合もありますが、いずれにしても住宅環境を見直す必要がでてきます。高齢者は、ちょっとした段差につまずいたり、電気コードに足を取られたりして転倒するかもしれません。床の上に置いてある新聞紙やビニール袋などで滑る可能性も否定できないのです。そのようなリスクを防ぐためには、住居内外の動線をしっかり確認しましょう。マットや絨毯の縁を固定したり、お風呂やトイレに手すりなどを付けたりすることも大切です。ただし、安易に段差をなくしてしまうのも逆効果。外の段差で転倒しやすくなってしまうからです。意識できる必要な段差と、日常の導線の中での危ない段差を見分けることが重要です。

また、最も転倒しやすいのは夜トイレに起きたとき。あかりを付けるそのひと手間で、転倒する確率はぐっと下がるので気を付けてみましょう。

食生活を見直す



一人暮らしの高齢者だけでなく、夫婦二人で過ごす場合でも食生活の偏りがみられることが少なくありません。若いうちは食材から吟味して料理していた人も、食事づくりを面倒に感じる場合もでてきます。また、食材を使い切ることを意識するあまり、同じメニューが続くことも考えられます。

介護を意識して親と同居する人はもちろん、親と近くに住む場合も可能な限り食卓を一緒に囲みましょう。栄養不足による体力の低下が懸念されますが、骨密度の減少による「骨粗しょう症」が大きな課題になっているからです。骨粗しょう症の原因としてカルシウム不足が考えられます。

そのような状態を改善するためには、カルシウムやタンパク質が多い牛乳、ビタミンDを多く含む乾燥椎茸、タンパク質やビタミンKの豊富な納豆などを意識して取り入れるようにしましょう。親が自分で料理するときは、これらの食材を積極的に使うようにアドバイスすることをおすすめします。

適度な運動を心掛ける



過度の運動による「疲労骨折」が心配されますが、体を動かさないと筋力が衰えることも知っておきましょう。特に、家の中にいる時間が増えると運動不足になるだけでなく、外的刺激を受ける機会も少なくなってきます。年齢や体の状態にもよりますが、家の近くを散歩するだけでも気分転換になります。デイサービスなどへの参加をすすめるのも良いでしょう。

もちろん、無理な運動はよくありません。体に痛みや違和感があるときは、速やかに医療機関を受診することが大切です。また、体重の変化にも注意が必要になります。体重が減少すると骨密度の減少にもつながりますが、逆に、体重が増加すると膝に負担が掛かるなどから転倒しやすくなります。それらの弊害を防ぐためにも、適切な体重の維持に努めましょう。

骨折・転倒予防には日頃の積み重ねが大切

高齢者の骨折・転倒予防には日頃の積み重ねが大切です。そのためには、高齢者が暮らしやすいように住宅環境を整えるだけでなく、食生活の見直しや適度な運動も不可欠になります。親と同居するケースや親の近くに住むケースなど、家庭によっても生活スタイルは異なりますが、まわりの家族が積極的にサポートすることをおすすめします。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】
    車椅子で行けるゴールデンウィーク(GW)旅行先【東海】【歴史】
    東海地方は、美味しい海の幸や山の幸、歴史的な名所に恵まれたエリア。お出かけを楽しめる場所も沢山あります。最近はバリアフリー対応の施設も増えてきているため、車椅子を利用している方でもお出かけしやすいでしょう。特にGWは気温も温かいため外出するにはぴったりではないでしょうか。そこで車椅子利用の方でも安心して利用できる、東海地方のおでかけスポットを見つけてみました。
    記事を見る
  • 誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    誰でも書ける!感謝と喜びが循環する「笑い文字」
    年明けが近くなり、年賀状の準備をはじめる方も多いのではないでしょうか。 手書きの手紙や葉書の価値を感じても、「字に自信がない。絵心もない」と、ためらう方も増えている印象です。 今回は、字を書ける人なら誰でも短時間で笑顔あふれる文字の書き方を習得できる「笑い文字」を全国に広げている、一般社団法人 笑い文字普及協会代表理事の廣江まさみさんにお話を伺いました。 約3年間で受講者数1.5万人(2017年春)が受講した「90分で書ける ありがとう講座」、地域限定の日本郵便とコラボした笑い文字フレーム切手(2017年12月発売)が大人気です。
    記事を見る
  • いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    いつか迎える「その時」のための情報提供と心の支援
    世界銀行の統計(2015年)によると、各国の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は日本が世界第1位26.3%、2位イタリア22.4%、3位ギリシャ21.4%と続いています。 2016年9月には総務省が日本の高齢者の割合が27.3%、国内における80歳以上の人口が1,045万人と、前年に続き過去最高となったことを発表しました。 今回は、終活ジャーナリストであり「ライフ・ターミナル・ネットワーク」代表の金子稚子さんにお話を伺いました。 金子さんは、雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、執筆、講演、相談業務、各専門家との橋渡し等、多岐にわたり活動をしておられます。 ご主人は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄氏です。
    記事を見る
  • 介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    介護初心者なら、介護講習会を受けてみよう
    いざ介護開始となっても、実際具体的にどうやって介護していいか戸惑うものです。そんな方に利用してほしいのが、自治体や介護施設が開催している家族向けの介護セミナーです。介護の相談ができるものや実際の介護のやり方を実技で学べるところもあります。ぜひ有効に活用しましょう。
    記事を見る
  • 改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    改めて知っておきたい、入れ歯の役割
    高齢になるにつれ、歯や口腔機能の老化も進行していきます。口腔機能を維持することは体全体の健康を維持するために軽視できません。今回は、高齢者の口腔機能の健康維持を助ける入れ歯についてまとめました。
    記事を見る