null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例

レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。

レスパイトの意味

レスパイトとは日本語で休息という意味です。現在の日本は高齢化社会になっており、親や親族の介護を自宅で行なっているという人がたくさんいます。介護者は肉体的にも精神的にも休まる時間が無く、負担が続くといずれは介護者が体を壊すことになってしまいます。
今後は団塊の世代にも介護が必要になるため、急激に介護が必要な高齢者人口は増加します。すると施設への入所が厳しくなり、自宅で親の介護を行なう家庭は増えることになります。レスパイトサービスを上手に利用することで自宅での介護負担を軽減することが出来ます。
それでは、具体的にレスパイトサービスにどのようなものがあるかご紹介します。

介護の家族が集まる家族会

家族会は、そんな介護家族がお互いの悩みを相談したり、知識を補うための交流の場として設けられた会の事です。
家族会の主な活動内容は、自身が行っている介護の現場や悩みについて話し合う事です。テーマや議題を決めて話し合ったり、初参加者がいればその方の話を中心に聴く、家族会の会長などが中心となって話を進めていく場合など様々な進め方があります。
また、家族会によっては専門家を招いて講習会を行ったり、出張のデイケアが併設されているところもあります。その会によって、様々な特色があるのも家族会の特徴です。

介護カフェとは?

介護カフェでは、利用者同士がお茶や食事を楽しみながら、介護についての自由な会話をしています。実際に、利用している人は、介護職に携わる方から介護を学んでいる学生まで、職業、肩書、役職、年齢、性別の異なるメンバーが集まっています。ここでは、設定したテーマについて話し合いをしたり、介護用品や便利グッズについて情報交換したり、それぞれの介護の悩みや疑問を利用者同士で考えたりと、話す内容もさまざまです。介護カフェは、気軽に語り合うことができる新しいコミュニティの形です。

介護関係の雑誌


「ヨレヨレ」
「ヨレヨレ」は福岡県福岡市の「宅老所よりあい」が発行しています。介護施設では日々いろいろなことが起こりますが、この雑誌では、利用者やスタッフのリアルな日常が綴られています。谷川俊太郎さんとの対談があったり、おもしろいエッセイがあったり、介護する人とされる人のバトルを含めリアルに描いています。定価は500円です。

「鶴と亀」
このフリーペーパーは、おばあちゃん子だったという長野県の二人の兄弟が製作しています。身近にいるかっこいいおじいちゃん・おばあちゃんからインスピレーションを受けて創刊された雑誌には、これまでに100人のお年寄りが登場しています。たくさんのにこやかなポートレート写真とともに、パワフルなお年寄りの姿を紹介しています。

「シニア応援マガジン/ゴールデンライフ」
介護している人と介護されている人、両方にむけて介護のことを分かりやすく教えてくれるフリーペーパーです。毎月15日発行の月刊誌で、全国約1万の介護関連施設や医療機関、介護関係の学校などで無料で手に入ります。発行部数は11万部です。高齢者が向き合う病気や不安ごとを毎月特集しているので、これからどんな問題が起こるのか、何に気をつければいいのかなど知りたい情報を収集することができます。

「シルバーネット」
宮城県仙台市のフリーペーパーです。このペーパーから生まれた「シルバー川柳」は、本として発売されるほど人気があります。36000部が仙台エリアの介護関連施設で無料配布されています。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    知らないと損!意外と負担になる介護用おむつ費用の節約術
    毎日利用するのに介護保険の対象にはならず、大きな荷物になるため買い物も大変、そんな頭を悩ませる存在の介護用おむつ。きちんと制度やサービスを利用してできるだけ負担を軽減できるようにしたいものです。今回は介護用おむつの意外と知られていない節約術をご紹介します。
    記事を見る
  • “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    “終活大学”の学生になって終活のオモテウラを楽しく学ぼう!
    長寿国日本の平均寿命は今年、男女とも過去最高を更新し、男性80.75歳、女性86.99歳と発表されました。(厚生労働省 第22回生命表) 平均寿命は今後も伸びると予測される中、自分自身の人生の幕引きの準備と共に、介護・医療・葬儀・埋葬の準備について、選ぶ側の知識と選別眼がより重要になってくると思われます。 今回は、全体像が見えにくい終活について、業界のウラ事情も含めて、みんなでたのしく講義形式で学ぶことができる“終活大学”を主催するNPO法人終活サポートセンター理事の水上由輝德さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    音楽の力で介護現場に奇跡を起こす。「歌う」レクリエーション
    2025年には65歳以上の認知症患者数が約700万人、高齢者の5人に1人は認知症になると見込まれています。(『平成28年版高齢社会白書』より) これまで「予防できない」と言われていた認知症ですが、近年の脳科学研究では、記憶・学習等の脳機能、認知症やパーキンソン病等の脳病態等が明らかになってきています。 今回は「生涯現役」をテーマに、音楽の効果を活用した健康促進、介護・認知症予防に取り組む、日本音楽レ・クリエーション指導協会理事長の堀口直子さん、会長の小野惣一さんにお話を伺いました。
    記事を見る
  • 終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    終活|終末期を安らかに過ごすために、仏教の力を借りてみた
    長い人生をどう生きるかとともに、最期のときをどう迎えるかは人生にとって大きな課題です。終末期のケアにおいて、日本人に馴染み深い仏教観を取り入れた「ビハーラケア」が最近注目されています。ここでは、ターミナルケアの1つである「ビハーラケア」についてまとめました。
    記事を見る
  • ケアプランが有料になるかも?気になる有料化のメリット・デメリット
    ケアプランが有料になるかも?気になる有料化のメリット・デメリット
    先日、一部メディアで、「厚労省がケアプランの1割負担導入を検討している」というニュースが報道されました。今回は、ケアマネのサービスを有料化のすることのメリット・デメリットをまとめました。
    記事を見る