null
mamoria マモリア(mamoria)親の介護にはじめて
向き合うご家族を総合サポート

最新記事を受け取る

人気ランキング

おすすめ記事

キーワード一覧

大事な家族を守る!認知症の徘徊に効果的な対策法は?

介護中の家族が、目を離すと徘徊してしまうことにお悩みではありませんか?気がつくと家のなかをうろうろと歩き回ったり、外出したまま帰ってこられなくなったりする行動は、認知症の代表的な症状です。ここでは認知症の徘徊に効果的な対策法を、4つまとめてご紹介します。

家に鍵をかけて閉じこめてはいけない

家族が認知症で徘徊してしまう場合、徘徊を防ぐには家のドアや部屋に鍵をかけて出られなくしてしまう方法がシンプルで効果的だと考える方もいるでしょう。しかし、ドアに鍵をかけて閉じこめてしまうのは逆効果です。鍵をかけることにより本人にストレスを与えてしまい、認知症の症状を悪化させてしまう可能性もあります。

どうしても夜の徘徊が心配な場合は、家の内側からドアを開けるときに、一定の操作が必要なタイプの鍵を取りつける方法がいいでしょう。24時間いつも認知症の家族を見続けるわけにはいきませんから、上手に使っていくことが大切です。

徘徊の理由を見つけて、声かけをする

認知症の患者さんが元気に歩きまわるのには、意味があります。例えば、自宅に帰ろうとしている、過去の記憶から気がかりになっている場所へ行こうとしているなどの理由です。認知症になると、自分の今いる場所が自宅かどうかわからなくなったり、どこかへ出かけようとしても忘れてしまったりします。本人がなぜ動きまわろうとしているのか、その思いを聞き取って声かけをしましょう。

また、徘徊はストレスが原因になっている場合もあります。日常的に緊張したり、不安になったりしていると徘徊しやすくなるため、「どうしてまた外に出ちゃったの?」「勝手に家から出ないでください」と怒らないようにしましょう。なるべく本人が安心して過ごせるように接することが大事です。

徘徊センサーやGPS発信機を活用する

家族の不在時など、認知症の家族がひとりになってしまう時間に徘徊してしまうケースもあります。そのような場合は、すぐにでも徘徊している状況に気づくことと、どこにいるか居場所を見つけ出すことが重要になってきます。家から出て行ってしまったことを知るためにも、人の出入りを検知する徘徊センサーを家の玄関に置いてみましょう。

徘徊中の居場所を見つけるには、GPS発信機が役に立ちます。携帯電話にもGPS機能がありますので、いつも持っている携帯電話があればGPS機能をオンにしておきましょう。GPS発信機を持たせようとしても嫌がってしまう、という場合には、本人にはわからない徘徊対策シューズもおすすめです。靴にGPS端末を内蔵したもので、なにも持たずに家や施設の外に出て行ってしまっても現在地がわかります。

ただし、家の外に持っていくものが毎回変わってしまう場合、すべての服に連絡先の書いたワッペンを貼るのもよいでしょう。アイロンでくっつけるタイプであれば、あまり手間も費用もかけずに対策を行うことが可能です。

専門家や地域の窓口に相談してみる

徘徊してしまう認知症の家族を見守ることは簡単ではありません。家族だけで何とかしようと思っていても、今度は介護をしている側の家族にとってストレスになってしまうこともあるでしょう。家族だけの問題だと抱えこまずに、デイサービスを利用したり、専門家や地域の窓口に相談してみたりすることも良い方法です。

認知症の家族が家の外へ行こうとしてしまう場合は、ご近所の方にも相談しておくこともおすすめします。自宅から出ていこうとしていることに気づいてもらえたり、外出先で見かけたら連絡をくれる可能性もあります。まわりのサポートを得ながらもしもの場合に備えておきましょう。

半年から1年ほど、様子を見ながら待ってみる

認知症の症状は、半年から1年ほどすると変化します。徘徊も認知症の症状の一つなので、半年ほど様子を見ると収まってくるでしょう。大騒ぎしてお金や時間、頭を悩ませすぎず、徘徊に付き合ってあげながら症状を緩和させ、様子をみることも可能です。

徘徊対策で家族を守ろう

警察庁によると、認知症による行方不明者は平成26年時点で10783人でした。認知症の徘徊で警察に届けを出している人は年々増えていて、家族だけで探そうとしている人を含めると徘徊の件数はさらに多いでしょう。あまり考えたくないかもしれませんが、車を運転してしまって事故を起こしたり、出先で転んで大怪我をしたりといったケースもあります。

認知症の家族のために、徘徊対策として工夫できることは色々とあります。今回ご紹介した対策法を試して、大事な家族をやさしく見守っていきましょう。

最新記事を受け取る

関連キーワード

併せて読みたい記事

  • 認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    認知症の方を見守る地域サポーターや民間企業の活躍とは!
    高齢者数の増加に伴い、認知症を持つ高齢者も増加しています。認知症の方が、施設ではなく住み慣れた地域で安心して暮らすために、現在日本では様々な対応が進められています。その中の1つが、見守り活動です。地域のボランティア活動から、企業によるサービスまでをご紹介します。
    記事を見る
  • 一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    一人暮らしの高齢者におすすめ!の食事の宅配サービスと具体例
    これから高齢者の仲間入りをする方や、高齢者を親に持つ方は、この社会でいかに健康的に長生きするかを考えなくてはなりません。そのために、老人ホームを探すのも重要ですが、まずは日々の食事に目を向けてみましょう。食事は生きるための基本ですし、それ以上に、食事を楽しむことができれば、毎日3回は幸せに過ごせるようになります。現在、高齢者の食環境をよりいいものにすべく、様々な取り組みが行われていますが、今回は配食サービスが具体的にどのようなものなのか、おすすめめの企業、そして様々な取り組みについてご紹介します。
    記事を見る
  • 介護離婚を避けるために、夫が知るべき心構え5か条
    介護離婚を避けるために、夫が知るべき心構え5か条
    親の介護をめぐるトラブルに苛まれ、それまで仲のよかった夫婦であっても離婚という結果に至ってしまうケースが近年増えています。一生を誓ったパートナーを失うということはその後の人生の行き先にも影響しますから、介護によって離婚ということにならないために大切なポイントを押さえておきましょう。
    記事を見る
  • 誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    誰でも5分で分かる!レスパイトサービスの意味と具体例
    レスパイトケアとは乳幼児や障害児・者、高齢者などを在宅でケアしている家族を癒やすため、一時的にケアを代替し、リフレッシュを図ってもらう家族支援サービスのことです。在宅介護をされている方はデイサービスやショートステイなどの介護保険サービスを利用されている方もいると思いますが、それらもレスパイトサービスの一部と言えます。
    記事を見る
  • 【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    【後編】30万部越ベストセラー『おかげさまで生きる』矢作直樹氏
    「死を心配する必要はない」30万部を超えるベストセラー『おかげさまで生きる』の冒頭でそう語る矢作直樹・東京大学名誉教授。 2017年3月末まで東京大学医学部附属病院救急部・集中治療部部長を務め、生と死の境界線で命と向き合い続け、確信した“魂”の存在。 現在は執筆・講演活動、“日本のこころ”を取り戻すために「我が国のこころ塾」を主宰し、“いかに生きるか”を考える機会や日本の歴史・文化・伝統を学ぶ場を提供しておられます。 後編では、与えられた目の前の仕事に没頭し続けることを日々大切にする矢作名誉教授に『おかげさまで生きる』について、お話を伺いました。 前編はコチラ→『身軽に生きる』今この瞬間を大切にする生き方-矢作直樹氏インタビュー @link{https://mamoria.jp/clip/20170818/live}
    記事を見る